浦和IMP『ACL準決勝、上海上港を2戦合計で下し、10年振りの決勝戦に進出!』+トーナメント表

浦和インプレッション『ACL準決勝、上海上港を2戦合計で下し、10年振りの決勝戦に進出!』+トーナメント表
ACL2017準決勝2ND 10月18日 19:30
浦和レッズ 上海上港
1 0
1 前半 0
0 後半 0
警告:槙野智章 マウリシオ(2枚目の為、決勝戦1STレグには出られず)
退場: 
ラファエルシルバ 12分
埼玉スタジアム2002 44,357人
【出場メンバー】

西川周作

遠藤航 阿部勇樹 マウリシオ 槙野智章

青木拓矢 柏木陽介➫梅崎司(82分) 長澤和樹 

ラファエルシルバ➫ズラタン(68分)

武藤雄樹 

興梠慎三➫李忠成(90+3分)

ACL準決勝2ND AFC公式(2017/10/18日)

 ACL準決勝2NDレグが終了。浦和レッズ、10年振りの決勝進出です。上海上港をホームに迎えた2NDレグ、ラファエルシルバの値千金のヘディングゴールを全員で守り切り、1 -0の完封で勝利を決めました。

 10年前のACL準決勝を再現しているかの様な、必死に守り耐える試合を『魅せて』もらいました。

 1STレグと同様、フッキ、オスカル、エウケソン、アメドフの攻撃陣に圧倒される展開でしたが、浦和は、しっかりとカバーリングをかけながら、規律のある徹底した守備で対抗。

 中でも長澤のアグレッシブなプレーには魅了されました。彼の本質が見られた試合になったのではないでしょうか?ハリルホジッチ氏が観戦していたとの事ですが、どう映ったのか?楽しみです。

 いよいよ決勝です。リーグ戦、国内カップ戦のそれぞれのタイトルの可能性を失ってしまった状況ですが、ACLは世界が相手のカテゴリー。世界を相手にした時に発揮する『浦和の勝負強さ』の真髄を見せて欲しいと思います。期待しましょう!

それでは。

ACL関連投稿ピックアップ!
浦和IMP『ACL2017準決勝1STレグ結果 上海上港 1 – 1 浦和レッズ』

ACL準決勝1STレグの2試合が終了。浦和はアウェイにて上海上港と対戦し1 – 1のドローゲームで終えています。アウェイゴール1点を獲得!予測通り、上海上港の攻撃陣に終始圧倒される展開となりましたが、運も味方したのか…..

ACL-QUARTERFINAL-2ND『浦和レッズ VS 川崎フロンターレ』

日本の2NDレグも浦和の大逆転劇が起こりました。1STレグでは、川崎が3-1で浦和に勝利。浦和が準決勝に進出するには絶対に失点は禁物でしたが、前半にDF&GKの連携ミスから軽い失点。川崎の勝利が大きくなりましたが…..

ACL-QUARTERFINAL-1ST『川崎フロンターレ VS 浦和レッズ』

2017ACL優勝賞金『3,000,000㌦!約3億3000万円!』ボーナス&フィーをレポート!

浦和インプレッション ACLラウンド16-2NDレグ『浦和レッズ vs 済州ユナイテッド』海外メディアの反応と阿部勇樹の偉大さ!
浦和レッズ、べスト8進出決定です。今回のインプレッションですが、いつもの試合レポートから見方を変えて『ACLラウンド16-2NDレグ 済州ユナイテッドvs浦和レッズ』戦で起きた前代未聞の乱闘騒動に対し、海外メディアは…..

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント準々決勝、川崎vs浦和に決定!』

AFC アジアチャンピオンズリーグ準々決勝組み合わせ抽選会ですが、6月6日PM5:00からAFC本部にて始まる予定です。ベスト8に勝ち残っている中東の西アジア地区の4クラブ内での抽選、そして東アジア地区の川崎フロンターレ(日本)上海上港(中国)広州恒大(中国)浦和レッズ(日本)の4クラブ…..

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント勝敗表-TV放送予定』 

 

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程』

 

2

2017ACL『グループステージ E鹿島 F浦和 G川崎 Hガンバ 勝敗表』
2017ACL『グループステージ-東アジア地区出場クラブ、全日程-TV放映予定』  浦和レッズACL2017『浦和レッズACLグループF組試合スケジュール』
レッドピース!良く読まれている人気の投稿!

浦和IMP『ACL2017浦和準決勝進出!準々決勝2NDレグ 浦和 4-1 川崎』

follow us in feedly


浦和インプレッション『ACL2017浦和準決勝進出!準々決勝2NDレグ 浦和4-1川崎』
ACL2017準々決勝2ND 9月13日 19:30
浦和レッズ 川崎フロンターレ
4 1
1 前半 1
3 後半 0
 退場 38分 車屋紳太郎(川崎) 
興梠慎三 35分  19分  エウシーニョ
ズラタン 70分   
ラファエルシルバ 84分   
高木俊幸 86分   
埼玉スタジアム2002 26,785人   
〔出場メンバー〕

西川周作 マウリシオ➫ズラタン(63分) 槙野智章

森脇良太 青木拓矢 阿部勇樹 柏木陽介 

高木俊幸 矢島慎也➫駒井善成(75分)

ラファエルシルバ 興梠慎三➫遠藤航(90分)

 公式動画〔2017/09/13日 ACL準々決勝2NDレグ〕 

 中国の2NDレグは壮絶でした。恐らく、中国サッカー史に残る勝負になったのではないでしょうか。誰もが、1STレグに4 – 0で圧勝した上海上港が楽勝するかと思いきや、2NDで広州恒大が延長戦まで持ち込み5 – 1のドロー。まさかのPK戦に突入。結局、上海上港がPK戦を制しましたが、本当に最後までわからない試合でした。

 日本の2NDレグも浦和の大逆転劇が起こりました。1STレグでは、川崎が3-1で浦和に勝利。浦和が準決勝に進出するには絶対に失点は禁物でしたが、前半にDF&GKの連携ミスから軽い失点。川崎の勝利が大きくなりましたが、先ずは興梠の得点で同点、車屋(川崎)の一発退場(レッド)からは浦和の怒涛の攻撃が始まります。ズラタンのヘッド、ラファエルシルバのファインゴール、高木の決勝ゴールと続き、浦和が4 – 1の大逆転勝利に。日本のACL史上、奇跡の逆転劇が見られたのではないでしょうか。

 準決勝は、上海上港VS浦和の対戦となります。上海上港とはグループリーグで戦ったクラブ同士。フッキ、オスカル、エウケソン、アメドフなどの強力な攻撃陣との闘いが再び見られます!ある意味楽しみな対戦です!

