浦和ブレイクタイム『浦和レッズ2018年試合スケジュール』


 2018J1リーグスケジュール


2018年04月22日更新済

第1節終了
02月24日(土)14:03 FC東京
味の素 △ 1-1 DAZN BS1 MX
第2節終了
03月04日(日)16:04 サンフレッチェ広島
埼玉 ● 1-2 DAZN テレ玉
第3節終了
03月10日(土)14:00 Vファーレン長崎
長崎 △ 1-1 DAZN 長崎国際
第4節終了
03月18日(日)16:00 横浜Fマリノス
埼玉 ● 0-1 DAZN テレ玉
第5節終了
04月01日(日)15:00 ジュビロ磐田
エコパ ● 1-2 DAZN
第6節終了
04月07日(土)16:00 ベガルタ仙台
埼玉 〇 1-0 DAZN テレ玉
第7節終了
04月11日(水)19:00 ヴィッセル神戸
ノエビア 〇 3-2 DAZN BS1
第8節終了
04月15日(日)16:00 清水エスパルス
埼玉 〇 2-1 DAZN テレ玉
第9節終了
04月21日(土)16:00 コンサドーレ札幌
埼玉 △ 0-0 DAZN
第10節終了
04月25日(水)19:00 柏レイソル
● 0-1 DAZN
第11節終了
04月28日(土)16:00 湘南ベルマーレ
埼玉 ● 0-1 DAZN
第12節終了
05月02日(水)19:00 川崎フロンターレ
等々力 〇 2-0 DAZN
第13節終了
05月05日(土)17:00 鹿島アントラーズ
カシマ ● 0-1 DAZN BS1
第14節
05月13日(日)14:00 サガン鳥栖
埼玉 DAZN
第15節
05月19日(土)14:00 ガンバ大阪
吹田 DAZN NHK
第16節
07月18日(土)19:30 名古屋グランパス
埼玉 DAZN
第17節
07月22日(土)19:00 セレッソ大阪
埼玉 DAZN
第18節
07月28日(土)19:00 サンフレッチェ広島
エディオン DAZN
第19節
08月01日(水)19:00 川崎フロンターレ
埼玉 DAZN BS1  
第20節
08月05日(日)19:00 Vファーレン長崎
埼玉 DAZN
第21節
08月11日(土)19:00 サガン鳥栖
ベストA DAZN
第22節
08月15日(水)19:00 ジュビロ磐田
埼玉 DAZN
第23節
08月19日(日)18:00 清水エスパルス
日本平 DAZN
第24節
08月26日(日)18:00 名古屋グランパス
豊田 DAZN
第25節
09月01/02(未定) セレッソ大阪
埼玉 DAZN
第26節
09月15/16(未定) 横浜Fマリノス
日産 DAZN
第27節
09月22/23(未定) ヴィッセル神戸
埼玉 DAZN
第28節
09月29/30(未定) 柏レイソル
埼玉 DAZN
第29節
10月06/07(未定) ベガルタ仙台
ユアテック DAZN テレ玉
第30節
10月20/21(未定) 鹿島アントラーズ
埼玉 DAZN
第31節
11月03/04(未定) ガンバ大阪
埼玉 DAZN
第32節
11月10日(土)(未定) コンサドーレ札幌
未定 DAZN
第33節
11月24日(土)(未定) 湘南ベルマーレ
BMW DAZN
第34節
12月01日(土)(未定) FC東京
埼玉 DAZN



 2018YBCルヴァンカップスケジュール

第1節終了
03月07日(水)19:00 名古屋グランパス
パロマ ○ 4 – 1 フジONE スカパー
第2節終了
03月14日(水)19:30 ガンバ大阪
埼玉 ● 1 – 4 フジONE スカパー
第3節終了
04月04日(水)19:00 サンフレッチェ広島
エディオン △ 0 – 0 フジNEXT スカパー
第4節終了
04月18日(水)19:00 ガンバ大阪
吹田 ○ 1 – 0 フジONE スカパー
第5節
05月09日(水)19:30 名古屋グランパス
埼玉 フジONE スカパー
第6節
05月16日(水)19:00 サンフレッチェ広島
埼玉 フジTWO スカパー
プレーオフS第1戦
06月02日(土)未定 未定
未定 未定
プレーオフS第2戦
06月09日(土)未定 未定
未定 未定
準々決勝第1戦
09月05日(水)未定 未定
未定 未定
準々決勝第2戦
09月09日(水)未定 未定
未定 未定
準決勝第1戦
10月10日(水)未定 未定
未定 未定
準決勝第2戦
10月14日(日)未定 未定
未定 未定
決勝戦
10月27日(日)未定 未定
埼玉 未定



浦和ブレイクタイム『ルヴァンカップ2018-試合日程-結果-TV中継を完全フォロー!』




 第98回天皇杯スケジュール

2回戦
06月06日(水)未定 未定
未定 未定
3回戦
07月11日(水)未定 未定
未定 未定
準々決勝
10月24日(水)未定 未定
未定 未定
準決勝
12月16日(水)未定 未定
未定 未定
決勝
12月24日(月)未定 未定
未定 未定



 2017浦和全試合スケジュール!

