浦和IMP『ACL準決勝、上海上港を2戦合計で下し、10年振りの決勝戦に進出!』+トーナメント表

浦和インプレッション『ACL準決勝、上海上港を2戦合計で下し、10年振りの決勝戦に進出!』+トーナメント表
ACL2017準決勝2ND 10月18日 19:30
浦和レッズ 上海上港
1 0
1 前半 0
0 後半 0
警告:槙野智章 マウリシオ(2枚目の為、決勝戦1STレグには出られず)
退場: 
ラファエルシルバ 12分
埼玉スタジアム2002 44,357人
【出場メンバー】

西川周作

遠藤航 阿部勇樹 マウリシオ 槙野智章

青木拓矢 柏木陽介➫梅崎司(82分) 長澤和樹 

ラファエルシルバ➫ズラタン(68分)

武藤雄樹 

興梠慎三➫李忠成(90+3分)

ACL準決勝2ND AFC公式(2017/10/18日)

 ACL準決勝2NDレグが終了。浦和レッズ、10年振りの決勝進出です。上海上港をホームに迎えた2NDレグ、ラファエルシルバの値千金のヘディングゴールを全員で守り切り、1 -0の完封で勝利を決めました。

 10年前のACL準決勝を再現しているかの様な、必死に守り耐える試合を『魅せて』もらいました。

 1STレグと同様、フッキ、オスカル、エウケソン、アメドフの攻撃陣に圧倒される展開でしたが、浦和は、しっかりとカバーリングをかけながら、規律のある徹底した守備で対抗。

 中でも長澤のアグレッシブなプレーには魅了されました。彼の本質が見られた試合になったのではないでしょうか?ハリルホジッチ氏が観戦していたとの事ですが、どう映ったのか?楽しみです。

 いよいよ決勝です。リーグ戦、国内カップ戦のそれぞれのタイトルの可能性を失ってしまった状況ですが、ACLは世界が相手のカテゴリー。世界を相手にした時に発揮する『浦和の勝負強さ』の真髄を見せて欲しいと思います。期待しましょう!

それでは。

ACL関連投稿ピックアップ!
浦和IMP『ACL2017準決勝1STレグ結果 上海上港 1 – 1 浦和レッズ』

ACL準決勝1STレグの2試合が終了。浦和はアウェイにて上海上港と対戦し1 – 1のドローゲームで終えています。アウェイゴール1点を獲得!予測通り、上海上港の攻撃陣に終始圧倒される展開となりましたが、運も味方したのか…..

ACL-QUARTERFINAL-2ND『浦和レッズ VS 川崎フロンターレ』

日本の2NDレグも浦和の大逆転劇が起こりました。1STレグでは、川崎が3-1で浦和に勝利。浦和が準決勝に進出するには絶対に失点は禁物でしたが、前半にDF&GKの連携ミスから軽い失点。川崎の勝利が大きくなりましたが…..

ACL-QUARTERFINAL-1ST『川崎フロンターレ VS 浦和レッズ』

2017ACL優勝賞金『3,000,000㌦!約3億3000万円!』ボーナス&フィーをレポート!

浦和インプレッション ACLラウンド16-2NDレグ『浦和レッズ vs 済州ユナイテッド』海外メディアの反応と阿部勇樹の偉大さ!
浦和レッズ、べスト8進出決定です。今回のインプレッションですが、いつもの試合レポートから見方を変えて『ACLラウンド16-2NDレグ 済州ユナイテッドvs浦和レッズ』戦で起きた前代未聞の乱闘騒動に対し、海外メディアは…..

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント準々決勝、川崎vs浦和に決定!』

AFC アジアチャンピオンズリーグ準々決勝組み合わせ抽選会ですが、6月6日PM5:00からAFC本部にて始まる予定です。ベスト8に勝ち残っている中東の西アジア地区の4クラブ内での抽選、そして東アジア地区の川崎フロンターレ(日本)上海上港(中国)広州恒大(中国)浦和レッズ(日本)の4クラブ…..

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント勝敗表-TV放送予定』 

 

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程』

 

2

2017ACL『グループステージ E鹿島 F浦和 G川崎 Hガンバ 勝敗表』
2017ACL『グループステージ-東アジア地区出場クラブ、全日程-TV放映予定』  浦和レッズACL2017『浦和レッズACLグループF組試合スケジュール』
レッドピース!良く読まれている人気の投稿!

浦和IMP『J1第29節の神戸戦はドロー、チャンスを逃した興梠慎三vs守り切ったキムスンギュ!』

浦和インプレッション『J1第29節の神戸戦はドロー、チャンスを逃した興梠慎三vs守り切ったキムスンギュ!』
J1第29節 10月14日 19:03
浦和レッズ ヴィッセル神戸
1 1
1 前半 1
0 後半 0
 
矢島慎也 19分 4分 小川慶治朗
– 
–  – 
退場者 – 
埼玉スタジアム2002 29,931人   
〔浦和出場メンバー〕

西川周作 

森脇良太 阿部勇樹 マウリシオ 宇賀神友弥➫平川忠明(HT)

青木拓也 柏木陽介 矢島慎也➫梅崎司(69分) ズラタン➫ラファエルシルバ(81分)

武藤雄樹 興梠慎三   

 公式動画(2017/10/14日 第29節)

 試合開始早々の失点ですが、余りにも簡単に裏をとられる『安い失点』を見せらました。これに似たシーンの失点、今シーズンは何度見てきた事でしょうか。DFラインの修正については選手個々でかなり意識の差があると思われます。