 浦和は5月以降に厳しい状況をかかえながら戦ってきました。堀体制となり、もがきながら調子を創りあげている最中でのACLの勝ち上がりはチーム全体のモチベーションアップに大きく繋がったと思われます。何れにしても、大いに期待したいですね。

それでは。


2017/09/13最新トーナメント表 

※各対戦毎で、上段に位置するクラブ側が1stレグのホーム。下段に位置するクラブが2ndレグのホーム。準々決勝の川崎フロンターレvs浦和レッズ戦では、1stレグが川崎ホーム、2ndレグが浦和ホームという見方になります。

スポンサーリンク


ACL関連投稿ピックアップ!
ACL-QUARTERFINAL-1ST『川崎フロンターレ VS 浦和レッズ』

2017ACL優勝賞金『3,000,000㌦!約3億3000万円!』ボーナス&フィーをレポート!

浦和インプレッション ACLラウンド16-2NDレグ『浦和レッズ vs 済州ユナイテッド』海外メディアの反応と阿部勇樹の偉大さ!
浦和レッズ、べスト8進出決定です。今回のインプレッションですが、いつもの試合レポートから見方を変えて『ACLラウンド16-2NDレグ 済州ユナイテッドvs浦和レッズ』戦で起きた前代未聞の乱闘騒動に対し、海外メディアは…..


浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント準々決勝、川崎vs浦和に決定!』

AFC アジアチャンピオンズリーグ準々決勝組み合わせ抽選会ですが、6月6日PM5:00からAFC本部にて始まる予定です。ベスト8に勝ち残っている中東の西アジア地区の4クラブ内での抽選、そして東アジア地区の川崎フロンターレ(日本)上海上港(中国)広州恒大(中国)浦和レッズ(日本)の4クラブ…..

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント勝敗表-TV放送予定』 

 

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程』

 

2

2017ACL『グループステージ E鹿島 F浦和 G川崎 Hガンバ 勝敗表』
2017ACL『グループステージ-東アジア地区出場クラブ、全日程-TV放映予定』  浦和レッズACL2017『浦和レッズACLグループF組試合スケジュール』
レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


浦和レッズトピックス『ドルトムント来日予定メンバー発表!地上波ライブ決定!+DAZN』

follow us in feedly


浦和レッズトピックス『ドルトムント来日予定メンバー発表!地上波ライブ決定!+DAZN』

 Jリーグが、Jリーグクラブ強化の為に新設したサマーブレイク期間(7月15日~23日)。海外から強豪クラブを招聘(招待)し、この期間に強化試合を行うことを目的としていますが、この開催にかかる費用は、Jリーグが前面的にバックアップしていると言う気合いの入れ様です。DAZN(ダゾーン)メディアを運営している英国パフォームグループとの莫大な契約金が活躍している様ですね。(笑)

 2017年度明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017は、7月15日『浦和レッズvsドルトムント』、7月22日『鹿島アントラーズvsセビージャFC』それぞれ2試合の開催が正式決定しています。

明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017『浦和レッズ vs ボルシア・ドルトムント』

 さて、7月15日の『浦和レッズvsドルトムント』戦に関して、ボルシア・ドルトムント側から来日予定メンバーが公式に発表され、また、当日の地上波ライブ中継、録画にてDAZN放送も決定しました。海外クラブとの強化試合で、全国中継の地上波ライブという凄い事にもなってしまいましたが、ここでもJリーグの気合いが伝わります(笑)

来日予定メンバーリストに続く・・・青文字は2017-2018シーズン新規加入の選手

sponsored links


明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017

浦和レッズ vs ボルシア・ドルトムント

7月15日(土)19:10キックオフ

埼玉スタジアム2002

フジテレビ系列にて全国生中継

DAZN(ダ・ゾーン)21:10~


来日予定メンバー

GK

1 ロマン・ヴァイデンフェーラー
38 ロマン・ビュルキ
39. ヘンドリク・ボンマン

DF

3 パク・チュホ
5 マルク・バルトラ
13 ラファエル・ゲレイロ
25 ソクラティス・パパスタソプロス
26 ウカシュ・ピシュチェク
27 ゴンサロ・カストロ
29 マーセル・シュメルツァー
37 エーリク・ドゥルム
エメル・トプラク
ダナクセル・ザガドゥ

MF

6 スヴェン・ベンダー
7 ウスマヌ・デンベレ
8 ヌーリ・シャヒン
9 エムレ・モール
10 マリオ・ゲッツェ
18 セバスティアン・ローデ
21 アンドレ・シュールレ
22 クリスティアン・プリシッチ
23 香川真司
24 ミケル・メリノ
30 フェリックス・パスラック
33 ユリアン・ヴァイグル

FW

11 マルコ・ロイス
17 ピエール・エメリク・オーバメヤン
マクシミリアン・フィリップ

  当然ですが、来日メンバーに変更があるとのことです。この来日予定リストの中には、現在、移籍マーケットに上がっている選手が多く入っており、中心メンバーとしては、マルコ・ロイスの『アーセナル・チェルシー・マンU・バルサ』等への移籍情報(長期離脱中の為、そうでなくても来日は難しい) 

 マリオ・ゲッツェは『リバプール』への移籍情報。ピエール・エメリク・オーバメヤンは『パリ・サンジェルマン』『天津権建』への移籍情報。香川真司についても『ニューカッスル』への移籍情報など様々な情報があがっています。

 7月15日までには、移籍や新規加入の情報が明らかになってくるかと思われますが、何れにしても、ドルトムントの選手層が落ちるという事は全くないと考えられます。(笑)。

 今回のドルトムント戦では、後任監督のピーター・ボス氏(オランダ)と阿部勇樹の2人の関係にも話題が挙がっています。ピーター・ボスは1996年・1997年・1999年にJリーグのジェフユナイテッド市原でプレーをしており、その当時、若き阿部勇樹とプレーをした仲間でもあります。

 現在は、ドルトムントの監督と浦和の選手という立場の違いはありますが、ある意味、18年振りの再会を記念する試合でもあり、ピーター・ボス氏と阿部勇樹の二人は再会出来る事を楽しみにしているのではないでしょうか。

 ブレイク期間と言ってもJリーグはシーズン中。ブンデスはシーズン前の調整中。身体の動きやキレに関しては浦和の選手の方が多少なりとも良いと思われますが、ドルトムントは、7月18日中国広州で開催されるインターナショナルカップでACミランとの対戦が予定されており、徐々にチームコンデションを上げてくる時期でもあります。

 2015年7月のドルトムントアジアツアー『川崎フロンターレvsドルトムント』戦では、ドルトムントが6-0で勝利という手加減一切無しの結果となりましたが、今年の浦和戦でも、欧州トップクラスに位置する格の違いや選手の力の差を見せつけられてしまうのでしょうか。

 香川真司のコンデションは万全なのか?ピエール・エメリク・オーバメヤンはどうなるのか?浦和の興梠とラファエルシルバのFW陣は得点を奪えるのか?関根、駒井のサイドアタックは通用するのか?真夏の埼スタで赤色と黄色のガチンコ勝負が見られるかと思うとワクワクしますね!

