浦和インプレッション ACL2017 4.11『浦和レッズvs上海上港』試合結果!

follow us in feedly

浦和インプレッション ACL2017 4.11『浦和レッズvs上海上港』試合結果!
ACL2017-MD4  

浦和レッズ 1-0 上海上港

月11日(火)19:30

得点者:ラファエル・シルバ(44分)

埼玉スタジアム2002 21,858人 

 録画した試合を改めて見直しましたが、ACL第4節の浦和vs上海上港戦、本当に面白く痺れる試合でした。浦和、上海上港、両チームの選手や監督のプライドがぶつかり合った勝負が見られたと思うのですが、皆さんはどう捉えましたか?

 先ずは浦和の勝利に繋がった値千金の得点シーンから入りましょう。上海バイタルエリアから、青木は大胆なドリブルフェイントでオスカルを躱し、強くて早い縦パスをズラタンに預ける。ズラタンの足元にボールがビタッと収まり、落ち着いてフリーポジションのラファエル・シルバに横パスを流す。

 上海DFが3人が壁になっていましたが、軽いタッチのフェイントで隙間を作り出し、そこを狙った柔らかなカーブのかかったシュートが左隅決まる!GKもフェイントで動かされていた為、ボールへの飛び付く判断も遅れていたと考えられますが、毎度の事ながらラファエル・シルバのシュートテクニックは凄い!

 試合展開としては、多くの見どころ(ポイント)がありましたが、先ずは、宇賀神、駒井の両サイドデュエルの勝負に凄みがありましたね。宇賀神はDF傅歓、FW呂文君と常にやり合い、DF傅歓においては負傷交代に追い込むまでの強さを見せましたね。

 また、駒井の攻守に渡る活躍も目を見張るモノを感じました。小柄ながらも強いフィジカルの守備。長い距離をドリブルで突破するパワーや果敢に狙うシュート、危険な場面にも貢献できる対応力。終始、休む事なく動いていました。

 対する上海上港は、オスカルに注目。僅かなギャップがあれば、エウケソンや武磊への縦パスや、ふり幅の短い強いシュートを狙うなど、その高いスキルを持った動きは脅威の存在に。浦和バイタルやペナルティーエリアでボールを持たせたら、なにを仕掛けて来るのか?惑わせる動きは本当に巧い。柏木との駆け引きで獲ったPKは、敵ながら流石の倒れ方でした。また、呂文君&武磊の縦へのスピードある突破力も脅威でしたね。

 上海上港のサッカースタイルは、オスカル・エウケソン・フッキ(今回欠場)のブラジルトリオを完全に攻撃の核とし、その3人を除く全ての選手がそのトリオの巧みな攻撃を実現させる為に、縦横無尽に走る、守備で負けない、簡単に倒れない、休まない、アンドレ・ヴィラス・ボアス監督の指揮に従い、その規律を守りながら賢明にプレーしている姿は、サッカーの巧さとは異なる、真にデュエルに勝つ凄みを感じるモノでした。

 何気に見過ごされている事かもしれませんが、上海上港で交代したDF 傅歓やボランチ・ オディル・アフメドフの2人は、もの凄い運動量で身体を酷使しながら、守備に貢献。その結果の負傷交代。この2人の交代時、アンドレ・ヴィラス・ボアス監督は心配する素振りは全く見せず、当然の様に、交代選手を呼び寄せる姿がありましたが、監督自身の勝負に賭ける強い気持ちが伝わってきましたね。

 このレベルでチーム作りをしていれば、中途半端なフィジカルでは試合には出場できないと選手自身が理解しているのではないでしょうか。フッキに代わって出場したFW呂文君があれだけの運動量を終始発揮していたのも納得できます。

 さて、ホーム埼玉スタジアムで浦和は自分達のサッカーが出来たのでしょうか?見方によっては上海上港のアンドレ・ヴィラス・ボアス監督の策によって、浦和の良さが封じ込まれていた面があるかと思います。勿論、その逆もあるかと思われますが。

 また、結果的に2本のPKを与えてしまった浦和の守備面、西川が神がかっていた運の良さ?オスカルの焦り?で得点にならなかったものの、冷静に振り返れば、上海上港の攻撃圧力に対応出来ていなかった事は明確な事実。これについては、大きな課題になったのではないでしょうか。