 今日の興梠慎三にはツキが無かったのか?確かに神戸GK・キムスンギュが当たっていた事もありましが、精神的にキツイ試合になってしまったと思われます。次節のACLには引きずらない事を願います。

 勝てた試合だったのか?引き分けが妥当だったのか?何れにしても、お互いに厳しい守備陣形で決定機の少ない内容だった事には間違いありません。

それでは。

直近の試合関連
2017.10.01 (日) 14:00  明治安田生命J1リーグ 第28節 
仙台 ユアテック

 2 – 3 

浦和
2017.9.27 (水) 21:00 ACL準決勝1st 
上海上港 上海

1 – 1

浦和
2017.9.23 (土) 16:00  明治安田生命J1リーグ 第27節
浦和
埼スタ

2 – 2

鳥栖
2017.9.20 (水) 19:00  天皇杯ラウンド16(4回戦) 
浦和 熊谷陸

 2 – 4 

鹿島
2017.9.17 (日) 16:00  明治安田生命J1リーグ 第26節 
磐田 エコパ

 1 – 1 

浦和
2017.9.13 (水) 19:30 ACL準々決勝2ND 
浦和 埼玉

4 – 1

川崎
2017.9.03 (日) 18:30  YBCLevain-Cup 準々決勝 第2戦
浦和 埼玉

2 – 2

C大阪
2017.8.30 (水) 19:00  YBCLevain-Cup 準々決勝 第1戦 
C大阪 長居

0 – 0

浦和
成績関連ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表
浦和レッズトピックス『天皇杯ラウンド16トーナメント表組み合わせ、TV中継』

第97回天皇杯ベスト16に勝ち上がったクラブ・チームは以下の通り。J1で12クラブ、J2で2クラブ、各県代表では、筑波大学(茨城県)とAC長野パルセイロ(長野県)の2チームが勝ち残っています。筑波大学とAC長野パルセイロのジャイアントキリングは続くのか…..

ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』
レッドピース!良く読まれている人気の投稿!

浦和IMP『J1リーグ第28節vs仙台戦、2失点されるも強い攻撃力で勝利!』+動画

follow us in feedly


浦和インプレッション『J1リーグ第28節vs仙台戦、2失点されるも強い攻撃力で勝利!』+動画
J1第28節 10月01日 14:03
ベガルタ仙台 浦和レッズ
2 3
0 前半 1
2 後半 2
 
三田啓貴 49分 26分 興梠慎三
クリスラン 88分 60分 興梠慎三
82分  ラファエルシルバ
–  – 
退場者 – 
ユアテックスタジアム仙台 18,026人   


〔浦和出場メンバー〕

西川周作 

遠藤航 阿部勇樹 マウリシオ 槙野智章

青木拓也 柏木陽介➫長澤和樹(61分) 武藤雄樹 ラファエルシルバ➫高木俊幸(89分) 

梅崎司 興梠慎三➫ズラタン(74分)   

 興梠 慎三コメント

 最近なかなか取れていなかった先取点を取れて、ラクな試合にしたかったが、追い付かれたその後に、追加点を取れたところまでは良かったが、最後に悪い失点をして、また厳しい試合をしてしまった。

先制点について、陽介から良いボールが来たので、コースを狙って打つだけだった。良いコースに飛んでくれたので、入って良かったと思います。陽介が持ったら動き出そうと常に思っていて、陽介も見ていてくれるので、その関係をもっと良くしていきたい。

 公式動画(2017/10/01日 第28節) 

スポンサーリンク


直近の試合関連
2017.9.27 (水) 21:00 ACL準決勝1st 
上海上港 上海

1 - 1

浦和
2017.9.23 (土) 16:00  明治安田生命J1リーグ 第27節
浦和
埼スタ

2 - 2

鳥栖
2017.9.20 (水) 19:00  天皇杯ラウンド16(4回戦) 
浦和 熊谷陸

 2 - 4 

鹿島
2017.9.17 (日) 16:00  明治安田生命J1リーグ 第26節 
磐田 エコパ

 1 - 1 

浦和
2017.9.13 (水) 19:30 ACL準々決勝2ND 
浦和 埼玉

4 - 1

川崎
2017.9.03 (日) 18:30  YBCLevain-Cup 準々決勝 第2戦
浦和 埼玉

2 - 2

C大阪
2017.8.30 (水) 19:00  YBCLevain-Cup 準々決勝 第1戦 
C大阪 長居

0 - 0

浦和
成績関連ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表
浦和レッズトピックス『天皇杯ラウンド16トーナメント表組み合わせ、TV中継』

第97回天皇杯ベスト16に勝ち上がったクラブ・チームは以下の通り。J1で12クラブ、J2で2クラブ、各県代表では、筑波大学(茨城県)とAC長野パルセイロ(長野県)の2チームが勝ち残っています。筑波大学とAC長野パルセイロのジャイアントキリングは続くのか.....

ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』
レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


浦和IMP『ACL2017準決勝1STレグ結果 上海上港 1 – 1 浦和レッズ』

浦和インプレッション『ACL2017準決勝1STレグ 上海上港 1 – 1 浦和レッズ』
ACL2017準決勝1ST 9月27日 21:00
上海上港 浦和レッズ
1 1
1 前半 1
0 後半 0
 退場者: 
フッキ 15分 28分 柏木陽介
上海体育場 33,513人
【出場メンバー】

西川周作

遠藤航 阿部勇樹 マウリシオ 槙野智章

青木拓矢 柏木陽介➫宇賀神友弥(90+3分) 長澤和樹

ラファエルシルバ➫高木俊幸(80分) 武藤雄樹

興梠慎三➫ズラタン(89分)

 ACL準決勝1STレグの2試合が終了。浦和はアウェイにて上海上港と対戦し1 – 1のドローゲームで終えています。アウェイゴール1点を獲得!