ドルトムント戦、本当に楽しみです。

それでは!

ドルトムントの成績添付しています。

sponsored links


ボルシア・ドルトムント- Borussia Dortmund (ドイツ)

設立年:1909年
ホームタウン:ドルトムント(ノルトライン=ヴェストファーレン州)
ホームスタジアム:ジグナル・イドゥナ・パルク
クラブカラー:黒、黄色
2015-16シーズン ブンデスリーガ 2位
2016-17シーズン ブンデスリーガ 3位 (第30節現在)

戦績:
ブンデスリーガ 優勝8回
ドイツカップ 優勝4回
ドイツスーパーカップ 優勝5回
UEFAチャンピオンズリーグ 優勝1回
FIFAインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ) 優勝1回
2015-16 UEFAヨーロッパリーグ ベスト4
2016-17 UEFAチャンピオンズリーグ ベスト8

sponsored links


ボルシア・ドルトムント関連トピックス!
浦和レッズトピックス『浦和レッズvsボルシア・ドルトムント』7月15日開催決定!
『ドルトムントのチームバスが爆破事件に遭う!』チャンピオンズリーグにて。
メディア関連投稿

浦和レッズトピックス『ファンタスティック4』『浦和四銃士』伊メディア  

浦和レッズトピックス『関根貴大、伊メディアからリトル・リベリと称される』

浦和レッズトピックス『シャペコエンセvs浦和レッズ スルガ銀行CS2017決定』

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



浦和インプレッション J1第8節『浦和レッズ 3-2 コンサドーレ札幌』

follow us in feedly


浦和インプレッション J1第8節『浦和レッズ 3-2 コンサドーレ札幌』
浦和ブレイクタイム J1第8節『浦和レッズ vs コンサドーレ札幌』5年ぶりの対戦! 

月22日(土)14:04

浦和レッズ 3-2 コンサドーレ札幌

浦和:ラファエル・シルバ(20分)関根貴大(40分)興梠慎三(74分)

札幌:兵藤慎剛(34分)福森晃斗(87分)

埼玉スタジアム2002 36,880人

 2012年以来、5年振りとなるコンサドーレ札幌戦。J1での対戦がこれだけ長い間なければ、今まで戦った実績がない、全く新たなチームとの対戦という見方になるのかもしれません。浦和は、札幌のチームスタイル、そして、選手のプレーやクセが全く掴めていない状態の中、いつもと変わらない『浦和スタイル』で試合をコントロールしていきます。

 絶好調の興梠、ラファエル・シルバに武藤が絡む柔軟で分厚いFW陣、両サイドアタッカーの宇賀神、関根の仕掛け、ボールを縦左右斜めに振りながら、札幌DF陣の隙間を狙う柏木など、今節の浦和の攻撃体制は、これまでのリーグ戦と比較しても、多彩な攻撃を仕掛け、多くのチャンスを演出していたのではないかと思われます。

 試合結果としては、興梠の巧みな動きで得たPK1を含む3得点を獲得し、リーグ4連勝へ繋ぐことが出来ましたが、内容的には得点結果以上の決定的なシュートや、強く鋭い多くの枠内シュートを放っていたのも事実。その浦和の多くの得点機を阻んだのは、札幌GKクソンユンです。

 クソンユンは、ポジション取りが上手く、長身を活かしたプレーで好セーブを連発。浦和GKが日本代表の西川だからか?相当な気合いを感じましたが、Jリーグの中でもトップクラスのGKに入るのではないでしょうか。本当に韓国には上手いGKが多いですね。

 また、札幌の得点で衝撃的なフリーキックを決めた福森晃斗には驚きました。ゴールマウスまでかなりの距離があった為、決めるのは先ず難しいだろうと予測していましたが、実際に蹴ったボールの高さや軌道は絶妙。西川から逃げる様なシュート回転でゴール右隅を突きさします。西川自身、福森とは初対戦だったのか?ポジション取りの甘さ、ボール軌道に対する準備が出来ていなかった様にも見えましたが、それでも、凄いフリーキックだった事は認めざるをえません。

 さて後半終盤に小野伸二が出場します。何とも言えない歓迎ムードと共にぬるい雰囲気が埼玉スタジアムに流れます。福森のフリーキックのキッカケも、最後にやや押された状況も、この雰囲気から始まったのではないでしょうか。浦和の勝利が決まった訳でもない中、勝てると言うおごり(雰囲気)から、小野伸二の出場を甘く見てしまったのかもしれません。

 何れにしても、苦しい時代の浦和に新人で入団してくれた当時の想い、チームの勝利に大きく貢献してくれた感謝、そして、日本を代表する偉大な選手であるという存在感の凄さが、その雰囲気にさせた証明ではないのでしょうか。最後にやや話しがずれますが、3-2と言う僅差の結果となった事で、エメルソン弾幕事件という過去の激しい争い!?が思い出されました(笑)。

それでは。


sponsored links


関連投稿ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 

sponsored links


浦和インプレッション J1第7節『FC東京 vs 浦和レッズ』連戦の中、価値ある勝利!

follow us in feedly


浦和インプレッション J1第7節『FC東京 vs 浦和レッズ』連戦の中、価値ある勝利!

 ACL上海上港戦から中4日となる試合で、流石に連戦中の疲れがあったのか、若しくは、FC東京の勝利に対する気持ちに押されたのか、恐らく理由は両方と考えられますが、

 浦和は守勢に回る時間帯を高い集中力で対応、ACL上海上港戦に続き、1-0と言う強かな戦い方で試合を終わらせる事が出来ました。

J1第7節 4月16日(日)14:00

FC東京 0-1 浦和レッズ

得点者:興梠慎三(14分)

味の素スタジアム 38,248人

  DAZN BS-1

sponsored links


 FC東京は、大久保嘉人、ピーターウタカの強力なFW陣が故障で欠場。今節の攻撃陣の柱は、高さのあるベテラン前田、スピード力が持ち味の永井、気持ちでプレーする阿部拓馬、それぞれ個性の異なる選手を組み合わせ挑んできました。

 その中でも、前田、阿部の2人は予想を超える活躍を見せ、浦和の中盤やDF陣に対し、強いプレッシャーでボールを奪いにくる動き、攻撃に切り替われば縦に突破する走力など、相手チームながら、そのスタミナには目を見張るモノがありました。

 ただ、もう一人の攻撃陣の永井に関しては、突破を仕掛ける動きは見られず、交代時にようやく『いた事』が判ったぐらい目立っていませんでしたね。

 何れにしても、FC東京の中盤からDFラインに至る選手の集中力は高く、長い間、浦和に勝てない状態が続いていることから、何が何でも勝利すると言う強い気持ちが伝わる試合でもありました。

