レッドピーストピックス!『2018ルヴァンカップJ2降格クラブも参加へ』

follow us in feedly


レッドピーストピックス!『2018ルヴァンカップJ2降格クラブも参加へ』

 Jリーグは7月25日に行われた理事会において、2018年ルヴァン杯の大会方式を変更、2017年にJ2に降格したクラブも参加することを決定し承認した模様。

 変更点はグループステージの方式となり、2017年は14チーム(または15チーム)が2組に分かれて戦う方式を、来季の2018年は16チームが4グループ(4チーム毎)に分かれて対戦するカタチに変更。

 この16チームの内訳は、ACL本戦出場クラブ(4チーム)以外のJ1-14チームに、今季J2に降格した2チーム(16位と17位の順位)を加えたモノがベースとなる。ただしACLプレーオフ出場クラブが予選で敗れた場合は、ルヴァンカップのグループステージに参加、その場合、J2降格のチームは1チーム(16位の順位)のみとのこと。

 J2降格クラブのルヴァンカップ参加には驚きですが、参加できるJ2クラブのモチベーションは相当高まるのではないでしょうか。サポーターも同じく応援の士気が上がると思われます。やや厳しい条件としては、J2リーグのハードスケジュールの中でチームコンデションの維持が難しいかもしれません。

 偏った見方になりますが、J2参加チームの『罰ゲーム』にならなければと思いますが、何れにしても、これまでのルヴァンカップではない大会方式により、J2クラブが決勝戦に進む事があれば、かなり盛り上がるかもしれません。

それでは。

スポンサーリンク


Jリーグ&カップ戦&ACLトピックス
ルヴァンカップ2017『ノックアウトステージ抽選会&ベスト8トーナメント表』

ルヴァンカップ2017オープンドロー、ノックアウトステージ(準々決勝)抽選会の結果が出ました。

 

ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送
浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程表』

準々決勝の抽選結果が出ました。下記添付の決勝トーナメント表通りの内容となり、東アジアブロックは日本勢、中国勢それぞれ同国同士の潰し合いとなりました。やや残念な気もしますが、考え方によっては…..

2017J1順位表(Ranking Table)


2017Jリーグ全試合結果

第97回天皇杯トーナメント日程表!3回戦組み合わせから決勝まで

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



ルヴァンカップ2017『ノックアウトステージ抽選会&ベスト8トーナメント表』

follow us in feedly


Levain-Cup 2017『OPEN-DRAW / オープンドロー』 
ルヴァンカップ2017『ノックアウトステージ抽選会&ベスト8トーナメント表』


 ルヴァンカップ2017グループステージ、プレーオフステージ、ACLからのノックアウトステージ進出チームは以下の通り。ルヴァンカップ2017オープンドロー、ノックアウトステージ(準々決勝)抽選会の結果が出ました。

➀ベガルタ仙台 ②ヴィッセル神戸(グループステージ各組1位)

③セレッソ大阪 ④FC東京(プレーオフ勝者)

⑤鹿島アントラーズ ⑥浦和レッズ ⑦川崎フロンターレ ⑧ガンバ大阪(ACL出場)

ノックアウトステージ 準々決勝1st  8月30日 (水)  

会場/キックオフ時間 ホーム 得点 アウェイ TV中継
ノエスタ 19:00 神戸  G大阪  スカパー
ヤンマー 19:00 C大阪  浦和  フジTV-ONE 
等々力  19:00 川崎  FC東京  フジTV-NEXT
ユアスタ 19:00 仙台  鹿島  スカパー 

ノックアウトステージ 準々決勝2nd 9月03日(日)

会場/キックオフ時間 ホーム 得点 アウェイ TV中継
吹田S 19:00 G大阪 2 0 神戸 スカパー
埼玉 18:30 浦和 2 2 C大阪 フジTV-TWO 
味スタ 19:00 FC東京 1 5 川崎 スカパー
カシマ 18:00 鹿島 3 2 仙台 スカパー

ノックアウトステージ 準決勝1st 10月04日(水)

会場/キックオフ時間 ホーム 得点 アウェイ TV中継
ユアスタ 19:00 仙台 3 2 川崎 フジTV-NEXT
ヤンマー 19:00 C大阪 2 2 G大阪 フジTV-ONE 

ノックアウトステージ 準決勝2nd 10月08日(日)

会場/キックオフ時間 ホーム 得点 アウェイ TV中継
吹田S 14:00 G大阪 1 2 C大阪 フジTV-TWO
等々力 15:00 川崎 3 1 仙台 フジTV-ONE