予測通り、上海上港の攻撃陣(フッキ、オスカル、エウケソン、アメドフ)に終始圧倒される展開となりましたが、運も味方したのか?何とかフッキの1失点のみに押さえる事が出来ました。

浦和の得点は、興梠のポストプレーの落としを柏木が受け、右足でゴールマウスの左端にシュート、流れる様な見事なゴールシーンでした。

次節の2NDは10月18日埼玉スタジアムでの対戦。浦和の決勝進出に期待しましょう!

それでは。

AFC公式動画(2017/09/27日準決勝1st) 

2017/09/27最新トーナメント表

ACL関連投稿ピックアップ!
ACL-QUARTERFINAL-2ND『浦和レッズ VS 川崎フロンターレ』

日本の2NDレグも浦和の大逆転劇が起こりました。1STレグでは、川崎が3-1で浦和に勝利。浦和が準決勝に進出するには絶対に失点は禁物でしたが、前半にDF&GKの連携ミスから軽い失点。川崎の勝利が大きくなりましたが…..

ACL-QUARTERFINAL-1ST『川崎フロンターレ VS 浦和レッズ』

2017ACL優勝賞金『3,000,000㌦!約3億3000万円!』ボーナス&フィーをレポート!

浦和インプレッション ACLラウンド16-2NDレグ『浦和レッズ vs 済州ユナイテッド』海外メディアの反応と阿部勇樹の偉大さ!
浦和レッズ、べスト8進出決定です。今回のインプレッションですが、いつもの試合レポートから見方を変えて『ACLラウンド16-2NDレグ 済州ユナイテッドvs浦和レッズ』戦で起きた前代未聞の乱闘騒動に対し、海外メディアは…..

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント準々決勝、川崎vs浦和に決定!』

AFC アジアチャンピオンズリーグ準々決勝組み合わせ抽選会ですが、6月6日PM5:00からAFC本部にて始まる予定です。ベスト8に勝ち残っている中東の西アジア地区の4クラブ内での抽選、そして東アジア地区の川崎フロンターレ(日本)上海上港(中国)広州恒大(中国)浦和レッズ(日本)の4クラブ…..

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント勝敗表-TV放送予定』 

 

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程』

 

2

2017ACL『グループステージ E鹿島 F浦和 G川崎 Hガンバ 勝敗表』
2017ACL『グループステージ-東アジア地区出場クラブ、全日程-TV放映予定』  浦和レッズACL2017『浦和レッズACLグループF組試合スケジュール』
レッドピース!良く読まれている人気の投稿!

浦和IMP『ACL2017浦和準決勝進出!準々決勝2NDレグ 浦和 4-1 川崎』

follow us in feedly


浦和インプレッション『ACL2017浦和準決勝進出!準々決勝2NDレグ 浦和4-1川崎』
ACL2017準々決勝2ND 9月13日 19:30
浦和レッズ 川崎フロンターレ
4 1
1 前半 1
3 後半 0
 退場 38分 車屋紳太郎(川崎) 
興梠慎三 35分  19分  エウシーニョ
ズラタン 70分   
ラファエルシルバ 84分   
高木俊幸 86分   
埼玉スタジアム2002 26,785人   
〔出場メンバー〕

西川周作 マウリシオ➫ズラタン(63分) 槙野智章

森脇良太 青木拓矢 阿部勇樹 柏木陽介 

高木俊幸 矢島慎也➫駒井善成(75分)

ラファエルシルバ 興梠慎三➫遠藤航(90分)

 公式動画〔2017/09/13日 ACL準々決勝2NDレグ〕 

 中国の2NDレグは壮絶でした。恐らく、中国サッカー史に残る勝負になったのではないでしょうか。誰もが、1STレグに4 – 0で圧勝した上海上港が楽勝するかと思いきや、2NDで広州恒大が延長戦まで持ち込み5 – 1のドロー。まさかのPK戦に突入。結局、上海上港がPK戦を制しましたが、本当に最後までわからない試合でした。

 日本の2NDレグも浦和の大逆転劇が起こりました。1STレグでは、川崎が3-1で浦和に勝利。浦和が準決勝に進出するには絶対に失点は禁物でしたが、前半にDF&GKの連携ミスから軽い失点。川崎の勝利が大きくなりましたが、先ずは興梠の得点で同点、車屋(川崎)の一発退場(レッド)からは浦和の怒涛の攻撃が始まります。ズラタンのヘッド、ラファエルシルバのファインゴール、高木の決勝ゴールと続き、浦和が4 – 1の大逆転勝利に。日本のACL史上、奇跡の逆転劇が見られたのではないでしょうか。

 準決勝は、上海上港VS浦和の対戦となります。上海上港とはグループリーグで戦ったクラブ同士。フッキ、オスカル、エウケソン、アメドフなどの強力な攻撃陣との闘いが再び見られます!ある意味楽しみな対戦です!