 さて、浦和の戦況に話を変えたいと思います。

 時間の経過と共にFC東京の攻撃圧力が強くなる中、前半の早い時間帯に獲得した興梠の値千金のゴールは見事でした。ラファエル・シルバから繰り出されたDFのギャップを狙った絶妙なスルーパスを、絶妙なタイミングで縦に突破、GKを躱したシュートはゴールマウスへと吸い込まれます。

 このコンビネーションは試合中にも何度かトライしていましたが、この流れは浦和の得点シーンで多くみられるカタチとなりましたね。常に意識しながらトレーニングしていると思われ、日々の積み上げた成果が表れているのではないでしょうか。

 冒頭にも記述しましたが、ACL上海上港戦の激しい戦いでは、想像以上にスタミナを消費していたと思われ、今節のリーグ戦はかなり厳しいコンディション状態で挑んでいたと推測されます。ACL、リーグ戦が絡む厳しい連戦に入ると、やはりスターティングメンバー構成に変化がない事に懸念が挙がります。

 今節は菊池を先発させましたが、後半早々に交代。この様な連戦状態で、長澤、矢島、菊池、那須など、数人のメンバーを入れ替え先発させても良いのではないでしょうか。今シーズン、ペトロヴィッチ監督の掲げる『圧倒的に攻める美しいサッカー』を常に具現化したいのかもしれませんが、今節の様に守勢に回る試合があってもいいのではないでしょうか?

 試合後のペトロヴィッチ監督は『目指している美しいサッカーにはならなかったが、今日の環境下で勝利できるベストな選択肢をとった』とコメントしています。試合経過から状況判断し守勢に回った試合と言っています。守勢に回るからと言って攻撃しないわけでは無いはず。

 現状の浦和は、運や勢いで勝利をモノにしている訳ではない為、数人のメンバーを入れ替えた上でも、目指している美しいサッカーができるのか?実際に見てみたいモノです。これからの長いシーズンを乗り越える上で、持っている戦力をどう試し使っていくのでしょうか?

 いつもと同じ選手を使い続ける安心感と共に疲労と言うリスクは必ずあります。勿論、バックアップメンバーを使うリスクもあります。その選択肢に迷いが無く状況や環境に合せながら勝てるチーム構成が出来る様になれば、本当の意味でのトップチームになれるのかもしれません。

 何れにしても、連戦で疲労度の高い状況、そして気温も高い中、浦和にとって価値ある勝利になった事は間違いありませんね。FC東京戦、試合後のインプレッションはここまでとなります。

それでは

sponsored links


浦和ブレイクタイム J1第7節『FC東京 vs 浦和レッズ』大久保嘉人に注目か!? 

 


関連投稿ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表

sponsored links



浦和レッズトピックス『ファンタスティック4』『浦和四銃士』伊メディア

follow us in feedly


浦和レッズトピックス『ファンタスティック4』『浦和四銃士』伊メディア 

 少し前の話題となりますが、浦和の攻撃陣の4人のFW『興梠慎三、武藤雄樹、李忠成、ラファエル・シルバ』がイタリアメディアのサッカー専門サイト『トゥットカルチョ・エステーロ』に取り上げられており、『浦和四銃士』=『ファンタスティック4』と称され、2017年シーズンの活躍ぶりが紹介されています。

 シーズン開幕を告げるXROXスーパーカップの鹿島アントラーズ戦、ACLのウェスタンシドニーワンダラーズ戦、FCソウル戦、リーグ戦の横浜Fマリノス戦、セレッソ大阪戦、ヴァンフォーレ甲府戦までの公式戦6試合での20得点、その得点に至るまでのコンビネーションやゴールのカタチが評価されている様です。

 2015年ブンデスリーガ・ドルトムントにおいても、その年のスタートダッシュに貢献した『ムヒタリヤン、オーバメヤン、ロイス、香川』がドイツメディアで「ファンタスティック4」と称されていましたが、今回イタリアメディアから称された浦和四銃士『ファンタスティック4』もなかなかシャレの効いた例えとなっていますね(笑)。

 このメディアの紹介後においても、厳しい試合となったACL上海上港戦、リーグのガンバ戦でもラファエル・シルバは2得点を挙げ好調ぶりを維持。何れにしても、リーグ、ACLを制した上で称えられるホンモノの『ファンタスティック4』の存在に期待したいと思います。

それではまた!

関連トピックス

浦和レッズトピックス『関根貴大、伊メディアからリトル・リベリと称される』

浦和ブレイクタイム『浦和限定!2017公式戦全ての得点ランキング!』

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



浦和ブレイクタイム『浦和限定!2017公式戦全ての得点ランキング!』

TOP / HOME

浦和ブレイクタイム『浦和限定!2017公式戦全ての得点ランキング!』

 浦和レッズの所属選手に限定した得点王争い!2017年J1リーグ、ルヴァンカップ、第97回天皇杯、2017アジアチャンピオンズリーグ(ACL)、XROXスーパーカップに至るまで、浦和の選手が公式戦に記録した全ての得点を合算した得点ランキング表!及び各試合毎の得点者も記録しています。

 2017年浦和の得点力が凄いレベルになっています。例年以上に多くの得点が見られるのではないでしょうか?この中からJリーグ得点王が出るかもしれませんね。

2017浦和REDS得点ランキング

順位 選手名 J1 菓子杯 天皇杯 ACL XROX GTL
1 興梠慎三 19 1   4 1 25
2 Rシルバ 10     7   17
3 武藤雄樹 6 1 1 2 1 11
4 李忠成 3     4   7
ズラタン 2 3 2 7
5 柏木陽介 5 1 6
6 関根貴文 3     2   5
7 遠藤航 3 1 4
8 阿部勇樹 3         3
槙野智章 2     1   3
9 高木俊幸 1 1 2
10 駒井善成       1   1
  宇賀神       1   1
  森脇良太       1   1
  オナイウ     1     1
マウリシオ 1 1
OG 2         2
    59 2 6 28 2 97