ノックアウトステージ 決勝 11月04日(土)

会場/キックオフ時間 ホーム 得点 アウェイ TV中継
埼玉S 13:05 C大阪 川崎F フジ地上波
ベスト8 準々決勝トーナメント表(準々決勝の結果反映)

スポンサーリンク


Jリーグ&カップ戦&ACLトピックス
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 
浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程表』

準々決勝の抽選結果が出ました。下記添付の決勝トーナメント表通りの内容となり、東アジアブロックは日本勢、中国勢それぞれ同国同士の潰し合いとなりました。やや残念な気もしますが、考え方によっては…..

2017J1順位表(Ranking Table)


2017Jリーグ全試合結果

第97回天皇杯トーナメント日程表!3回戦組み合わせから決勝まで

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


済州ユナイテッドのブラジル人FWのマルセロ・トスカーノが大宮アルディージャへ移籍!

follow us in feedly


済州ユナイテッドのブラジル人FWのマルセロ・トスカーノが大宮アルディージャへ移籍!


 大宮アルディージャは、2017ACLラウンド16で、浦和と戦った済州ユナイテッドのブラジル人FWの10番『マルセロ・トスカーノ選手』の獲得を6月22日に発表しています。

大宮アルディージャのオフィシャルでも移籍内定の情報がリリースされています。

 マルセロは現在32歳。済州ユナイテッドから完全移籍。今季のACLでは、グループステージのガンバ大阪戦、ラウンド16の1STステージの浦和戦でゴールを挙げ活躍していた10番。

また、ラウンド16の2NDステージの浦和戦では、あの前代未聞の乱闘騒動の中で、マルセロ選手は一人冷静に済州の状況を沈静化させようと対応していた姿は強く印象に残っています。

 済州側の暴れる選手を何人も押さえている姿や、済州のコーチに対して提議する姿、自チームに対し納得いかない様子の姿もあり、済州側では一番状況を把握していた選手だったと思われます。

 試合中は激しいゼスチャーで、熱いプレーが目立ちましたが、あの騒動の姿を確認する限り、気持ちのコントール出来る素晴らしいプロ選手であることは判ります。

この時期における移籍は多い為、金銭面で折り合いがつかなったのか?済州への思い入れが薄かったのか?契約上のことは判りませんが、あの一件から、済州ユナイテッド(Kリーグクラシック)でプレーすることが嫌になったのかもしれませんね。(笑)

 何れにしても、大宮アルディージャはいい選手を獲得したのではないでしょうか。シーズンも半分近く終了し、少しでも順位を上げようと力を入れてきている様ですね。

浦和のホームゲームで遺恨の無いマルセロと再び対戦することになるのでしょうか?楽しみですね。

それでは。

■ポジション:FW
■生年月日:1985年5月12日(32歳)
■身長/体重:184cm/83kg
■出身:ブラジル
■利き足:右

■選手歴:

パラナ・クルーベ(ブラジル) – ヴィトーリア・ギマランエス(ポルトガル) – フィゲイレンセFC(ブラジル) – ECコメルシアウ(ブラジル) – ヴィラ・ノヴァFC(ブラジル) – クイアバEC(ブラジル) – ミラソウFC(ブラジル) – アメリカ・ミネイロ(ブラジル) – 済州ユナイテッド(韓国)

■コメント:
「まずは今回、このような機会をくださった大宮アルディージャに感謝の言葉を伝えたいです。大宮アルディージャに加入することができ、とても光栄ですし、チームの目標を達成できるようにベストを尽くします。新しいチームメートやスタッフたちとの出会いも楽しみですし、素晴らしいファン・サポーターの前で、良いパフォーマンスでこたえたいと思います」

浦和限定!2017J1リーグ対戦クラブ別勝敗表!
浦和ブレイクタイム『浦和限定!2017J1リーグ対戦クラブ別勝敗表!』

スポンサーリンク


済州ユナイテッド関連投稿
浦和インプレッション ACL『浦和vs済州』海外メディアの反応と阿部勇樹の偉大さ! 
浦和インプレッション ACL2017決勝ラウンド16-1ST『済州ユナイテッド 2-0 浦和レッズ』 


浦和インプレッション J1第9節『大宮vs浦和』『さいたまダービー』試合結果! 
関連投稿ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 

スポンサーリンク


2017Jリーグ全試合結果

TOP / HOME

2017Jリーグ全試合結果

2017J1各節毎の試合結果になります。J1順位表と合せてご確認下さい。

2017J1順位表(Ranking Table)

2017ルヴァンカップはコチラ!

ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 
浦和レッズトピックス『天皇杯ラウンド16トーナメント表組み合わせ、TV中継』

第97回天皇杯ベスト16に勝ち上がったクラブ・チームは以下の通り。J1で12クラブ、J2で2クラブ、各県代表では、筑波大学(茨城県)とAC長野パルセイロ(長野県)の2チームが勝ち残っています。筑波大学とAC長野パルセイロのジャイアントキリングは続くのか…..


J1第30節 10/21(土)仙台 - 清水
10/21(土)大宮 - 柏 10/21(土)C大阪 - 甲府
10/21(土)神戸 - 鳥栖 10/21(土)広島 - 川崎
10/21(土)磐田 - 新潟 10/21(土)F東京 - 札幌
10/21(土)横浜FM - 鹿島 10/22(日)浦和 - G大阪 
J1第29節 10/14(土)札幌 3-0 柏
10/14(土)横浜FM 1-1 大宮 10/14(土)清水 0-3 磐田
10/14(土)G大阪 0-1 新潟 10/14(土)鹿島 2-0 広島
10/14(土)川崎 3-2 仙台 10/14(土)浦和 1-1 神戸
10/15(日)甲府 - F東京 10/15(日)鳥栖 - C大阪 
J1第28節 09/30(土)鳥栖 1-0 鹿島
09/30(土)新潟 0-2 神戸 09/30(土)柏 0-1 甲府
09/30(土)FC東京 0-0 磐田 09/30(土)広島 1-1 札幌
09/30(土)大宮 0-0 清水 09/30(土)川崎 5-1 C大阪
09/30(土)G大阪 1-2 横浜FM 10/01(日)仙台 2-3 浦和 
J1第27節 9/23(土)札幌 2-2 新潟
9/23(土)清水 1-3 広島 9/23(土)浦和 2-2 鳥栖
9/23(土)柏 4-1 FC東京 9/23(土)磐田 2-1 大宮
9/23(土)甲府 3-2 横浜FM 9/23(土)鹿島 2-1 G大阪
9/23(土)C大阪 1-4 仙台 9/23(日)神戸 0-0 川崎
J1第26節 9/16(土)大宮 2-2 G大阪
9/16(土)新潟 2-4 鹿島 9/16(土)清水 0-3 川崎
9/16(土)広島 1-0 C大阪 9/16(土)FC東京 1-0 仙台
9/16(土)横浜FM 1-1 柏 9/16(土)神戸 2-0 札幌
9/16(土)鳥栖 2-1 甲府 9/17(日)磐田 1-1 浦和
J1第25節 9/09(土)札幌 2-1 磐田
9/09(土)甲府 0-1 清水 9/09(土)鹿島 1-0 大宮
9/09(土)浦和 1-2 柏 9/09(土)FC東京 1-4 C大阪
9/09(土)川崎 3-0 横浜FM 9/09(土)新潟 0-0 広島
9/09(土)G大阪 1-2 神戸 9/10(日)仙台 4-1 鳥栖
J1第24節 8/26(土)札幌 1-0 仙台
8/26(土)大宮 1-1 広島 8/26(土)柏 1-1 新潟
8/26(土)横浜FM 1-0 FC東京 8/26(土)磐田 2-1 神戸
8/26(土)C大阪 0-1 鹿島 8/26(土)鳥栖 1-3 G大阪
8/27(日)甲府 2-2 川崎F 8/27(日)清水 1-2 浦和
J1第23節 8/19(土)鹿島 2-0 清水
8/19(土)磐田 1-1 C大阪 8/19(土)浦和 2-1 FC東京
8/19(土)川崎F 2-1 札幌 8/19(土)新潟 1-2 仙台
8/19(土)G大阪 0-1 柏 8/19(土)広島 1-0 甲府
8/19(土)鳥栖 3-0 大宮 8/20(日)神戸 0-0 横浜FM
J1第22節 7/22(土)C大阪 4-2 浦和
8/13(日)札幌 1-1 甲府 8/13(日)清水 1-4 柏
8/13(日)G大阪 0-2 磐田 8/13(日)仙台 1-0 広島
8/13(日)大宮 1-0 新潟 8/13(日)FC東京 1-0 神戸
8/13(日)川崎F 3-1 鹿島 8/13(日)横浜FM 1-0 鳥栖