 課題をしっかりと検証し、守備面に強かさを身につけて欲しいと思います。何れにしても勝点3を獲得出来たことにより、ACLグループステージ突破が現実的になってきたのは間違いありません。次節ウェスタンシドニーワンダラーズ戦の勝利に期待しましょう。

それでは。

sponsored links


NEW〔ACL第4節までの勝敗表〕

順位 F組 勝点 得失
浦和 9 3 0 1 +7
上海 9 3 0 1 +5
SOL 3 1 0 3 -4
WSW 3 1 0 3 -8

当日の試合経過速報インプレッションはここから下になります⇩!

浦和インプレッション ACL2017 4.11『浦和レッズvs上海上港』試合経過速報!
月11日(火)19:30~試合終了

得点者:ラファエル・シルバ(44分)

埼玉スタジアム2002 21,858人 

スカパー581ch

浦和REDS

〔スターティングメンバー〕

GK 西川  DF 森脇、遠藤、槙野 

MF 駒井、青木、阿部、宇賀神、柏木 FW ズラタン、ラファエル・シルバ

〔サブメンバー〕

榎本、那須、長澤、菊池、矢島、武藤、李

 両サイドは宇賀神、駒井、ダブルボランチは阿部、青木。好調の柏木をトップ下に配置。ズラタンとラファエル・シルバの2トップは初めての組み合わせでしょうか?楽しみですね。 

 関根については体調を考えメンバー外にしています。賢明な判断だと思われます。興梠は前節レッドカードをもらい出場停止処分。後半は武藤、李の投入は間違いないでしょう。状況によって、那須、菊池、長澤の投入も考えられます。

 本日の試合、このごろ気分が良いんじゃないか?と思われる(笑)、代表監督ハリルホジッチが視察との事。好調の柏木、駒井、青木なんかもアピールできたら良いですね。

 上海上港、フッキが故障で欠場。エウケソン、オスカル、アメドフ、武磊Wu Leiの攻撃陣は変わらず。埼玉スタジアムの天候コンディションは強い風と雨で悪条件。気温11度、湿度60%

19:30試合開始からテキストライブ配信致します!〔5分おき〕

前半開始!

(00分)試合開始!浦和のキックオフ!ラファエルシルバのシュート、いきなりポストに!惜しい!

(05分)0-0浦和のホーム。落ち着いたパス廻しで攻撃している。

(10分)0-0お互いにビックプレー、痺れるシーンはなし。

(15分)0-0浦和の2トップ、ボールを引き出す動きがなく、上海のゾーンディフェンスが破れない。

(20分)0-0オスカル、エウケソンのキープ力、上海の攻撃にリズムが出てくる。浦和も個の力や仕掛けが必要か!

(25分)0-0上海の7番、武磊Wu Leiは縦へのスピードがある。遠藤も必死のディフェンス。徐々に試合が動き出してきたか。

(30分)0-0やや1対1で浦和の選手が負けているか。上海の選手は体幹がいい。浦和の選手は濡れたピッチで転ぶシーンが多い。オスカルのキープ力が凄い。ボールが奪えない。

(35分)0-0上海、決定機を外す!浦和のDF陣が揺さぶられる。時間を追うごとに上海のプレーに翻弄され、そのプレッシャーで攻められているか。

(40分)0-0浦和、パスミスが多く、プレーが雑。1対1の勝負で仕掛けない為、相手のプレスがより強くなってきた。

(44分)-0青木➤ズラタン➤ラファエルシルバのゴール!バイタルエリアから青木が縦にドリブルを仕掛けオスカルを躱す、狭いエリア内のズラタンへパス、ズラタンが落ち着いてラファエルシルバへ受け流す。上海DF陣が多かったが、ラファエルシルバの巧みなシュートがゴール左隅に決まる!本当にシュートが巧い!

(前半終了)-0浦和リードで前半終了!

後半スタートは20時33分ぐらいから・・・

後半開始!

(00分)47分、エウケソンの強烈なシュート!西川両手で弾く!

(50分)1-0上海の攻撃プレッシャーが強くなる!凄い!上海のコーナーキック、既に3本!