2017浦和試合毎の得点者記録

〔2017浦和試合毎の得点者記録〕

日程 カテゴリー 対戦 得点1 得点2 得点3 得点4 得点5 得点6 得点7
10/18 ACL-2(準決) 上海 Rシルバ
10/01 J第27節 仙台 興梠 興梠 Rシルバ
09/27 ACL-1(準決) 上海 柏木
09/23 J第26節 鳥栖 マウリシオ 武藤
09/20 天皇杯4回 鹿島 ズラタン 武藤
09/17 J第25節 磐田 興梠
09/13 ACL-2(準々) 川崎 興梠 ズラタン Rシルバ 高木
09/09 J第24節 興梠
09/04 LV準々決勝 C大阪 武藤 興梠
08/27 J第23節 清水 遠藤 Rシルバ
08/23 ACL-1(準々) 川崎 武藤
08/19 J第22節 FC東京 興梠 興梠
08/09 J第21節 甲府 柏木
08/05 J第20節 大宮 興梠 柏木
07/22 J第22節 C大阪 ズラタン Rシルバ
07/12 天皇杯3回 熊本 高木
07/09 J第18節 新潟 阿部 Rシルバ
07/05 J第13節 川崎 槙野
07/01 J第17節 広島 興梠 武藤 ズラタン 関根
06/21 天皇杯2回 盛岡 ズラタン ズラタン オナイウ
06/18 J第15節 磐田 阿部 阿部          
05/31 ACLR16 済州U 興梠 森脇        
05/20 J第12節 清水 興梠 興梠 興梠        
05/14 J第11節  新潟  武藤 興梠 槙野 OG 関根 遠藤  
04/26 ACLmd5 ※WSW 関根 ズラタン Rシルバ Rシルバ 興梠  
04/22 J第08節 札幌 Rシルバ 関根 興梠        
04/16 J第07節 FC東京 興梠            
04/11 ACLmd4 上海上港 Rシルバ            
04/07 J第06節 仙台 興梠 興梠 武藤 興梠 OG 柏木
04/01 J第05節 神戸 柏木 遠藤 柏木        
03/19 J第04節 G大阪 Rシルバ            
03/15 ACLmd3 上海上港 Rシルバ 遠藤          
03/10 J第03節 甲府 興梠 武藤 Rシルバ      
03/04 J第02節 C大阪 武藤 興梠 Rシルバ        
02/28 ACLmd2 FCソウル 武藤 関根 宇賀神 駒井    
02/25 J第01節 横浜FM Rシルバ Rシルバ          
02/21 ACLmd1 ※WSW 興梠 槙野 Rシルバ      
02/18 XEROX 鹿島 興梠 武藤          

※WSW=ウェスタン・シドニー・ワンダーズ ※OG=オウンゴール

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!

浦和インプレッション『吉田監督、試合後インタビューさすがチャンピオンチームと語る!』

follow us in feedly


浦和vsヴァンフォーレ甲府 2017J1リーグ第3節 

2017年3月10日 19:33

浦和レッズ 4-1 ヴァンフォーレ甲府

得点(浦和)57分-興梠、60分-武藤、83分-李、92分-ラファエル・シルバ

得点(甲府)76分-ドゥドゥ

埼玉スタジアム2002 22,711人

DZAN / テレ玉)


浦和インプレッション『吉田監督、試合後インタビューさすがチャンピオンチームと語る!』

ヴァンフォーレ甲府、吉田監督の試合直後のインタビューにて、今日の試合の感想を聞かれ・・・。

 『予想していた通り、前半はやや浮足立ってしまったが、キーパーの岡が連戦の好セーブで抑えてくれたので、チームが落ち着きはじめた。後半、選手は勇気を出してアクセル踏んで攻撃してくれた。オープンな展開になるのは怖かったが、それからの失点シーンは、チームも自分も未熟なところ。ただ、そういうところを一瞬でしとめてくる浦和は、さすがチャンピオンチームだと思いました。』(ポイント抜粋)

 ヴァンフォーレ甲府、吉田監督さん的には、浦和はチャンピオンチームなんですね。この短いインタビューで、その事が垣間見れました。年間勝ち点1位=チャンピオンチームと純粋に捉えているのでしょう。なんだか妙にうれしいですね。

前半の浦和は、甲府のリズム、甲府の十中にハマった展開。

 前半の浦和は、甲府のリズム・テンポに合わせられてしまった展開。ボールポゼッションはかなり高かったが、見方によっては、自由に持たされていたと捉えられる。攻撃時は、バイタルエリアやアタッキングエリア内でのパスが繋がらず、パスの精度が低いのか?パスを受ける側のカタチが悪いのか?選手の強い気持ちが感じられず、これと言った盛り上がるシーンも無く、まったりとした前半となった。

 時間の経過と共に、甲府の適材適所のプレッシャーや、戻りの速い5バックの守備陣形が効きはじめ、浦和のビルドアップや攻撃リズムが狂わされてしまったと考えられる。何れにしても、前半戦は、甲府のやりたい展開となり、浦和は甲府の十中にはまっていたとも言える。

後半は、浦和自ら攻撃リズムを変えたこと、オープンな展開へと導き、打開!

 後半の浦和は一変。選手間の距離を大きくとり、森脇からサイドチェンジのロングフィード、青木から左右スペースを狙ったパス、遠藤の縦パスなどを多用。これに連動し、両サイドの縦へ突破する動きが目立つ様になり、特に右サイド関根の動きが活発に。

 浦和自ら仕掛けた流れから、両チーム選手の運動量が激しくなり試合が動き出す気配を感じる。何れにしても、浦和のビルドアップからオープンな展開に導いたことが、結果的には勝利に繋がる打開策になったのではないでしょうか。今日の関根は、いつも以上の運動量、諦めない守備、そしてフィニッシュに繋げた3アシストなど、大活躍でした。

 また、今季のFW陣はシュートに対して躊躇がなくなりました。ラファエル・シルバ、長澤、菊池、矢島の新たな存在が刺激となっていると思われます。いずれにしても、いつも勝ちきれない甲府に対して勝利する事が出来ました。リーグ連勝です。

 さて、3月15日(水)は、ACL上海上港との大一番が控えています。F組全勝対決でもあり、上海上港は2017年公式戦負けなしの好調ぶりをみせています。日中対決、東アジア注目の一戦となるのではないでしょうか?

とにかく応援!浦和、戦う準備をよろしくです!

それでは!

スポンサーリンク


【ここからは、当日試合速報のインプレッションとなります。】

浦和インプレッション『浦和vsヴァンフォーレ甲府』J1第3節-試合速報!

VSヴァンフォーレ甲府戦 2017J1リーグ第3節スターティングメンバー

GK 西川  DF 森脇、遠藤、槙野  M関根、青木、阿部(C)、宇賀神、武藤、興梠 FW  ラファエル・シルバ(SUB)  榎本、那須、駒井、菊池、矢島、李、ズラタン

前節のC大阪戦と同様スターティングメンバー。サブメンバーに関しては、長澤がベンチ外、駒井が入る。故障中の柏木はメンバー外。ボランチは2戦続けて、青木と阿部。

※ヴァンフォーレ甲府情報・・・


【東日本大震災から6年です。試合前に黙とうがあります。】

【前半開始 19:33~】【前半終了】0-0

【後半開始 20:35~】

【50分】0-0 甲府、キーパー含め、最終ラインはかなり堅い。

【55分】0-0 甲府、時間と共に守備に対する集中力が増す。現状の攻撃では、得点は遠い。

【56分】-0 興梠ゴール!右サイド、関根のクロスから、甲府のDFが引きずられるカタチ!