浦和ブレイクタイム『浦和レッズ2017年試合スケジュール』

Copyright © urawaredpeas All Rights Reserved.


浦和レッズレポート 2018J1リーグ試合結果&順位動向『第1節』


 原口元気の移籍復帰の噂!?『来るよ来るよサギ』(笑)に付き合わされたオフシーズン! 

待ちに待った2018年のJ1リーグが開幕。優勝争いは毎年最終節まで展開となっていますが、今年はどんな結末が待っているのか。兎にも角にも最終節を終えて頂点に立っていればいいのですが、これが本当に難しいことなんですね。すみません(笑)。

まだまだリーグ優勝を意識する時期ではありませんが(笑)、既に34分の1試合を消化している事を踏まえれば、1試合1試合の勝ち点の積み重ねが総合優勝に近づく要素であり、大事な一戦である事は間違いありません。

そんな中、今年の浦和はどんなチームに変貌しているのでしょうか?

新規補強については、リーグの話題になる様な大きな動きもなく、原口元気移籍の噂についても『来るよ来るよサギ!』(笑)に最後まで付き合わされたオフシーズンになってしまいましたね。

逆にラファエルシルバの移籍や中堅選手の移籍が目立ってしまったのが実感したところです。

2017年シーズンにおいて、勝ちきれなかった要因はクリアーされているのか?失点の多さやシーズン後半の得点力不足などの課題は対応策がされているのか?

何れにしても、ここ数年と比較しても大きなニュースもないままに(笑)開幕初戦を迎えたアウェイFC東京戦ですが、結果1-1のドローで終えています。

興梠や柏木の動きにキレがあれば…得点に繋がっていたかと感じるシーンは何本かありましたが、結果的には去年の課題は持ち越されたと言っていいでしょう。話題的には、FC東京の久保 建英君のJリーグデビューに全て持っていかれた感じもします。

 川崎フロンターレは貫禄勝ち!今年の名古屋グランパス、各クラブの脅威になるかも…。

他クラブの注目試合になりますが、2017年リーグ王者の川崎フロンターレは全得点に中村憲剛が絡むと言う活躍ぶりで、ホームのジュビロ磐田を相手に3-0の大差で勝利しています。

アジアチャンピオンズリーグでは調子が上がっていない川崎フロンターレですが、ここでリーグ王者の貫禄を見せつけた試合となりましたね。

J1昇格組の名古屋グランパスは、ホームのガンバ大阪を相手に3-2と言う打ち合いに競り勝ち勝利。テクニックのあるガブリエル・シャビエル、得点能力高いジョーといったブラジル人選手の活躍もあり、相当のインパクトを与えた試合となったのではないでしょうか。

今年の名古屋グランパスですが、ACL圏内の上位進出があるかも…と思わせる様な戦いぶりを見せてくれましたね。まだ1試合消化時点ですが、これから戦う各クラブの脅威になるのは間違いなさそうです。

さて次節の浦和は、ホームにサンフレッチェ広島を迎えます。その広島は、初戦にペトロヴィッチ体制となったコンサドーレ札幌に1-0で勝利。

様々な捉え方で広島や札幌とは縁のある浦和。次節はなんとか勝ち切りたいところです。私的には興梠の今季初得点に期待し、共に初勝利を見たいところです。

各試合のスコアにピックアップした公式動画を挿入していますので、併せてお楽しみ下さい。

それでは。


 浦和レッズレポート 2018J1リーグ試合結果&順位動向『第1節』


2/25(日)16:03 ヤンマー
セレッソ大阪 横浜FM
1 1
86’柿谷曜一朗 17’山中亮輔
2/25(日)15:31 エコパ
ジュビロ磐田 川崎フロンターレ
0 3
24’中村憲剛 43’谷口彰悟 