 浦和は5月以降に厳しい状況をかかえながら戦ってきました。堀体制となり、もがきながら調子を創りあげている最中でのACLの勝ち上がりはチーム全体のモチベーションアップに大きく繋がったと思われます。何れにしても、大いに期待したいですね。

それでは。


2017/09/13最新トーナメント表 

※各対戦毎で、上段に位置するクラブ側が1stレグのホーム。下段に位置するクラブが2ndレグのホーム。準々決勝の川崎フロンターレvs浦和レッズ戦では、1stレグが川崎ホーム、2ndレグが浦和ホームという見方になります。

スポンサーリンク


ACL関連投稿ピックアップ!
ACL-QUARTERFINAL-1ST『川崎フロンターレ VS 浦和レッズ』

2017ACL優勝賞金『3,000,000㌦!約3億3000万円!』ボーナス&フィーをレポート!

浦和インプレッション ACLラウンド16-2NDレグ『浦和レッズ vs 済州ユナイテッド』海外メディアの反応と阿部勇樹の偉大さ!
浦和レッズ、べスト8進出決定です。今回のインプレッションですが、いつもの試合レポートから見方を変えて『ACLラウンド16-2NDレグ 済州ユナイテッドvs浦和レッズ』戦で起きた前代未聞の乱闘騒動に対し、海外メディアは…..


浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント準々決勝、川崎vs浦和に決定!』

AFC アジアチャンピオンズリーグ準々決勝組み合わせ抽選会ですが、6月6日PM5:00からAFC本部にて始まる予定です。ベスト8に勝ち残っている中東の西アジア地区の4クラブ内での抽選、そして東アジア地区の川崎フロンターレ(日本)上海上港(中国)広州恒大(中国)浦和レッズ(日本)の4クラブ…..

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント勝敗表-TV放送予定』 

 

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程』

 

2

2017ACL『グループステージ E鹿島 F浦和 G川崎 Hガンバ 勝敗表』
2017ACL『グループステージ-東アジア地区出場クラブ、全日程-TV放映予定』  浦和レッズACL2017『浦和レッズACLグループF組試合スケジュール』
レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


浦和インプレッション『ドルトムント戦、エムレ・モルの個人技に翻弄され敗戦!』

follow us in feedly


浦和インプレッション『ドルトムント戦、エムレ・モルの個人技に翻弄され敗戦!』
Jリーグワールドチャレンジ2017 7月15日 19:10
浦和レッズ ボルシア・ドルトムント
1 前半 0
1 後半 3
興梠慎三 24分 76分 エムレモル
遠藤航 85分 79分 エムレモル
88分 アンドレシュルレ
埼玉スタジアム2002 58,327人   


 浦和の守備陣にとって、76分、79分とエムレ・モルのスピード力と巧みなテクニックの連続ゴール(失点)は、ドルトムントの選手層の厚さ、抜きん出た個人技の凄さ、何れにしても力の差を痛感したと思われます。槙野はエムレ・モルに何度もアタックされ続け、時間の経過と共に振り切られてしまう展開に。相手選手が若く格上とは言っても、浦和守備力の補強は本当に急務であると考えられます。

 85分に遠藤航のゴールで同点になり、浦和勝利の可能性を感じる時間帯も一時ありましたが、最後は何とも言い難い守備の崩れにより追加点を奪われ敗戦に。失点場面における西川のポジション取りに安定感がないのか、一本でも好セーブがあれば試合展開が変わっていたかもしれません。

 浦和はシーズン中のコンデション、ドルトムントは始動して間もない状態であるにもかかわらず、最後までチャンスを見逃すことのない集中力は、流石に世界を代表する強豪クラブの選手達である事をドルトムント自らが証明したと思われます。

  エムレ・モルの個人技にはやられてしまったが、浦和の好材料としては、前半戦の引いた守備陣形の中で、細かな対人チェックやルーズボール狙いの動きが落ち着いてやれていたこと。しっかりと守備陣形を組み攻撃への切り替えの流れが試合の中で具現化されていたのは良かった点ではないか。

 最後に、今回のドルトムント戦において浦和の選手達はどのくらい通用したのでしょうか?

 関根がサイドアタックを何度かトライアルし、可能性を感じるプレーもありましたが、ルーズボールを奪う場面やパスを受ける場面で、完全にフィジカルで負けていた選手もいた。何れにしても、その答えは、プレーした選手達が一番わかっている事なのではないでしょうか。

それでは。

浦和レッズ先発メンバー ドルトムント先発メンバー
GK 1 西川周作

DF 5 槙野智章

DF 6 遠藤航

DF 46 森脇良太46’⇩

MF 3 宇賀神友弥46’⇩

MF 9 武藤雄樹64’⇩

MF 10 柏木陽介

MF 22 阿部勇樹64’⇩

MF 24 関根貴大64’⇩

MF 30 興梠慎三46’⇩

FW 8 ラファエル・シルバ64’⇩

GK 1 ロマン・ワイデンフェラー

DF 5 マルク・バルトラ46’⇩

DF 26 ウカシュ・ピスチェク66’⇩

DF 29 マルセル・シュメルツァー

DF 36 エメル・トプラク46’⇩

MF 8 ヌリ・シャヒン62’⇩

MF 18 セバスティアン・ロデ46’⇩

MF 27 ゴンサロ・カストロ

FW 17 オバメヤン46’⇩

FW 21 アンドレ・シュルレ

FW 22 クリスティアン・プリシッチ46’⇩

 公式動画

交代メンバー 交代メンバー
DF 4 那須大亮46′

MF 15 長澤和輝64′

MF 18 駒井善成46′

MF 39 矢島慎也64′

MF 7 梅崎司64′

FW 13 高木俊幸64′

FW 21 ズラタン46′

DF 2 ダンアクセル・ザガドゥー46′

DF 25 ソクラティス46′

DF 30 フェリックス・パスラック66′

DF 4 ネベン・スボティッチ46′

MF 10 マリオ・ゲッツェ62′

FW 14 アレクサンデル・イサク46′

FW 9 エムレ・モル46′

 エムレ・モル(Emre Mor ・19歳 )デンマーク出身のトルコ人。19歳の若さでトルコ代表に選出されている。ミッドフィールダー、フォワードのポジションをこなし、スピード力のあるドリブルテクニックと、力強いシュートが武器。トルコのメッシとも言われている。