※8月15日 浦和スルガ銀行チャンピオンシップ出場の為、 7/22(土)にC大阪との試合を終えています。 

J1第21節 8/09(水)札幌 0-2 横浜FM
8/09(水)仙台 0-0 磐田 8/09(水)大宮 1-2 FC東京
8/09(水)柏 0-0 鳥栖 8/09(水)甲府 0-1 浦和
8/09(水)新潟 0-2 川崎F 8/09(水)清水 3-2 C大阪
8/09(水)神戸 1-2 鹿島 8/09(水)広島 2-2 G大阪
J1第20節 8/05(土)甲府 1-0 G大阪
8/05(土)鹿島 2-0 仙台 8/05(土)浦和 2-2 大宮
8/05(土)柏 3-1 神戸 8/05(土)川崎F 1-1 FC東京
8/05(土)新潟 0-2 横浜FM 8/05(土)磐田 2-3 広島
8/05(土)C大阪 3-1 札幌 8/05(土)鳥栖 2-1 清水
J1第19節 7/29(土)札幌 2-0 浦和
7/29(土)鹿島 3-0 甲府 7/29(土)川崎F 2-5 磐田
7/29(土)横浜FM 2-2 清水 7/29(土)G大阪 3-1 C大阪
7/29(土)神戸 3-1 大宮 7/30(日)仙台  1-1 柏
7/30(日)広島 0-1 鳥栖 7/30(日)FC東京 1-1 新潟
J1第18節 7/08(土)清水 2-0 G大阪
7/08(土)大宮 2-2 札幌 7/08(土)FC東京 2-2 鹿島
7/08(土)横浜FM 1-1 広島 7/08(土)磐田 1-0 甲府
7/08(土)C大阪 2-1 柏 7/08(土)神戸 3-0 仙台
7/08(土)鳥栖 2-3 川崎F 7/09(日)浦和 2-1 新潟