45’エデゥアルド

2/25(日)13:03  アイスタ
清水エスパルス 鹿島アントラーズ
0 0
2/25(日)13:02  ユアスタ
ベガルタ仙台 柏レイソル
1 0
53’板倉滉
2/24(土)16:03 BMWスタ
湘南ベルマーレ Vファーレン長崎
2 1
8’イ・ジョンホプ 80’石川俊輝 16’田上大地
2/24(土)14:33 吹田スタジアム
ガンバ大阪 名古屋グランパス
2 3
13’遠藤保仁 79’長沢駿 26’ガブリエル・シャビエル

51’ホーシャ 84’ジョー

2/24(土)14:03  エディオン
サンフレッチェ広島 コンサドーレ札幌
1 0
28’ティーラシン
2/24(土)14:03 味スタ
FC東京 浦和レッズ
1 1
48’東慶悟 50’槙野智章

2/23(金)20:03  ベアスタ
サガン鳥栖 ヴィッセル神戸
1 1
3’田川亨介 87’ハーフナーマイク

URAWAREDPEASその他の投稿

浦和ブレイクタイム『浦和レッズ2018年試合スケジュール』

 

浦和ブレイクタイム 『3/6(火)グッと!スポーツに槙野智章が出演!!』

 

浦和ブレイクタイム『アンドリュー・ナブート』浦和獲得の噂あり!?

 

浦和ブレイクタイム『浦和限定!2018シーズン公式戦のチーム得点王は誰になるか!?』

 

 浦和レッズレポート 2018J1リーグ試合結果&順位動向『第1節』

 

 2018浦和 獲得&移籍レポート!VOL.4『ラファエルシルバ、中国2部クラブへ移籍か!?』

 

 浦和ブレイクタイム『2018年浦和レッズ、ユニフォームが発表されました!』

 

 浦和ブレイクタイム『2018年浦和レッズ、トップチームの背番号が決定です!』

 

 浦和ブレイクタイム『 2017年の浦和レッズを振り返り、2018年のミッションを確認する!?』

 

 浦和BT『2018年の浦和レッズ、獲得選手・移籍選手・契約更新等をレポート!』VOL.3

浦和ブレイクタイム『浦和レッズ2018年試合スケジュール』

2018ACL組み合わせが決定! 2018ACL日程も決定です!

 

浦和ブレイクタイム『クラブワールドカップ2017の賞金&トーナメント表』

 

浦和IMP『ACL2017、浦和は決勝2NDレグを1-0で勝利!クラブ2度目のアジアチャンピオンに輝く!』

 

 2017ACL優勝賞金『3,000,000㌦!約3億3000万円!』ボーナス&フィーをレポート!

 

『IFFHSクラブワールドランキング2016』Jリーグ勢はFC東京がトップに!?根拠を検証!


Copyright © urawaredpeas All Rights Reserved.


浦和レッズトピックス『2017浦和レッズ移籍/獲得報道』山田、岡本、レンタル延長! 菊池完全移籍!

山田直輝、岡本拓也、湘南ベルマーレへの期限付移籍が延長される。菊池大介は浦和に完全移籍が決定。

28日付けのオフィシャルにて、湘南ベルマーレに期限付き移籍中の山田直輝、岡本拓也について、期限付き移籍の延長が発表されましたね。同時に、湘南ベルマーレ菊池大介の浦和レッズへの完全移籍も発表されました。

本日、湘南所属選手3名同時の発表になったのは、湘南ベルマーの天皇杯準々決勝の結果如何によって発表日程や段取りを組んでいたのかもしれません。ただ、岡本拓也については、先行情報で浦和復帰の可能性が濃厚だった為、レンタル延長にはやや驚きがありました。今は故障中ですが、シーズン中においてはレギュラー陣として活躍していた為、本人からのレンタル延長希望があったかもしれませんね。(あくまでも推測ですが・・・)

菊池大介については、浦和での中盤争いがどうなるのか?様々な意味でレギュラー争い、ポジション争いが激しくなりそうですが、彼については、運動量もありアグレッシブなプレーをする浦和にいないタイプであり、加入については全く否定はしませんが、何れにしても中盤から前線の選手層が多くなっている(多すぎる?)事は否めません。

今回の発表で、岡本が復帰しない事が明確になった為、DF陣の選手層の薄さが正直気になります。現状登録している全てのDF陣がフル稼働(活躍)すれば良いのですが、いい意味でも悪い意味でも、今季の様に慣れたレギュラー陣だけでシーズンを戦うのだけは避けてほしいと思います。例えば、外国人枠のイリッチをほとんど使わない、使ってほしい試合で那須を起用しなかったりと、ペトロヴィッチ監督の偏り過ぎのメンバー選択に、幅を持った対応で挑んでもらいたいと願います。

リーグ戦優勝の獲得賞金などが大幅にアップされる2017年、リーグタイトル&ACLタイトル、それぞれのタイトルを獲得する為には、現状メンバー&新規獲得メンバーのフル稼働(活躍)が絶対に不可欠です。

徐々に獲得&移籍選手の確定が埋まってきました。今後サプライズがあるのかわかりませんが、何れにしても年末までのオフィシャルにどんな情報がアップされるのか?注目していきたいと思います。

それでは。

関連記事

浦和レッズトピックス『2017浦和レッズ移籍/獲得報道』石原、仙台期限付移籍!?阪野、山形完全移籍!