スポンサーリンク


ボルシア・ドルトムント関連トピックス!
浦和レッズトピックス『浦和と対戦のドルトムント、前日練習を無料観覧と発表!』

浦和レッズトピックス『ドルトムント来日予定メンバー発表!地上波ライブ決定!+DAZN』

浦和レッズトピックス『浦和レッズvsボルシア・ドルトムント』7月15日開催決定!


ドルトムントのチームバスが爆破事件に遭う!』チャンピオンズリーグにて。
メディア関連投稿

浦和レッズトピックス『ファンタスティック4』『浦和四銃士』伊メディア  

浦和レッズトピックス『関根貴大、伊メディアからリトル・リベリと称される』

浦和レッズトピックス『シャペコエンセvs浦和レッズ スルガ銀行CS2017決定』

スポンサーリンク


浦和レッズトピックス『ドルトムント来日予定メンバー発表!地上波ライブ決定!+DAZN』

follow us in feedly


浦和レッズトピックス『ドルトムント来日予定メンバー発表!地上波ライブ決定!+DAZN』

 Jリーグが、Jリーグクラブ強化の為に新設したサマーブレイク期間(7月15日~23日)。海外から強豪クラブを招聘(招待)し、この期間に強化試合を行うことを目的としていますが、この開催にかかる費用は、Jリーグが前面的にバックアップしていると言う気合いの入れ様です。DAZN(ダゾーン)メディアを運営している英国パフォームグループとの莫大な契約金が活躍している様ですね。(笑)

 2017年度明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017は、7月15日『浦和レッズvsドルトムント』、7月22日『鹿島アントラーズvsセビージャFC』それぞれ2試合の開催が正式決定しています。

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017『浦和レッズ vs ボルシア・ドルトムント』

 さて、7月15日の『浦和レッズvsドルトムント』戦に関して、ボルシア・ドルトムント側から来日予定メンバーが公式に発表され、また、当日の地上波ライブ中継、録画にてDAZN放送も決定しました。海外クラブとの強化試合で、全国中継の地上波ライブという凄い事にもなってしまいましたが、ここでもJリーグの気合いが伝わります(笑)

来日予定メンバーリストに続く・・・青文字は2017-2018シーズン新規加入の選手

sponsored links


明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017

浦和レッズ vs ボルシア・ドルトムント

7月15日(土)19:10キックオフ

埼玉スタジアム2002

フジテレビ系列にて全国生中継

DAZN(ダ・ゾーン)21:10~


来日予定メンバー

GK

1 ロマン・ヴァイデンフェーラー
38 ロマン・ビュルキ
39. ヘンドリク・ボンマン

DF

3 パク・チュホ
5 マルク・バルトラ
13 ラファエル・ゲレイロ
25 ソクラティス・パパスタソプロス
26 ウカシュ・ピシュチェク
27 ゴンサロ・カストロ
29 マーセル・シュメルツァー
37 エーリク・ドゥルム
エメル・トプラク
ダナクセル・ザガドゥ

MF

6 スヴェン・ベンダー
7 ウスマヌ・デンベレ
8 ヌーリ・シャヒン
9 エムレ・モール
10 マリオ・ゲッツェ
18 セバスティアン・ローデ
21 アンドレ・シュールレ
22 クリスティアン・プリシッチ
23 香川真司
24 ミケル・メリノ
30 フェリックス・パスラック
33 ユリアン・ヴァイグル

FW

11 マルコ・ロイス
17 ピエール・エメリク・オーバメヤン
マクシミリアン・フィリップ

  当然ですが、来日メンバーに変更があるとのことです。この来日予定リストの中には、現在、移籍マーケットに上がっている選手が多く入っており、中心メンバーとしては、マルコ・ロイスの『アーセナル・チェルシー・マンU・バルサ』等への移籍情報(長期離脱中の為、そうでなくても来日は難しい) 

 マリオ・ゲッツェは『リバプール』への移籍情報。ピエール・エメリク・オーバメヤンは『パリ・サンジェルマン』『天津権建』への移籍情報。香川真司についても『ニューカッスル』への移籍情報など様々な情報があがっています。

 7月15日までには、移籍や新規加入の情報が明らかになってくるかと思われますが、何れにしても、ドルトムントの選手層が落ちるという事は全くないと考えられます。(笑)。

 今回のドルトムント戦では、後任監督のピーター・ボス氏(オランダ)と阿部勇樹の2人の関係にも話題が挙がっています。ピーター・ボスは1996年・1997年・1999年にJリーグのジェフユナイテッド市原でプレーをしており、その当時、若き阿部勇樹とプレーをした仲間でもあります。