この時点で、リーグ戦の50%にあたる17試合が終了

J1第13節 ※2017ACLの関係により順延
7/05(水)川崎 4-1 浦和 7/05(水)G大阪 0-1 鹿島
J1第17節 7/01(土札幌 1-0 清水
7/01(土)仙台 2-3 G大阪 7/01(土)浦和 4-3 広島
7/01(土)大宮 1-2 横浜FM 7/01(土)川崎 5-0 神戸
7/01(土)新潟 0-2 磐田 7/02(日)甲府 0-0 鳥栖
7/02(日)柏 2-3 鹿島 7/02(日)C大阪 3-1 FC東京
J1第16節 6/25(日)仙台 2-4 C大阪
6/25(日)横浜FM 2-0 神戸 6/25(日)清水 1-0 甲府
6/25(日)磐田 2-0 FC東京 6/25(日)鹿島 2-0 新潟
6/25(日)広島 0-3 大宮 6/25(日)柏 2-1 札幌
6/25(日)G大阪 1-1 川崎 6/25(日)鳥栖 2-1 浦和
J1第15節 6/17(土)鹿島 3-0 札幌
6/17(土)川崎 1-0 広島 6/17(土)甲府 0-0 柏
6/17(土)新潟 1-2 大宮 6/17(土)C大阪 1-1 清水
6/17(土)神戸 0-1 G大阪 6/17(土)鳥栖 1-1 仙台
6/18(日)FC東京 0-1 横浜FM 6/18(日)浦和 2-4 磐田
J1第14節 6/04(日)札幌 1-2 神戸
6/04(日)清水 0-2 FC東京 6/04(日)広島 1-3 鹿島
6/04(日)仙台 3-0 甲府 6/04(日)磐田 3-0 G大阪
6/04(日)C大阪 4-0 新潟 6/04(日)大宮 1-1 鳥栖
6/04(日)横浜FM 2-0 川崎 6/04(日)柏 1-0 浦和
J1第13節 5/27(土)清水 1-3 横浜FM
5/27(土)広島 0-0 磐田 5/27(土)柏 4-2 大宮
5/27(土)鳥栖 1-0 札幌 5/28(日)仙台 2-1 新潟
5/28(日)FC東京 1-1 甲府 5/28(日)神戸 1-2 C大阪
7/05(水)川崎 - 浦和 7/05(水)G大阪 - 鹿島
J1第12節 5/19(金)鹿島 0-3 川崎
5/20(土)浦和 3-3 清水 5/20(土)横浜FM 1-1 仙台
5/20(土)甲府 1-2 広島 5/20(土)新潟 1-0 札幌
5/20(土)磐田 0-2 柏 5/20(土)大宮 0-3 C大阪
5/20(土)G大阪 3-0 鳥栖 5/20(土)神戸 1-1 FC東京
J1第11節 5/14(日)清水 1-1 鳥栖
5/14(日)鹿島 1-2 神戸 5/14(日)横浜FM 1-0 甲府
5/14(日)新潟 1-6 浦和 5/14(日)FC東京 1-2 柏
5/14(日)磐田 0-2 川崎 5/14(日)C大阪 5-2 広島
5/14(日)大宮 2-1 仙台 5/14(日)札幌 0-2 G大阪
J1第10節 5/04(木)浦和 0-1 鹿島
5/05(金)G大阪 1-1 清水 5/05(金)川崎 3-0 新潟
5/06(土)札幌 1-0 新潟 5/06(土)柏 1-0 C大阪
5/06(土)広島 1-1 神戸 5/07(日)仙台 0-2 FC東京
5/07(日)甲府 0-0 磐田 5/07(日)鳥栖 1-0 横浜FM
J1第9節 4/30(日)清水 0-3 仙台
4/30(日)新潟 0-1 柏 4/30(日)大宮 1-0 浦和
4/30(日)FC東京 1-0 広島 4/30(日)磐田 2-2 札幌
4/30(日)鹿島 2-1 鳥栖 4/30(日)神戸 0-1 甲府
4/30(日)横浜FM 0-1 G大阪 4/30(日)C大阪 2-0 川崎
J1第8節 4/21(金)川崎 2-2 清水
4/21(金)G大阪 6-0 大宮 4/22(土)浦和 3-2 札幌
4/22(土)甲府 1-1 C大阪 4/22(土)広島 3-3 仙台
4/22(土)鹿島 0-3 磐田 4/22(土)柏 2-0 横浜FM
4/22(土)新潟 0-3 FC東京 4/22(土)鳥栖 1-0 神戸
J1第7節 4/16(日)甲府 0-2 新潟
4/16(日)清水 1-1 大宮 4/16(日)札幌 1-1 川崎
4/16(日)FC東京 0-1 浦和 4/16(日)C大阪 2-2 G大阪
4/16(日)磐田 2-1 鳥栖 4/16(日)神戸 1-2 柏
4/16(日)広島 0-1 横浜FM 4/16(日)仙台 14 鹿島
J1第6節 4/07(金)G大阪 0-1 広島
4/07(金)浦和 7-0 仙台 4/08(土)川崎 1-1 甲府
4/08(土)鹿島 0-1 C大阪 4/08(土)大宮 0-2 神戸
4/08(土)柏 0-2 清水 4/08(土)鳥栖 3-0 新潟
4/08(土)札幌 2-1 FC東京 4/08(土)横浜FM 2-1 磐田
J1第5節 4/01(土)仙台 0- 川崎
4/01(土)新潟 2-3 G大阪 4/01(土)広島 0-2 柏
4/01(土)磐田 -1 清水 4/01(土)C大阪 -0 横浜FM
4/01(土)FC東京 3-3 鳥栖 4/01(土)神戸 1-3 浦和
4/01(土)大宮 0-1 鹿島 4/02(日)甲府 2-0 札幌
J1第4節 3/18(土)札幌 2-1 広島
3/18(土)横浜FM 1-1 新潟 3/18(土)甲府 1-0 大宮
3/18(土)清水 2-3 鹿島  3/18(土)柏 0-1 仙台 
3/18(土)C大阪 1-0 鳥栖 3/18(土)神戸 1-0 磐田
3/18(土)FC東京 3-0 川崎 3/19(日)G大阪 1-1 浦和 
J1第3節 3/10(金)鹿島 1-0 横浜FM
3/10(金)川崎F 2-1 柏 3/10(金)浦和 4-1 甲府
3/11(土)札幌 1-1 C大阪  3/11(土)大宮 1-2 磐田 
3/11(土)鳥栖 1-0 広島 3/11(土)新潟 0-2 清水
3/11(土)仙台 0-2 神戸 3/11(土)G大阪 3-0 FC東京 
 J1第2節 3/4(土)浦和 3-1 C大阪 
3/4(土)甲府 0-1 鹿島 3/4(土)広島 0-1 清水
3/4(土)FC東京 2-0 大宮 3/4(土)磐田 0-1 仙台
3/4(土)神戸 2-1 新潟 3/4(土)横浜FM 3-0 札幌
3/5(日)柏 1-3 G大阪  3/5(日)川崎F 1-1 鳥栖 
J1第1節 2/25(土)横浜FM 3-2 浦和
2/25(土)仙台 1-0 札幌 2/25(土)鹿島 0-1 FC東京
2/25(土)清水 0-1 神戸 2/25(土)広島 1-1 新潟
2/25(土)鳥栖 1-3 柏 2/25(土)C大阪 0-0 磐田
2/25(土)大宮 0-2 川崎F 2/26(日)G大阪 1-1 甲府
2017J1順位表(Ranking Table)
レッドピース!良く読まれている人気の投稿!

ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』

follow us in feedly


2017.10.08更新

Levain-Cup 2017ノックアウトステージ準決勝2戦合計結果

2017.09.04更新

Levain-Cup 2017ノックアウトステージ準々決勝2戦合計結果

2017.07.31更新

Levain-Cup 2017ノックアウトステージトーナメント組み合わせ決定(準々決勝以降)
Levain-Cup 2017 『2017ルヴァンカップ組み合わせ-試合日程-TV放送が発表されました』

今年で2回目(2年目)の開催となるYBC-Levain-Cup2017。各グループリーグの組み合わせ、及び試合日程、TV放送について、それぞれJリーグから発表されました。

 ACL本戦出場のJクラブに関しては、ノックアウトステージ(準々決勝)からの出場。ガンバ大阪についても、ACLプレーオフを勝ち上がり、ACL本戦出場を決めています。(2月8日付)これに伴い、ルヴァンカップ決勝トーナメントについては、ACL本戦出場の4クラブを含め、例年通り8クラブで優勝カップを争う事になります。

浦和の連覇に期待です!!  

YBC-Levain-Cup 2017ルヴァンカップ大会方式(概要)、出場チーム

 ACL本戦グループステージに出場する4クラブ(※3クラブ)を除き、14チーム(※15チーム)を2つのグループに分け、各グループで1回戦総当たりのリーグ戦を行う。2017年のLevain-Cupについては、21歳以下の選手を1名以上先発に出場させる事が義務付けられている。(決勝戦を除く)

◆グループステージ組み合わせ

GROUP-A

コンサドーレ札幌 ベガルタ仙台 柏レイソル FC東京
大宮アルディージャ 清水エスパルス ジュビロ磐田  

※グループA出場予定のガンバ大阪は、ACLプレーオフを勝ち上がっている為、ルヴァンカップグループステージ出場は免除。決勝トーナメントからの出場となっています。(2017/2/8付)

GROUP-B

横浜F・マリノス アルビレックス新潟 セレッソ大阪 サガン鳥栖
ヴァンフォーレ甲府 ヴィッセル神戸 サンフレッチェ広島  
グループステージ試合日程、試合会場、及び対戦結果

GROUP-A 第1節 3/15(水) 19:00(同時刻開催予定)

1 vs 清水 スカパー 
味スタ FC東京 vs 仙台 NEXT 
ヤマハ 磐田 0 vs 札幌 ONE 
試合なし     大宮

GROUP-B 第1節 3/15(水) 19:00(同時刻開催予定)

金鳥スタ C大阪 2 vs 0 横浜FM スカパー 
Eスタ 広島 0 vs 0 甲府 スカパー
べアスタ 鳥栖 2 vs 2 新潟 スカパー 
試合なし     神戸

GROUP-A 第2節 4/12(水) 19:00(同時刻開催予定)

ユアスタ 仙台 vs 磐田 スカパー 
NACK5 大宮 vs NEXT 
アイスタ 清水 vs 札幌 スカパー  
試合なし         FC東京  

GROUP-B 第2節 4/12(水) 19:00(同時刻開催予定)

中銀スタ 甲府 vs  C大阪 スカパー   
デンカS 新潟 vs  広島 スカパー  
ニッパツ 横浜FM vs  神戸 スカパー  
試合なし         鳥栖  

GROUP-A 第3節 4/26(水) 19:00(同時刻開催予定)

札幌ド 札幌 vs  大宮 スカパー 
ユアスタ 仙台 vs  清水 スカパー 
ヤマハ 磐田 vs  FC東京 NEXT
試合なし          

GROUP-B 第3節 4/26(水) 19:00(同時刻開催予定)