【59分】-0 武藤のゴール!右サイドの関根の長いアーリークロスからヘッドが決まる!

【60分】-0 甲府のゆっくりしたテンポ、浦和がスピード力で崩す!

【62分】-0 甲府、10番ドゥドゥが投入される。どのくらいやれるのか?

【65分】-0 ラファエルシルバ、武藤、興梠、決定的なチャンスは多いが・・・。

【70分】-0 ややオープンな展開に。中盤のボールの奪い合い、

【75分】-0 槙野に代わり駒井の投入!阿部が下がり、駒井がボランチへ。

【76分】-1 甲府、ウィルソン&ドゥドゥのコンビに、駒井、阿部の縦ラインを突かれる。

【80分】-1 武藤に代わり李忠成の投入!まだどうなるか、わからない!

【82分】-1 李のゴール!甲府DF混乱の中、関根がボールを奪い早いクロス!関根3アシスト!

【84分】-1 宇賀神に代わり那須投入!ボランチに遠藤をあげる。

【85分】-1 

【90分】-1 アディショナルタイム5分。

【90分+2分】-1 ラファエルシルバのゴール!シュート巧い!リーグ戦4ゴール目!

【試合終了】4-1 関根3アシストの大活躍!

興梠、武藤、李、ラファエル・シルバ、FW選手のゴールは観ていて面白い!

『浦和vsヴァンフォーレ甲府』J1第3節-試合結果インプレッションはまた改めて!

スポンサーリンク


浦和インプレッション『浦和vsセレッソ大阪』J1第2節-試合結果!

follow us in feedly


浦和インプレッション『浦和vsセレッソ大阪』J1第2節-試合結果!

浦和vsセレッソ大阪 2017J1リーグ第2節 

2017年3月4日 14:01

浦和レッズ 3-1 セレッソ大阪

22分武藤、37分興梠、52分ラファエル・シルバ(浦和)

59分マテイ・ヨニッチ(C大阪)

埼玉スタジアム2002 43,826人

DZAN / NHK総合)

 今節の試合結果インプレッションは攻撃面に絞ります。数試合戦ってきた状況では、フリーキックやコーナーキックからの失点が多く、守備面についても大きく気になりますが、またの機会とさせてください。

 Jリーグ第2節のセレッソ大阪戦。セレッソ側で大注目されていた清武は帯同せず、清武見たさで(笑)視察に来ていた日本代表監督ハリルホジッチ氏は相当に残念がっていた様です。清武以外にも多くの選手がいるのですから、しっかり見てほしいですね。

 さて、浦和の攻撃について、先ずラファエル・シルバの1トップ、興梠と武藤がシャドーのポジション、浦和初披露となる前線となりました。その中で、シャドーに入った興梠に注目しましょう。

 ラファエルとの距離感を保ちながら、サイドのスペースに流れる動きや、前線中央のクサビの役割、オフザボールの動きなど、コンディションも良いと思われますが、相変わらずの献身的なプレーは本当に『素晴らしい』の一言。トップに置かれたラファエルのボールコントロールやキープ力の巧さによって、興梠の持っているセンスが引き出され、今まで以上に多様性の動きが出ているのかと思われます。

 同じシャードポジションの武藤や李(後半出場)の動きに関しても、興梠やラファエルのプレーに刺激されているのか、スペースやギャップに抜け出す動きに無駄が無くなっている感じがします。今節においては、両サイドの関根、宇賀神からのクロスボールが少なかったのですが、シャドーの2人と入れ替わり、ボックス内に入り込んでくる動きが活発でした。

 状況によってはバイタルゾーンに5人が横一線に並んで、どのDFポジションの裏に入り込むのか、または、ギャップを狙うのか、そんな攻撃面が何度も繰り返されていましたね。

 ここから、ラファエル・シルバについて触れたいのですが、今節の3点目となるゴール、青木からのスルーパスをボールスピードを殺す事なく足元に受け入れたトラップは見事。体幹バランスの良さ、ボールコントロールの巧さ、アルビレックス時代も活躍していましたが、ここまで才能のあるプレーヤーとは思っていませんでした。

 前にスペースのあるドリブルからのシュートは勿論ですが、ボックス内におけるフェイントからのシュートも能力が高いと思われます。まだリーグ戦が始まったばかりですが既に3得点。楽観視はしていませんが、これまで以上に大きな結果を残す可能性があります。

 アルビレックス時代では、途中からの出場や交代が多かった為、スタミナに課題があるのか?プレーにムラがあるのか?その理由はわかりませんが、何れにしても、持っている得点能力に加え、守備面においても献身的なプレーに期待したいと思います。

 次節は10日のヴァンフォーレ甲府戦。甲府は大きく引いて守って、いい位置でボールが奪えたら、カウンターからの得点チャンスを狙ってくるサッカーと考えられます。決して戦い易いチームではありませんが、これまで勝点3の結果は多く出しています。侮ってはいけませんが、今の浦和であれば間違いなく勝てる相手。引いてくる守備陣形、狭いボックス内においても、その陣形を崩してからの得点に期待です。

そろそろ、菊池、矢島、長澤のいずれかを先発起用で見たいと思いますが。どうでしょうか?

それでは。

 sponsored links



【ココカラは、当日の試合速報に続きます・・・】

浦和インプレッション『浦和vsセレッソ大阪』J1第2節-試合速報!

浦和vsセレッソ大阪 2017J1リーグ第2節スターティングメンバー

GK 西川  DF 森脇、遠藤、槙野  M関根、青木、阿部(C)、宇賀神、武藤、興梠 FW  ラファエル・シルバ(SUB  榎本、那須、長澤、菊池、矢島、李、ズラタン

ラファエル・シルバが初先発。怪我の柏木はメンバー外。駒井は休息日か?那須、李はSUBからのスタート。ボランチは、阿部が復帰。

※セレッソ大阪情報  清武、水沼、GKキム・ジンヒョン(韓国代表)は怪我の為、本日の試合には帯同せず。

【後半】

後半開始 両チームのメンバー交代は無い模様。

50分 2-0 浦和48分、武藤の惜しいシュートがある! 

52分 3-0 ラファエル・シルバ、巧みなボールコントロールでゴール!青木からのスルー!

55分 3-0 埼玉スタジアム、盛り上がる!