 現在は、ドルトムントの監督と浦和の選手という立場の違いはありますが、ある意味、18年振りの再会を記念する試合でもあり、ピーター・ボス氏と阿部勇樹の二人は再会出来る事を楽しみにしているのではないでしょうか。

 ブレイク期間と言ってもJリーグはシーズン中。ブンデスはシーズン前の調整中。身体の動きやキレに関しては浦和の選手の方が多少なりとも良いと思われますが、ドルトムントは、7月18日中国広州で開催されるインターナショナルカップでACミランとの対戦が予定されており、徐々にチームコンデションを上げてくる時期でもあります。

 2015年7月のドルトムントアジアツアー『川崎フロンターレvsドルトムント』戦では、ドルトムントが6-0で勝利という手加減一切無しの結果となりましたが、今年の浦和戦でも、欧州トップクラスに位置する格の違いや選手の力の差を見せつけられてしまうのでしょうか。

 香川真司のコンデションは万全なのか?ピエール・エメリク・オーバメヤンはどうなるのか?浦和の興梠とラファエルシルバのFW陣は得点を奪えるのか?関根、駒井のサイドアタックは通用するのか?真夏の埼スタで赤色と黄色のガチンコ勝負が見られるかと思うとワクワクしますね!

ドルトムント戦、本当に楽しみです。

それでは!

ドルトムントの成績添付しています。

sponsored links


ボルシア・ドルトムント- Borussia Dortmund (ドイツ)

設立年:1909年
ホームタウン:ドルトムント(ノルトライン=ヴェストファーレン州)
ホームスタジアム:ジグナル・イドゥナ・パルク
クラブカラー:黒、黄色
2015-16シーズン ブンデスリーガ 2位
2016-17シーズン ブンデスリーガ 3位 (第30節現在)

戦績:
ブンデスリーガ 優勝8回
ドイツカップ 優勝4回
ドイツスーパーカップ 優勝5回
UEFAチャンピオンズリーグ 優勝1回
FIFAインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ) 優勝1回
2015-16 UEFAヨーロッパリーグ ベスト4
2016-17 UEFAチャンピオンズリーグ ベスト8

sponsored links


ボルシア・ドルトムント関連トピックス!
浦和レッズトピックス『浦和レッズvsボルシア・ドルトムント』7月15日開催決定!
『ドルトムントのチームバスが爆破事件に遭う!』チャンピオンズリーグにて。
メディア関連投稿

浦和レッズトピックス『ファンタスティック4』『浦和四銃士』伊メディア  

浦和レッズトピックス『関根貴大、伊メディアからリトル・リベリと称される』

浦和レッズトピックス『シャペコエンセvs浦和レッズ スルガ銀行CS2017決定』

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



浦和インプレッション J1第14節試合結果『柏レイソル 1-0 浦和レッズ』

follow us in feedly


2017.06.08 浦和インプレッション

浦和インプレッション J1第14節試合結果『柏レイソル 1-0 浦和レッズ』
2017年6月04日 明治安田生命J1リーグ 第14節 

得点者:45分+1 中川寛斗(柏)

日立柏サッカー場 14096人

 やはり済州戦での疲労感が残っていたのでしょうか?試合全体を通じ、選手の動きにキレがなくパスの質も悪かった様に見受けられました。その状態の中でも、幾つかの得点機を演出することが出来ましたが、結果的には興梠のPK失敗が最後の最後まで響いてしまったと思われます。

 浦和のコンディション状態を考えれば、引き分けの展開も視野に入れながらの戦い方になっていたと思われ、PKが外れたことは本当に痛かったのでないでしょうか。勿論、一番悔しかったのは興梠自身なのですが。

 連勝中の柏のサッカーに圧倒的な強さや攻撃力を感じることはありませんでしたが、守備に対する意識の高さには目を見張るモノがありました。前線、中盤からの早いプレッシャーで浦和の攻撃リズムを崩し、そして、柏の最後の砦、ゴールキーパー中村航輔の瞬時の動きは本当に冴えていたと思われます。

 結果として、柏の連勝街道を止める事が出来ず、更に勝ち点も7差まで離れてしまったことは事実。しかし、ミスから失点した敗戦ではないことを考えれば、長いリーグ戦の一つとして、この様な試合も受け入れなければならないのかもしれません。

 何れにしても、代表戦ウィーク中にコンディションを回復させ、次節からのリーグ戦に改めて集中し勝利を目指して欲しいと思います。今回のインプレッションはここまでとなります。

それでは。

最初の投稿、浦和ブレイクタイム J1第14節『柏vs浦和』中村vs西川 細貝vs青木に注目か!?はこの下です。


sponsored links



2017.06.03 最初の投稿:浦和ブレイクタイム

浦和ブレイクタイム J1第14節『柏vs浦和』中村vs西川 細貝vs青木に注目か!?