(55分)1-0西川のミス、その後、好セーブ、上海決定機外す!ズラタンのシュート!惜しい!試合が目まぐるしく動く!全く落ち着かない!

(60分)1-0上海の7番、武磊Wu Leiは縦へのドリブルスピードが本当に凄い!浦和のDF2人が躱される。恐ろしい!青木、ズラタンがOUT、武藤、李を投入!ペナルティーエリア内で柏木がオスカルを倒す!?オスカルの倒れ方、本当に上手かった・・・上海PK獲得!

(65分)1-0オスカルのPKを片手1本で止める!西川、気合いが凄い!雨風がやむ。相変わらず上海の攻撃プレッシャーが強い!PK後のオスカルのプレーがキレ過ぎ、止められない。西川も凄い、無回転シュートを片手でセーブ!

(70分)1-0浦和、カウンター攻撃を狙うが決まらず!ペナルティーエリア内で槙野がハンド、あの手の出し方はまずい。またも上海PK獲得!

75分)1-0オスカル、今日2本目のPKを見事に外す!西川との駆け引きで焦ったのか?ゴールマウスから大きく外す!その後、オスカルの地を這う決定的な無回転シュート、西川好セーブ!神がっている!ハリルも見てるぞ!

(80分)ラファエルシルバOUT、那須投入!守りを固める策か!オスカルvs柏木+遠藤の1vs2、こんな守備、Jリーグでは見た事がない!

(85分)1-0上海11本のシュート!上海選手のデュエルが強い!ぶつかり合っても倒れない!

(90分)1-0ロスタイム4分!浦和ゴール裏に気合い!久々にいいぞ!

(90分+2分)1-0

(90分+3分)1-0

(試合終了)

ウィーアーレッズ!の大合唱!痺れる試合でした。

 今節の上海上港はアウェイだったからか?ACL3節のホームよりもサッカーの質?が高く、気合いもが違っていた。オスカル、エウケソン、武磊Wu Leiの前に前に攻めてくるドリブル、常に狙っている縦方向へのスルー、そして、強いシュート。Jリーグでは見られない凄みを感じましたね。

 フッキがいたらどうなっていたか。慣れ親しだJリーグの試合を続けていたら、これだけ攻めてくるクラブに何れは対応できなくなるのでは?と危機感を感じる。1対1の勝負、果敢に攻める勇気、マイボールに対する執着心、プレスの強さ、さぼらない運動量、上海上港、アンドレ・ヴィラス・ボアス監督は次元の違うサッカーを展開していたと思われる。西川の活躍で勝利はしましたが、多くの課題が出たのでないでしょうか?

浦和レッズ 1-0 上海上港

得点者:ラファエル・シルバ(44分)

埼玉スタジアム2002 21,858人 

sponsored links


関連投稿

最新 浦和ブレイクタイムACL2017第4節『浦和REDSvs上海上港』試合前リサーチ 

浦和インプレッションACL2017第3節『上海上港vs浦和』試合結果!

浦和ブレイクタイムACL2017第3節『上海上港vs浦和』試合前リサーチ

浦和レッドピース『2017ACL浦和レッズと対戦か! 上海上港オスカル、フッキ!』

2017ACL 浦和と対戦! 上海上港リカルド・カルヴァーリョを獲得!

浦和レッドピース『2017ACL中国スーパーリーグの出場クラブはやっぱり凄い!?』

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



浦和ブレイクタイム『浦和限定!2017公式戦全ての得点ランキング!』

TOP / HOME

浦和ブレイクタイム『浦和限定!2017公式戦全ての得点ランキング!』

 浦和レッズの所属選手に限定した得点王争い!2017年J1リーグ、ルヴァンカップ、第97回天皇杯、2017アジアチャンピオンズリーグ(ACL)、XROXスーパーカップに至るまで、浦和の選手が公式戦に記録した全ての得点を合算した得点ランキング表!及び各試合毎の得点者も記録しています。