59分 3-1 セレッソ大阪のコーナーキック、マテイ・ヨニッチに決められる。

60分 3-1 浦和、セットプレーの守備、高さ対策に課題!(今更ではないが・・・)

65分 3-1 

67分 3-1 ラファエル・シルバと李が交代!ラファエル・シルバ守備にも活躍!お疲れ様です。

70分 3-1 ややセレッソ大阪、攻撃に厚みが出てくる。

73分 3-1 青木と那須が交代!今日も幅広い守備に貢献しました、お疲れ様です。

75分 3-1 

80分 3-1 興梠とズラタンが交代!後半はかなり疲れていました。お疲れ様です。

85分 3-1 

90分 3-1 アディショナルタイム3分

【試合終了3-1】リーグ戦1勝目。1前半戦+ラファエル・シルバのゴールまでは浦和の攻守のバランスがかなり良かった。コーナーキックで失点してからは、セレッソ大阪のペースに。ここ数試合に共通して言えることが、フリーキックやコーナーキックの守備陣形、マークの付き方に課題あり。早めに修正してほしい。試合結果のインプレッションは後ほど。

それでは。

sponsored links


【前半】

試合開始時間14:01~

05分 0-0

10分 0-0 両チームに大きな動き、チャンスはなし。浦和のボールポゼッションが続く。

15分 0-0 森脇からのロングフィード、一発で武藤に繋がる。トラップが難しかったが惜しい場面。

20分 0-0 15~20分は、セレッソのボールポゼッション。

22分 1-0 興梠のスルーから武藤の右足が決まる!興梠と武藤の絶妙なコンビネーション!

25分 1-0 浦和、やや惜しい場面が続く。

30分 1-0 両チームに大きな動き、チャンスはなし。

35分 1-0 両チームに大きな動き、チャンスはなし。浦和のボールポゼッション。

37分 2-0 興梠のゴール!武藤の経由、ラファエル・シルバのシュートのこぼれ玉を決める!

40分 2-0 浦和のボールポゼッションが続く。

45分 2-0 アディショナルタイム2分を経過し、前半終了。

【前半終了2-0】興梠のパスセンス、動きの良さが目立つ。


【ココカラは、試合前に投稿したミニコラム!に続きます・・・】

浦和ブレイクタイム『浦和vsセレッソ大阪』J1第2節試合前ミニコラム
浦和ブレイクタイム『テーマは限定せず、試合前に気になる事をアップするミニコラム!(笑)』

 2月28日(火)ACL第2節FCソウル戦、怒涛の前半5ゴールの勝利から、中3日開けてのリーグ戦です。改めて認識しなければならない事は、ACLとリーグ戦は全く別モノの戦い。因みにリーグ開幕戦の横浜FM戦は厳しい敗戦結果で終えています。

 さて、リーグ戦第2節の相手は、J1昇格組のセレッソ大阪。毎年大きなニュースを振り撒いてくれるクラブなのですが、2017年のビックニュースは、日本代表の中核を担っている清武が、セビージャ(スペイン)から完全移籍したこと。移籍金は約6億円と言われており、日本人の逆輸入(笑)移籍としては、大型投資の補強となります。

【清武の移籍話へ続く・・・】

2017年、セレッソ大阪のビックニュース、日本代表の中核・清武の完全移籍!

 清武は、2012年にセレッソ大阪からブンデスリーガ・FCニュルンベルクへ完全移籍。その際、約1億円の移籍金がセレッソ側に支払われています。その後、ハノーファーを経由しセビージャに移籍、試合への出場回数が激減していましたが、日本代表の活躍や元々持っているサッカーセンスが高く評価されている事もあり、一時移籍金が8億円~10億円に上昇していた時期もあった様ですが、結果的には6億円で決着。

 2017年、ややバブル的(笑)な補強を行っているFC東京やヴィッセル神戸、更には米メジャーリーグのクラブなども獲得を狙っていたとも言われています。

 何れにしても、セレッソ大阪からすれば、2012年の移籍金1億円のキャッシュインから、今回6億円のキャッシュアウトで差し引き5億円の投資になった事を率直に見れば、クラブ挙げての強い獲得意思が伝わってきます。清武自身もJリーグに戻るなら、セレッソを一番の選択と考えていたのではないでしょうか?

 その清武ですが、軽い故障を抱えている為、開幕戦に続いて浦和戦に出場するか微妙?と報道されていましたが、直前情報では、浦和戦に帯同、コンディションによっては出場もありうると言われています。久しぶりの清武、見てみたいですね。報道カメラマンの人数も多いかもしれません。

セレッソ大阪の注目プレーヤー、山口、清武だけじゃない!

 さて、今季のセレッソ大阪ですが、若手から中堅どころを揃えた、ある意味、セレッソ大阪らしいメンバー構成。その中で注目選手に挙げられるのは、

 GKキム・ジンヒョン(韓国代表)、FWカルド・サントス(ブラジル)、MFソウザ(ブラジル)、DFマテイ・ヨニッチ(クロアチア)、MF清武弘嗣(日本代表)、MF水沼宏太(FC東京・レンタル獲得)、MF 山口蛍(日本代表)、FW 柿谷曜一朗(日本代表予備登録)、FW杉本健勇(日本代表予備登録)、MF 関口訓充・・・になるでしょうか?

 GKキム・ジンヒョンはハイボールに強く、普通に入れるだけのコーナーキックやフリーキックは簡単にキャッチされると思われます。速いアーリークロスやオフザボールの動きで惑わす事により、隙が生じるかもしれません。ボランチ山口や(清武)から出されるダイレクトなフィードボールは、浦和のDF裏スペースやサイドのスペースを狙ってきます。バイタルソーンでの柿谷、杉本、関口の3人が絡みながらの攻撃は、動きに俊敏性があり、DFのギャップやオフサイドラインぎりぎりを狙っくるかと思われます。ソウザ(水沼)の直接フリーキックは警戒です。

VSセレッソ大阪との通算対戦成績は?

 最後になりますが、対戦成績について。セレッソ大阪との通算対戦成績は13勝6分13敗。浦和ホームゲームにおいては、6勝4分6敗。完全な五分の状況となります。因みに、2012年浦和ペドロピッチ体制からの対戦は、1勝3分2敗で勝ちきれない試合が多い状況。個人的にはセレッソ相手には大量失点で負ける印象が強く、若さ溢れる動き(笑)に翻弄されてしまうイメージがあります。

清武のJリーグ復帰戦となるのか?『周囲のザワつき』に惑わされない様、結果を出して欲しい!

 今や日本代表の軸となった清武のJリーグ復帰戦となるのか?いずれにしても報道関係注目の一戦となると思われ、浦和としては、『清武の話題、周囲のザワつき』に持っていかれない様、且つ、試合でもやられない様、集中して挑んで結果を出して欲しいと願います。

それでは。

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


浦和インプレッション『横浜Fマリノスvs浦和』2017J1第1節試合結果!

follow us in feedly


浦和インプレッション『横浜Fマリノスvs浦和レッズ』2017J1リーグ第1節試合結果!