 浦和は、5月31日に開催されたACL2ndレグ済州ユナイテッド(韓国)との戦いに3-0で勝利、1stレグの劣勢状況を跳ね返しACLベスト8進出を決めています。この試合では、済州ユナイテッドの一部の選手やスタッフが起こした乱闘騒動、試合中における阿部勇樹に対する襲撃など、考えられない事態が起こりましが、浦和の選手は意味の無い怪我を負うこともなく、再びJリーグの舞台に戻ることが出来ました。

 さて、6月4日に開催されるJ1リーグ14節柏レイソル vs 浦和レッズ戦ですが、現時点におけるリーグ戦順位、日本代表メンバーの選出、細貝萌の柏移籍、そして、浦和のACLベスト8進出と一方的な乱闘騒動などが絡み、サポーター、メディアを含めた注目の一戦となりそうです。

それでは、その注目ポイントを幾つかピックアップしてみましょう。

➀ 現時点における暫定順位1位の柏レイソル vs 4位浦和の上位対決。浦和はACLの関係で、消化ゲームが1試合少ない状況ですが、この試合の勝利で勝点4差を1差まで詰めることが出来るのか?それとも逆に7差まで開いてしまうのか?それとも変わらずなのか?何れにしても注目されます。

② その勝利に対するモチベーションはどちらのチームが上なのか?柏レイソルの連勝モチベーションが勝るのか?浦和はACL激戦(乱闘騒動)の疲労がある中、逆転勝利でACLベスト8進出を決めたモチベーションが勝るのか?何れにしても、柏の連勝が本物なのか?浦和のコンディションはどうなのか?注目です。

③ 興梠慎三vsクリスティアーノのFW対決。巧みな技と体幹を持ち合わせた2人の対決は見モノ。更にGK対決。日本代表に選出され、乗っている中村航輔、代表から落選した西川周作、この2人のセービング対決に注目です。

④ ボランチ対決。両チームに共通しているクローザー役となるボランチ交代はどちらが早く仕掛けるのか?元浦和の細貝、攻守に安定している青木。この2人の交代タイミングで試合の収めどころが見えてくるのではないでしょうか。また、細貝出場に伴う浦和サポーターの感情にも注目です。

⑤ 浦和で注目されるのは、サイドバッグポジションで日本代表に初選出された宇賀神とドリブラー駒井のポジション争い。宇賀神のモチベーションと好調を維持している駒井とのポジション争いは、これからも激しくなると思われます。

 その他、李や那須にとっては古巣対決、既にチケットは完売状態、日立柏サッカー場の雰囲気、スタジアムにいけなくてもNHK-BS1でのLIVEなど、まだ多くの注目ポイントがあります。

 あの乱闘騒ぎのあったACLでの疲労感は残っている浦和、勿論勝利を目指してほしいと思いますが、この状態の中でも勝ち点1以上、何れにしても負けない事が大事だと考えられます。

 明日のレイソル戦、乱闘試合を忘れ、存分に試合を楽しみたいと思います。

それでは。

2017J1リーグ対戦クラブ別勝敗表の確認も忘れずに!

浦和ブレイクタイム『浦和限定!2017J1リーグ対戦クラブ別勝敗表!』

sponsored links


浦和直近試合のインプレッション
浦和インプレッション ACL『浦和vs済州』海外メディアの反応と阿部勇樹の偉大さ! 
浦和インプレッション ACL2017決勝ラウンド16-1ST『済州ユナイテッド 2-0 浦和レッズ』 
浦和インプレッション J1第12節『浦和レッズvs清水エスパルス』試合結果! 
浦和インプレッション J1第10節『浦和vs鹿島ナショナルダービー』試合結果! 
浦和インプレッション J1第9節『大宮vs浦和』『さいたまダービー』試合結果! 
関連投稿ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表

2017ACL『グループステージ E鹿島 F浦和 G川崎 Hガンバ 勝敗表』 

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程表』
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 

sponsored links


浦和ブレイクタイム J1第14節『柏vs浦和』中村vs西川 細貝vs青木に注目か!?

follow us in feedly


浦和ブレイクタイム J1第14節『柏vs浦和』中村vs西川 細貝vs青木に注目か!? 

sponsored links


浦和ブレイクタイム J1第14節『柏vs浦和』中村vs西川 細貝vs青木に注目か!?

 浦和は、5月31日に開催されたACL2ndレグ済州ユナイテッド(韓国)との戦いに3-0で勝利、1stレグの劣勢状況を跳ね返しACLベスト8進出を決めています。この試合では、済州ユナイテッドの一部の選手やスタッフが起こした乱闘騒動、試合中における阿部勇樹に対する襲撃など、考えられない事態が起こりましが、浦和の選手は意味の無い怪我を負うこともなく、再びJリーグの舞台に戻ることが出来ました。

 さて、6月4日に開催されるJ1リーグ14節柏レイソル vs 浦和レッズ戦ですが、現時点におけるリーグ戦順位、日本代表メンバーの選出、細貝萌の柏移籍、そして、浦和のACLベスト8進出と一方的な乱闘騒動などが絡み、サポーター、メディアを含めた注目の一戦となりそうです。

それでは、その注目ポイントを幾つかピックアップしてみましょう。

➀ 現時点における暫定順位1位の柏レイソル vs 4位浦和の上位対決。浦和はACLの関係で、消化ゲームが1試合少ない状況ですが、この試合の勝利で勝点4差を1差まで詰めることが出来るのか?それとも逆に7差まで開いてしまうのか?それとも変わらずなのか?何れにしても注目されます。

② その勝利に対するモチベーションはどちらのチームが上なのか?柏レイソルの連勝モチベーションが勝るのか?浦和はACL激戦(乱闘騒動)の疲労がある中、逆転勝利でACLベスト8進出を決めたモチベーションが勝るのか?何れにしても、柏の連勝が本物なのか?浦和のコンディションはどうなのか?注目です。

③ 興梠慎三vsクリスティアーノのFW対決。巧みな技と体幹を持ち合わせた2人の対決は見モノ。更にGK対決。日本代表に選出され、乗っている中村航輔、代表から落選した西川周作、この2人のセービング対決に注目です。