 2017年浦和の得点力が凄いレベルになっています。例年以上に多くの得点が見られるのではないでしょうか?この中からJリーグ得点王が出るかもしれませんね。

2017浦和REDS得点ランキング

順位 選手名 J1 菓子杯 天皇杯 ACL XROX GTL
1 興梠慎三 19 1   4 1 25
2 Rシルバ 10     7   17
3 武藤雄樹 6 1 1 2 1 11
4 李忠成 3     4   7
ズラタン 2 3 2 7
5 柏木陽介 5 1 6
6 関根貴文 3     2   5
7 遠藤航 3 1 4
8 阿部勇樹 3         3
槙野智章 2     1   3
9 高木俊幸 1 1 2
10 駒井善成       1   1
  宇賀神       1   1
  森脇良太       1   1
  オナイウ     1     1
マウリシオ 1 1
OG 2         2
    59 2 6 28 2 97

2017浦和試合毎の得点者記録

〔2017浦和試合毎の得点者記録〕

日程 カテゴリー 対戦 得点1 得点2 得点3 得点4 得点5 得点6 得点7
10/18 ACL-2(準決) 上海 Rシルバ
10/01 J第27節 仙台 興梠 興梠 Rシルバ
09/27 ACL-1(準決) 上海 柏木
09/23 J第26節 鳥栖 マウリシオ 武藤
09/20 天皇杯4回 鹿島 ズラタン 武藤
09/17 J第25節 磐田 興梠
09/13 ACL-2(準々) 川崎 興梠 ズラタン Rシルバ 高木
09/09 J第24節 興梠
09/04 LV準々決勝 C大阪 武藤 興梠
08/27 J第23節 清水 遠藤 Rシルバ
08/23 ACL-1(準々) 川崎 武藤
08/19 J第22節 FC東京 興梠 興梠
08/09 J第21節 甲府 柏木
08/05 J第20節 大宮 興梠 柏木
07/22 J第22節 C大阪 ズラタン Rシルバ
07/12 天皇杯3回 熊本 高木
07/09 J第18節 新潟 阿部 Rシルバ
07/05 J第13節 川崎 槙野
07/01 J第17節 広島 興梠 武藤 ズラタン 関根
06/21 天皇杯2回 盛岡 ズラタン ズラタン オナイウ
06/18 J第15節 磐田 阿部 阿部          
05/31 ACLR16 済州U 興梠 森脇        
05/20 J第12節 清水 興梠 興梠 興梠        
05/14 J第11節  新潟  武藤 興梠 槙野 OG 関根 遠藤  
04/26 ACLmd5 ※WSW 関根 ズラタン Rシルバ Rシルバ 興梠  
04/22 J第08節 札幌 Rシルバ 関根 興梠        
04/16 J第07節 FC東京 興梠            
04/11 ACLmd4 上海上港 Rシルバ            
04/07 J第06節 仙台 興梠 興梠 武藤 興梠 OG 柏木
04/01 J第05節 神戸 柏木 遠藤 柏木        
03/19 J第04節 G大阪 Rシルバ            
03/15 ACLmd3 上海上港 Rシルバ 遠藤          
03/10 J第03節 甲府 興梠 武藤 Rシルバ      
03/04 J第02節 C大阪 武藤 興梠 Rシルバ        
02/28 ACLmd2 FCソウル 武藤 関根 宇賀神 駒井    
02/25 J第01節 横浜FM Rシルバ Rシルバ          
02/21 ACLmd1 ※WSW 興梠 槙野 Rシルバ      
02/18 XEROX 鹿島 興梠 武藤          

※WSW=ウェスタン・シドニー・ワンダーズ ※OG=オウンゴール

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!

浦和レッズレポート『浦和レッズvsガンバ大阪J1リーグ2ndステージ14』


2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ14‎

2016年10月01日(日)14:09

埼玉スタジアム2002

浦和レッズ 4-0 ガンバ大阪   

(浦和)6分-高木俊之 50分-武藤雄樹 83分-宇賀神友弥 87分-ズラタン

観客人数 43,415人

 

sponsored links


阿部勇樹、本日付けでJ1リーグ戦500試合出場となりました。凄い!