2017J1リーグ第1節試合結果

2017年2月25日(土)12:35キックオフ 

横浜F・マリノス3-2浦和レッズ

得点者(横浜FM)13分ダビド・バブンスキー 86分ウーゴヴィエイラ 90分+2分前田直輝(浦和)63分・65分ラファエルシルバ

日産スタジアム 39,284人(DAZN/TVK)

sponsored links


開幕戦、後半30分過ぎから浦和の守備がバタつき始め、試合を収める事ができない展開に・・・

 浦和が2-1でリードしている後半時間30分過ぎ辺りから『追い付かれたくない、早く追加点を獲りたい、早く時間が経過して欲しい』推測になりますが、そんな思いが選手それぞれに高まる中、徐々に守備体系がバタバタし落ち着きのない状況に。意図しないバックパスが増え、GK西川から余裕が消えていきます。

 浦和の最も危険な雰囲気『弱腰、逃げ腰のオーラ』が見え出すと、横浜FMのプレッシャーの強さから、精神的にも追い込まれます。その流れの中、86分の失点で同点、その焦りから攻撃陣も決定機を逃してしまう悪いパターンへ。逆にロスタイム、横浜FMの決勝点となる失点を与えてしまい敗戦

 試合後のペトロビッチ監督のインタビューにおいて、『今日の敗因は、齋藤学1人にやられた』と発言していましたが、果たしてそれが全ての答えなのでしょうか?斎藤学は、体力を巧く使いながらドリブルスピードが落ちる事なくプレー、確かに本人の動きがキレていたのは間違いありません。

 最初の失点ですが、齋藤のドリブルスピードによって森脇が簡単に剥がされ、浦和DF陣がそのフォローに入った事でバイタルエリアがガラ空き状態に。齋藤からのマイナスボールを受けたダビド・バブンスキーが難なくゴール。ロスタイムの失点は、齋藤のドリブルに対し、森脇は後方にズルズル下がるだけのディフェンス。齋藤は簡単にバイタルエリア付近までボールを持ち込み、空いたスペースへパス。それを受けた前田直輝が見事な決勝ゴール。

 全く同じ流れの失点が、前半13分とロスタイム92分に観られましたが、果たして偶然の一致なのでしょうか?あくまでも推測ですが、齋藤学を自由にやらせてしまったのは、ベンチ(監督)の指示が徹底していなかった事が最大の原因なのではないでしょうか?

 そして、その2得点に絡んだ森脇のディフェンス面の厳しさが露呈したのも事実。

 森脇については、前がかりの状況で攻撃に絡む際の前線への運動量や、後方からのサイドチェンジ、前線へのフィードボールなど評価出来るプレーはあるのですが、

    逆に相手の攻撃プレッシャーが強くなると、ボールを持った時の判断の遅さが出始め、ボールをこねるクセや、危険な距離感でのバックパス、軽率に見える体の寄せなどが目立ってきます。

迷いのあるチーム状態!?次節までに選手起用、修正箇所を明確にして試合に挑んで欲しい。

 今節開幕戦では、後半から浦和の攻撃のカタチがつくられ、数少ないチャンスを決めたラファエル・シルバの決定力で一時は逆転したものの、勝点3で試合を収める戦い方、アウェイ最低条件の『負けないこと』も出来ずに、開幕戦から厳しい試合内容となりました。

 ACL第1節のウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦を除けば、2016年のチャンピオンシップ第2戦の鹿島戦ドロー、天皇杯の川崎戦PK戦で敗戦、ゼロックススーパーカップの鹿島戦で敗戦、今節開幕戦の横浜FM戦の敗戦、シーズンの切れ目があったものの、ここ直近の公式戦においては守備面においてバタつく試合が続いており、結果が伴わない状態が続いているのも気になります

 シーズンが始まってまだ1試合ですが、昨年の終盤戦あたりから何かチームがギクシャクしている様な、迷いがある様な気がしてなりません。

    最近ですが、遠藤航の発言で『浦和は練習時から緊張感に欠けている一面がある、年齢に関係なくチームに刺激になる発言をしていきたい』とあり、あえて鼓舞している様な表現に感じたのですが。

 次節ホームゲーム、セレッソ大阪戦における戦略、更にACL第2節のFCソウル戦の戦略、何れにしても、取返しのつかないマイナス要因にならない様、選手起用と修正箇所を明確にしてチームコンディションを調整して欲しいと願います。

それでは。


sponsored links



【続いて、試合の数日前に投稿!浦和ブレイクタイム!です!】

『浦和ブレイクタイム!』テーマは限定せず、試合前の気になる事をアップする短いコラム!

 いよいよ、2017年のJリーグが25日に開幕!浦和はアウェイで横浜Fマリノスとの対戦となります。

 2012年からペトロヴィッチ体制になった浦和とマリノスとのリーグ対戦成績は、4勝4敗2分で完全に五分の状態。浦和サイドからの視点になりますが、なぜか睨み合いと言うか、様子を伺う展開が多い様に感じます。言い方を変えれば地味な試合が多いとも言えます(笑)。

 シュートを打ち合う派手な展開は記憶にありませんが、浦和が何もできず一方的やられた試合の記憶は残っています。2015年8月の0-4の試合の時は何もやらせてもらえず、特に中村俊輔の絶妙なゴールの記憶は未だに残っています。

 因みに、昨年2016年は2試合共に地味な(笑)ドローゲーム。今更ですが、最終節はもう少し盛り上がって欲しかったですね。

そう言えば、マリノスのベテラン・主力選手の移籍が凄いことになっていますね。

 あの中村俊輔はジュビロ磐田へ、兵藤慎剛はコンサドーレ札幌、ファビオはガンバ大阪、そして榎本哲也が浦和に。移籍退団で話題となっていた齋藤学は結局残留。中沢の年棒契約も大きく下がった?とニュースに上がっていましたね。

 当初は選手総入れ替えでもするのか!?ぐらいまで思いましたが、事実、外国籍選手の補強には相当に力をいれている様です。FWウーゴ ヴィエイラ(ポルトガル28歳)MFダビド バブンスキー(スペイン22歳)DFミロシュ デゲネク(オーストラリア22歳)3人の外国籍選手が新規加入。

 MFマルティノス、DFパク ジョンスを加えると外国籍枠5人をフルに使っているカタチとなります。実際に出場できるのは3名までなので、どんな組み合わせになるのか見モノです。名古屋からMF扇原貴宏も獲得。2017年以降のマリノスはクラブの根本から大きく変わろうとしている感じがしますね。

 浦和はACL第一節のオーストラリア・アウェイゲーム、ウェスタンシドニーワンダラーズに4-0の快勝。ゼロックススーパーカップからの連戦の疲れは溜まっているのでしょうが、高いモチベションはしっかりと維持されているかと思います。

 開幕戦はどんな試合展開になるでしょうか?何れにしても浦和の勝利に期待です。

それでは。 

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!