④ ボランチ対決。両チームに共通しているクローザー役となるボランチ交代はどちらが早く仕掛けるのか?元浦和の細貝、攻守に安定している青木。この2人の交代タイミングで試合の収めどころが見えてくるのではないでしょうか。また、細貝出場に伴う浦和サポーターの感情にも注目です。

⑤ 浦和で注目されるのは、サイドバッグポジションで日本代表に初選出された宇賀神とドリブラー駒井のポジション争い。宇賀神のモチベーションと好調を維持している駒井とのポジション争いは、これからも激しくなると思われます。

 その他、李や那須にとっては古巣対決、既にチケットは完売状態、日立柏サッカー場の雰囲気、スタジアムにいけなくてもNHK-BS1でのLIVEなど、まだ多くの注目ポイントがあります。

 あの乱闘騒ぎのあったACLでの疲労感は残っている浦和、勿論勝利を目指してほしいと思いますが、この状態の中でも勝ち点1以上、何れにしても負けない事が大事だと考えられます。

 明日のレイソル戦、乱闘試合を忘れ、存分に試合を楽しみたいと思います。

それでは。

2017J1リーグ対戦クラブ別勝敗表の確認も忘れずに!

浦和ブレイクタイム『浦和限定!2017J1リーグ対戦クラブ別勝敗表!』

sponsored links


浦和直近試合のインプレッション
浦和インプレッション ACL『浦和vs済州』海外メディアの反応と阿部勇樹の偉大さ! 
浦和インプレッション ACL2017決勝ラウンド16-1ST『済州ユナイテッド 2-0 浦和レッズ』 
浦和インプレッション J1第12節『浦和レッズvs清水エスパルス』試合結果! 
浦和インプレッション J1第10節『浦和vs鹿島ナショナルダービー』試合結果! 
浦和インプレッション J1第9節『大宮vs浦和』『さいたまダービー』試合結果! 
関連投稿ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表

2017ACL『グループステージ E鹿島 F浦和 G川崎 Hガンバ 勝敗表』 

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程表』
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 

sponsored links


浦和インプレッション J1第12節『浦和レッズvs清水エスパルス』試合結果!

follow us in feedly


明治安田生命J1リーグ 第12節『浦和レッズvs清水エスパルス』

 浦和レッズ 3-3 清水エスパルス

(浦和)24分 57分 74分-興梠〔ハットトリック〕

(清水)64分 69分-鄭大世 71分-チアゴ・アウベス

埼玉スタジアム2002 33,450人

浦和インプレッション J1第12節『浦和レッズvs清水エスパルス』試合結果!

sponsored links



 後半15分過ぎから試合は大きく動きだします。興梠の2得点によるリードは束の間、浦和は64分、69分、71分とチアゴアウベス、鄭大世それぞれのスーパーゴールにより失点し、一気に2-3へと逆転されてしまいます。鄭大世の力強いプレーやチアゴアウベスの身体能力に対して、GK西川を含めた浦和守備陣は終始翻弄されていたのではないでしょうか。

 得点経過が2-0、2-1、2-3と状況が変わる中、前がかりの攻撃守備を全く変えようとしない浦和のサッカーに対し、清水は浦和側の空いたスペースへのカウンター攻撃を仕掛けます。また、ピッチ上も暑くなる厳しい条件の中、浦和の選手は時間が経つにつれ動きが鈍くなる一方、清水の選手は変わらずのスタミナ力をキープ、運動量においては完全に清水が浦和を上回っていたと思われます。

 後半時間の大部分は、清水の粘り強い守りとカウンター攻撃に押され、負けていたかもしれない状況まで追い詰めらていたのは、誰の目からみても明らかだったのではないでしょうか

 結果的には、興梠個人技のハットトリックで3点目が決まり、3-3のドローゲームに繋げることが出来ましが、浦和は勝ち試合を逃してまったのか?それとも、なんとか引き分けに追いつくことができた試合なのか?様々な見方に分かれる複雑な試合結果となりました。

 大宮戦から厳しい内容の試合が続いています。

 次節5月24日(水)はACL決勝ラウンド16の第1戦、済州ユナイテッド戦アウェイゲームとなります。現在Kリーグで好調をキープ。今シーズンは粘り強い守りと得点能力の高い走攻守バランスのとれたチームに仕上がっている様です。当然の事ながらアウェイゲームであることをしっかり意識し、最低勝ち点1以上、得点1以上を狙わなければなりません

 何れにしても、丁寧で確実な試合運びで結果を出してほしいと願います。

それでは


sponsored links


直近試合ピックアップ!
明治安田生命J1リーグ 第11節『アルビレックス新潟vs浦和レッズ』

アルビレックス新潟 1-6 浦和レッズ

(新潟)2分-鈴木

(浦和)6分-武藤 20分-興梠 31分-槙野 43分-OG 45分+1-関根 47分-遠藤 

浦和インプレッション J1第10節『浦和vs鹿島ナショナルダービー』試合結果! 
浦和インプレッション ACL2017 MD6『FCソウル 1-0 浦和レッズ』 
浦和インプレッション J1第9節『大宮vs浦和』『さいたまダービー』試合結果! 

浦和インプレッション ACL2017 MD5『浦和レッズ 6-1 ウェスタン・シドニーW』 

浦和インプレッション J1第8節『浦和レッズ 3-2 コンサドーレ札幌』 

関連投稿ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 
浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程表』

sponsored links