ノエスタ 神戸 vs  広島 スカパー  
べアスタ 鳥栖 vs  C大阪 スカパー
ニッパツ 横浜FM vs  新潟 ONE 
試合なし         甲府  

GROUP-A 第4節 5/3(水・祝) 15:00(同時刻開催)

NACK5 大宮 vs 仙台  
vs 磐田  
味スタ FC東京 vs 札幌  
試合なし         清水  

GROUP-B 第4節 5/3(水・祝) 14:00(同時刻開催)※神戸vs鳥栖 16:00

中銀スタ 甲府 0 vs 横浜FM  
Eスタ 広島 vs C大阪  
ノエスタ 神戸 vs 鳥栖  
試合なし         新潟  

スポンサーリンク


GROUP-A 第5節 5/10(水) 19:00(同時刻開催)

ユアスタ 仙台 1 vs 1  
味スタ FC東京 4 vs 大宮  
アイスタ 清水 vs 磐田  
試合なし         札幌  

GROUP-B 第5節 5/10(水) 19:00(同時刻開催)

金鳥スタ C大阪 1 vs  0 新潟  
ノエスタ 神戸 2 vs  1 甲府  
Eスタ 広島 vs  鳥栖  
試合なし         横浜FM  

GROUP-A 第6節 5/24(水) 19:00(同時刻開催)

札幌ド 札幌  1 vs 仙台  
NACK5 大宮  4 vs 清水  
 0 vs FC東京  
試合なし         磐田  

GROUP-B 第6節 5/24(水) 19:00(同時刻開催)

デンカ 新潟 vs 甲府  
金鳥スタ C大阪 vs 神戸  
べアスタ 鳥栖 vs 横浜FM  
試合なし         広島  

GROUP-A 第7節 5/31(水) 19:00(同時刻開催)

札幌厚別 札幌 2 vs  1  
アイスタ 清水 vs  FC東京  
ヤマハ 磐田 vs  2 大宮  
試合なし         仙台  

GROUP-B 第7節 5/31(水) 19:00(同時刻開催)

ニッパツ 横浜FM vs 広島  
中銀スタ 甲府 vs 鳥栖  
デンカS 新潟 vs 神戸  
試合なし         大阪  
グループステージ・プレーオフステージからノックアウトステージ進出への概要、出場チーム
ノックアウトステージ

グループリーグステージAB各組1位はノックアウトステージ(準々決勝)進出。2チーム

5月31日追加情報 ノックアウトステージ進出チーム決定

ベガルタ仙台(Aグループ1位)
ヴィッセル神戸(Bグループ1位)

プレーオフステージ進出4チーム

5月31日追加情報 プレーオフステージ進出4チーム決定

FC東京(Aグループ2位)北海道コンサドーレ札幌(Aグループ3位)
セレッソ大阪(Bグループ2位)サンフレッチェ広島(Bグループ3位)


プレーオフステージ

第1戦 6月28日(水)
第2戦 7月26日(水)

A組2位とB組3位、B組2位とA組3位がホーム&アウェイ方式で対戦。各勝者はノックアウトステージ(準々決勝)に出場。2チーム


プレーオフステージ 1st 6月28日(水)

札幌ドーム 19:00 札幌  0 vs 2  C大阪 
エディオン  19:00 広島 0 vs 1  FC東京

プレーオフステージ 2nd 7月26日(水) 

キンチョウ 19:00 C大阪  1 vs  0 札幌 
味の素  19:30 FC東京  1 vs  0 広島 
ノックアウトステージ抽選会(決勝トーナメント表)、日程、及び概要

 グループステージから2チーム、プレーオフステージから2チーム、ACL出場組から4チーム、合計8チームにて決勝トーナメントが開催されます。 

ノックアウトステージ準々決勝出場チーム 

➀ベガルタ仙台 ②ヴィッセル神戸(GS各組1位)

③セレッソ大阪 ④FC東京(プレーオフ勝者)

⑤鹿島アントラーズ ⑥浦和レッズ ⑦川崎フロンターレ ⑧ガンバ大阪(ACL出場チーム)

ノックアウトステージ準々決勝から決勝までの対戦結果

ノックアウトステージ 準々決勝1st  8月30日 (水) 

会場/キックオフ時間 ホーム 得点 アウェイ TV中継
ノエスタ 19:00 神戸  0 0 G大阪  スカパー
ヤンマー 19:00 C大阪  0 0 浦和  フジTV-ONE 
等々力  19:00 川崎  2 FC東京  フジTV-NEXT
ユアスタ 19:00 仙台  3 1 鹿島  スカパー 