浦和レッズトピックス『2017浦和レッズ移籍/獲得報道』12/21付更新

浦和レッズトピックス『2017浦和レッズ移籍/獲得報道』矢島慎也、浦和復帰12/19付

浦和レッズトピックス『2017浦和レッズ移籍/獲得報道』加賀、茂木、阪野移籍か!?

2106/12/7 浦和レッズトピックス『2017浦和レッズ移籍/獲得報道』Rシルバ確定!

2016/12/6 浦和レッズトピックス『2017浦和レッズ移籍/獲得報道』GK大谷退団!?

2016/12/5 浦和レッズトピックス『矢島慎也の獲得にガンバ大阪が動く!?』

sponsored links


 

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



浦和レッズレポート『浦和レッズvs湘南ベルマーレJ1リーグ2ndステージ7』

2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ7‎

2016年8月6日(土)18:34

埼玉スタジアム2002

浦和レッズ 4-1 湘南ベルマーレ

8分-関根貴大 42分-武藤雄樹 63分-槙野智章 90+2分-武藤雄樹 (浦和)

44分-大槻周平 (湘南)

観客人数 29,104人


※浦和レッズホームゲーム通算500試合 ※柏木陽介がJ1出場通算300試合

今節は、浦和レッズホームゲーム通算500試合や、柏木陽介のJ1出場通算300試合など、それぞれ節目となる試合となりました。

試合結果ですが、浦和レッズ 4-1 湘南ベルマーレで、得点結果だけを見れば浦和の完勝に映りますが、内容的には決して浦和の一方的展開では無かったと思われます。

浦和との試合では、後ろに意識を持ち引いたサッカーをしてくるチームが多い中、湘南は前に来るチームなので、本当に面白く良い試合が観られましたね。

気温、湿度も高く、非常に厳しいコンディションの中、湘南の縦方向への攻めとチェイシングでの守り、湘南得意の運動量に対して、浦和のボールコントロールやポゼッションで躱す攻撃、双方のチームカラーが注目のポイントとなりました。

予想はしていましたが、やはり湘南の運動量には凄いものを感じましたね。センター付近でボールを持てば、躊躇なく前へ走り込む意識、常にゴールを狙っている動きでした。浦和がハーフウェイラインより後ろ側でボールを廻している時は、激しいプレッシャーやフォアチェックで浦和のボールを本気で奪いに来ていましたが、このアグレッシブな戦い方が90分間持つのか?その興味もありましたが、ある意味、湘南サッカーの特徴を存分に感じる事が出来たと思います。

たらればですが、湘南側に2点目のチャンスがあった為、2-1や3-1の場面で得点が入っていたら、正直どうなっていたか?難しい試合になっていたかもしれませんが、結果的に湘南より大きく上回っていた要因は、ビルドアップからのパスの精度やラストパスの正確さ、ゴール前の狭いスペースを狙う動きなどが、この得点差に繋がったと考えられます。

湘南はラストの場面でのパスミスや前線選手の連動性の低さ、そしてシュート精度に欠けていました。浦和と比較すると、最後のプレークオリティーに差が出た試合だったと思います。

また、交代で入った青木や阿部の両ボランチのプレーが実に良かったと思います。後半に入り、湘南側の動きにやや疲れが見えてきた中、湘南側にボールが渡った際のプレスバックで攻撃を遅らせたり、玉ぎわの強さでボールを奪った後、その流れで前線の攻撃に参加するなど際立っていましたね。

浦和の得点に関しては、やはり1点目の関根の動きが印象に残りました。GK西川からの1本のフィードからの得点は、今後の浦和の攻めの一つとして、大きな武器に繋がったと思います。武藤も得意のファーストタッチからのゴールが決まってきましたね。調子が上がってきている様なので、この動きを維持してほしいと思います。

次節はアウェイ、名古屋戦です。

名古屋は勝利から遠ざかっている状態ですが、決して侮ってはいけない相手です。しっかりと戦って勝ち点3を持ち帰って欲しいと思います。

それでは。

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!