阿部勇樹、j1リーグ500試合出場となった今節、プロ人生で大きな節目となる記念試合となりました。ただ、本人的には、これからまだ重要な試合が控えている為、周囲であまり騒がないでほしいと、いつも通りのクールな発言をしていますね。今日も守りの要となり、攻めのスイッチとなるスルーパスやサイドチェンジのパス、そして後半になっても前線へ走り込むスタミナ、本当に安定した流石のプレーで魅了してくれました。既に浦和のレジェンドである阿部ですが、これからの活躍にまだまだ期待しています。プレーの質が本当に凄すぎです!

浦和の冷静さ、守りの意識が勝り、遠藤保仁の怖さが全く感じられなかった・・・

浦和はいつも以上に冷静なボール廻し、そして、競り負けないディフェンスに終始徹底していましたね。苦手意識のあるガンバ相手に、過去の事を全く感じさせない試合運びが出来ていたと思います。前節の広島戦とは真逆で、4-0の得点以上に浦和が圧倒していたと感じました。浦和へのひいき目ではありません。勢いだけの一過性の印象と言う見方ではなく、サッカー自体の質の高さ、レベルの違いを魅せつけてくれたと思います。大きな差と感じたのは、浦和の中盤におけるボールの奪い合い(争い)に、阿部、柏木、遠藤航、森脇、宇賀神、それぞれが、ボールを持ったガンバ選手へのプレスや囲みの対応が早く、かなりのプレッシャーを与えていたこと。ガンバの意図的ではない、多くのバックパスや横パスがあったこと、逆に前線へのスルーパス、フィードパスが殆どなかった点でも、その事が伺えます。それに関係し、遠藤保仁に決定的な仕事をさせずに途中交代に追い込めた事が大きいと感じました。90分間の中で必ず訪れる、試合の流れを変えられてしまう怖いプレーがなかった事、本人のコンディションが悪いのかもしれませんが、ガンバの大きな核であり、古い言い方ですが、司令塔である為、遠藤保仁が静かな状態の時は本当に有り難いと思ってしまいますね。

阿部の安定した凄さ、柏木のパスセンスと粘りある守り、途中交代からの青木の熱いプレーが浦和の中盤を支えている。

阿部の事は最初に記述していますが、柏木のプレーも躍動感があり良かったですね。パスセンスはこの時期に入り、より上がってきている感じがします。ボールを保持している時に、相手選手からのプレッシャーレベルにもよりますが、後ろに戻すパス?が徐々に減ってきている様に感じます。また、最近は日本代表レベルに意識を合わせているせいか、スピードのある縦パスが多くなっていますね。守りにおいても、体をぶつけながら競り負けない粘りをみせてくれますね。最後になりますが、途中交代で入る青木は地味で堅実なプレーヤーに映ってしまいがちですが、本当に強くて熱いプレーが目立ちますね。ここのところ毎試合思うのですが、90分間通じて見てみたい楽しみなプレーヤーの一人です。大宮時代に代表に呼ばれた実績は承知はしてますが、これから、更に化けそうな気配を感じるので・・・大いに期待し注目していきたいと思っています。

次は、来週の菓子杯(笑)2連戦となります!決勝の舞台、埼玉スタジアムに向けて大いに期待をしましょう!

それでは!

関連レポート 浦和レッズレポート『ガンバ大阪vs浦和レッズJ1リーグ1stステージ10』

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


follow us in feedly


浦和レッズレポート『ヴィッセル神戸vs浦和レッズJ1リーグ2ndステージ10』

2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ10‎

2016年8月27日(土)19:05

ノエビアスタジアム神戸

ヴィッセル神戸 2-1 浦和レッズ

(神戸)33分-ペドロジュニオール 54分-渡邉千真

(浦和)78分-ズラタンリュビヤンキッチ

観客人数 14,877人

sponsored links


浦和レッズ2連敗、攻撃陣が噛合っていない・・・

浦和レッズ、2連敗です。 川崎フロンターレ戦においても感じましたが、攻撃陣が噛合っていません。 李、武藤の玉離れが悪く、神戸DFのプレッシャーに引っ掛かってしまう場面が多く観られ、その事で気持に焦りを生み、幾つかの決定機を逃してしまいました。 また、興梠に関してもオリンピックからの疲労感が抜けていないのか? フィニッシュ時における体のキレがありませんでしたね。

