浦和IMP『堀監督の初戦!埼玉ダービー大宮戦は2-2のドロー』+動画

follow us in feedly


浦和IMP『堀監督の初戦!埼玉ダービー大宮戦は2-2のドロー』+動画
J1第20節 8月05日 19:04
浦和レッズ 大宮アルディージャ
前半
後半 2
興梠慎三 26分 66分 マテウス
柏木陽介 69分 88分 瀬川祐輔
   
退場者
埼玉スタジアム2002 45,411人   


 公式動画(2017/08/05日 第20節) 

 試合後の堀監督のコメント抜粋 

「初めて指揮して、準備期間は短かったですが、しっかりともう一度、守備の意識の植え付けをして、途中までは狙い通りの展開でした。失点の場面はあってはならない失点で、残念な結果となってしまいました。またすぐに次の試合がきますので、そこに向けて短い期間ですが準備したいと思います」

スポンサーリンク


浦和レッズトピックス『ペトロヴィッチ監督の解任を発表!後任は堀孝史コーチ!』

浦和レッズは、ミハイロ・ペトロビッチ監督(59)と契約解除したことをオフィシャルにて発表。事実上の解任となり、後任監督は堀孝史コーチ(49)が務める。このたび、2012シーズンより指揮を執っておりました、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督との契約を本日付けで解除いたしましたので…..

直近の試合関連投稿
浦和IMP『アウェイ札幌戦0-2の敗戦、最後は9人の意地で戦う展開に!?』+動画

先ず、都倉選手のヘディングゴールの失点。都倉選手の持つフィジカルの強さ、ヘディングの巧さは警戒していたにも拘わらず、簡単に失点に繋げてしまう守備の弱さ。槙野の寄せが弱いのか?チェックが遅いのか?それとも都倉がうますぎるのか…..

浦和インプレッション『セレッソ大阪戦の大敗、今季目標の修正含め切り替えのタイミングか!?』+動画

首位セレッソとの直接対決に大敗しセレッソの勝点は41まで上昇、浦和は変わらず29のまま、その差は12点。浦和は、今季リーグ戦の目標(優勝)を明確に修正し切り替えなければならないタイミングに入ったのでないでしょうか…..

浦和インプレッション『ドルトムント戦、エムレ・モルの個人技に翻弄され敗戦!』

浦和の守備陣にとって、76分、79分とエムレ・モルのスピード力と巧みなテクニックの連続ゴール(失点)は、ドルトムントの選手層の厚さ、抜きん出た個人技の凄さ、何れにしても力の差を痛感したと…..

浦和ブレイクタイム『新潟戦に挑んだ本当の目的は何だったのでしょうか?』

浦和レッズ、今節の新潟戦に挑んだ本当の目的は何だったのでしょうか?試合前に、一部の選手達からは『監督の為に勝利する』『監督を辞めさせるわけにいかない』などの発言が多く聞かれ、危機的な状況に…..


浦和インプレッション『川崎に完敗、モチベーション差が明らかに!』+動画

浦和は、ここ数年で最も悪い状態なのでしょうか?川崎戦後に柏木が発言している『去年は負ける気がしなかった。今年は勝つ気がしない』の言葉が、今の浦和を象徴しているのではないだろうか。今年の浦和の…..

浦和インプレッション『広島戦、関根のプレーは浦和に変化をもたらすか?』+動画

最後は関根自身の『個の力』で打開し、逆転勝利。6人抜きは本当に見事でした。最初は行く気がなかったとコメントしている関根ですが、相手選手のプレッシャーからパスコースがなくなってしまったので仕方なく…..

関連投稿ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 

スポンサーリンク


浦和レッズレポート『浦和レッズvs大宮アルディージャJ1リーグ2ndステージ4』

2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ4‎

2016年7月17日(日)19:04

埼玉スタジアム2002

浦和レッズ 2-2 大宮アルディージャ

37分-柏木陽介 59分-武藤雄樹 (浦和) 45分+4分 江坂任 68分 マテウス

観客人数 53,951人


埼玉スタジアムでの久々のさいたまダービー、大宮アルディージャ戦!

多くのサポーターが詰め掛け、試合と共にスタジアムは本当に盛り上がりました!

連戦で疲労が溜まっている状態の中、蒸し暑いコンディションにもかかわらず、

お互いに足が止まる事のない、オープンでスピーディーなサッカーを展開。

 

浦和は得意なカタチの攻めを何度もトライし、大宮は攻守の切り替えが見事でした。

バイタルエリアの攻防戦、ペナルティーエリア内での集中した守り、

選手個人にスポットをあてれば、

関根のクロスボールや縦方向へのドリブル突破、

柏木の裏を突くロングボールやオープンスペースへのサイドチェンジ、

マテウス選手とペチュニク選手のコンビネーション、山越選手、川本選手の集中した守り、

試合結果と同じく、内容的にも互角だったと思います。

 

それぞれの選手の立場から見ても、今節は受入れる結果だったのではないでしょうか?

勿論、勝ちたかったとは思いますが、試合後の表情を観る限り、

やり切った感じには観えました。

 

浦和レッズ、大宮アルディージャそれぞれの2得点ですが、

一つは個人技、もう一つは流れの中で相手を躱したプレーから生まれており、

大きなミスや崩されたカタチの失点では無かったと思われますが、如何でしょうか?

大宮の選手も最後までよく走り、守り、戦っていましたが、

勿論、浦和も負けていなかったと思います。

冷静な見方をして、今節は引き分けが妥当の結果でした。

ガチンコ勝負で勝点1を獲得出来た事は、先々を見据えてプラスに繋がると思います。

 

次節23日(土)はカシマスタジアム・鹿島アントラーズ戦です。

盛り上がりそうですね!

この時期、カシマスタジアムの雷雨の試合を思い出します・・・。

オリンピック代表選手が抜けたメンバー構成や戦い方に注目が集まりますね。

遠藤航の代わりはいませんが、那須に頑張ってもらいましょう(笑)!

興梠の代わりもいませんが、ズラタン、石原にカバーしてもらいましょう(笑)!

今節と同様、激しく面白い試合が観られる事と、

浦和の勝利に期待しましょう!

それでは。

関連レポート 浦和レッズレポート『大宮アルディージャvs浦和レッズJ1リーグ1stステージ11』

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!