興梠のメンタル面と体調が気になる・・・

その興梠のメンタル面と体調が気になるのですが、前節の川崎戦で後半出場した際、動きに精彩が無く、神戸戦でもその悪い流れを引きずっていた様に感じます。 ボールを収めるプレーやボールキープ力は相変わらず上手いのですが、縦方向への意識が消極的になっているのか? ゴール前へ飛び出す動きが殆ど観られませんでしたね。 オリンピック予選敗退の責任を引きずっているのか? メンタル面と共にコンディションも落としてしまっている感じがします。 水曜日のルヴァンカップ準々決勝アウェイ・神戸戦には帯同するのをやめるか? もしくは、ベンチ控えに置いて試合を観させるか? 何れにしても、悪いコンディションで出場させるよりも、この時期に少し体を休ませる機会も必要かと思います。    

ヴィッセル神戸、今シーズンで一番状態が良いかも!?

当初から言われていたミラーゲームは予想どうりで、勝敗はどっちに転んでもおかしくない内容だったと思います。 サイドポジションの攻守、ボールを奪ってからのカウンター、バイタルエリア付近でのボール廻し、縦方向への突破意識など、全ての面において神戸は浦和をやや上回っていたかと感じます。 今のヴィッセル神戸はシーズン中で一番状態が良いかもしれません。 さて次節はリーグ戦とはやや勝負の意識が異なるルヴァンカップ準々決勝、神戸2連戦となります。 今節のリーグ戦では敗戦してしまいましたが、決して完敗した内容ではないので、アウェイ、ホームの2連戦で強かな試合運びで勝負を決めて欲しいと思います。 

それでは。

関連レポート 浦和レッズレポート『浦和レッズvsヴィッセル神戸J1リーグ1stステージ17』

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


follow us in feedly

浦和レッズレポート『名古屋グランパスvs浦和レッズJ1リーグ2ndステージ8』

2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ8‎

2016年8月13日(土)18:04

豊田スタジアム

名古屋グランパス 0-2 浦和レッズ

44分-武藤雄樹 87分-ズラタンリュビヤンキッチ(浦和)

観客人数 29,508人



豊田スタジアム、30℃を超える暑い中にもかかわらず、約30,000人近くの観客を動員。

対戦する名古屋グランパスは、現時点において降格圏内にいる厳しいチーム状況ですが、決して侮る事なく、その上で、しっかり勝ち点3を取って浦和へ帰りたい相手となります。 

さて試合結果ですが、2-0で浦和の勝利!完勝と言ってもいいでしょう。

安定した守備からの連動した攻め、プレーの質や個のレベルは完全に名古屋を上回り、得点差以上に浦和の力を魅せる事が出来ました。

今節の浦和の守り、実に落ち着いていましたね。

スピードのある永井謙佑選手へのパスの出どころをほぼ抑えることに成功。 李、武藤、高木のフォアチェックが効いていた事で、名古屋のボール廻しを自由にさせず、柏木、関根、宇賀神は高い位置からのインターセプトも積極的に狙う動き。 90分通じて殆ど自由なスペースを与えず、DF陣も安定していましたね。 名古屋の決定機も1度?だけだった様な・・・。

浦和の得点シーンですが、柏木のギャップを突いたスルーパスと武藤のDFを躱した動きが狙い通りにハマってゴール! 1点目は合うんの呼吸?の流れで決まりましたね。 2点目は、前節の湘南戦のゴールとほぼ同様のカタチで、GK西川からのフィードからズラタンが身体能力を使ってのゴール。

名古屋に対しては、1stステージも完勝だったと思いますが、2ndステージも同様に落ち着いた試合運びで完封勝利に繋げる事が出来ましたね。

次節はホーム埼玉スタジアム、川崎フロンターレ戦です。 

巷では、首位攻防戦だとか年間順位争いだとか、様々と注目され盛り上がっていますが、浦和としては、最低勝点1でいいと言うぐらいの気持ちで、冷静な試合運びで戦ってほしいと思います。 何れにしても、たたでさえ熱くなる試合になりそうなので・・・(笑) 

ではでは。

関連レポート 浦和レッズレポート『浦和レッズvs名古屋グランパスJ1リーグ1stステージ9』

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


follow us in feedly