ノックアウトステージ 準々決勝2nd 9月03日(日) 

会場/キックオフ時間 ホーム 得点 アウェイ TV中継
吹田S 19:00 G大阪 2 0 神戸 スカパー
埼玉 18:30 浦和 2 2 C大阪 フジTV-TWO  
味スタ 19:00 FC東京 1 5 川崎 スカパー
カシマ 18:00 鹿島 3 2 仙台 スカパー

※C大阪vs浦和は2戦合計 2 – 2 、アウェイゴール数で上回ったC大阪が勝ち上がり。

ノックアウトステージ準決勝出場チーム 

 ①ガンバ大阪 ②セレッソ大阪 ③川崎フロンターレ ④ベガルタ仙台

ノックアウトステージ 準決勝1st 10月04日(水)

会場/キックオフ時間 ホーム 得点 アウェイ TV中継
ヤンマー 19:00 C大阪 2 2 G大阪 フジTV-ONE
ユアスタ 19:00 仙台 3 2 川崎 フジTV-NEXT

ノックアウトステージ 準決勝2nd 10月08日(日)

会場/キックオフ時間 ホーム 得点 アウェイ TV中継
吹田S 14:00 G大阪 1 2 C大阪 フジTV-TWO
等々力 15:00 川崎 3 1 仙台 フジTV-ONE

ノックアウトステージ決勝出場チーム 

 ①セレッソ大阪 ②川崎フロンターレ

ノックアウトステージ 決勝 11月4日(土) 13:05

会場/キックオフ時間 ホーム 得点 アウェイ TV中継
埼玉スタジアム 13:05 C大阪  □ □   川崎 地上波フジTV
ルヴァンカップ放送予定 

 ルヴァンカップの放送予定、残念ながら『DAZN』からの中継はなく、従来通りの流れでした。気になるルヴァンカップの放送予定ですが、残念ながらと言うか、やはり『DAZN』からの中継は一切ありません。

◆CS放送フジテレビワンツーネクスト(フジテレビONE、フジテレビTWO、フジテレビNEXTライブプレミアム)及びスカパーにおいて、準決勝までの全試合を生放送。

◆決勝戦は地上波フジテレビ系全国ネットにて生放送。

との発表内容で・・・例年通りでしたね。

 10年間2100億円の契約を行ったJリーグさん、英パフォームグループ =『DAZN』さんにお願いがあります。カップ戦やACLについて、放送権などの様々な課題があると思いますが、何とかDAZNで視聴が出来る様、契約交渉を進めてほしいと思います 。

 現在、リーズナブルな加入料金を設定しているDAZNですが、もし、カップ戦やACLなど視聴出来る幅が拡がるならば、ひとつのアイデアとして、3つぐらいのシンプルな加入内容とそれに伴う価格を設けても良いかと思います。ユーザー側がコンテンツ内容を選べる事で、DAZNがより楽しめるかと思いますがどうでしょうか?

 何れにしても10年間の契約をしたのですから(笑)、なんとか宜しくお願いします。

それでは。

スポンサーリンク


Jリーグ&カップ戦&ACLトピックス
浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程表』

準々決勝の抽選結果が出ました。下記添付の決勝トーナメント表通りの内容となり、東アジアブロックは日本勢、中国勢それぞれ同国同士の潰し合いとなりました。やや残念な気もしますが、考え方によっては.....

   

2017J1順位表(Ranking Table)

2017Jリーグ全試合結果

 

第97回天皇杯トーナメント日程表!3回戦組み合わせから決勝まで

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


浦和レッズトピックス『ゼロックススーパーカップ2017鹿島アントラーズvs浦和レッズ』

follow us in feedly


2/18 最新投稿 『FUJI XEROX SUPER CUP 2017vs鹿島アントラーズ』2-3の敗戦。

『FUJI XEROX SUPER CUP 2017 鹿島アントラーズvs浦和レッズに決定!

2017年2月18(土)13:35

鹿島アントラーズ VS 浦和レッズ

(NISSAN STADIUM) 

sponsored links



 鹿島アントラーズが天皇杯を制し、2016年はJリーグチャンピオンと天皇杯を獲得。従って、ゼロックススーパーカップ2017は、Jリーグ2位の浦和レッズが出場、対戦する事になりました。

 常勝鹿島アントラーズが戻ってきた感じがします。勝負強く、手強い相手ではありますが、2016年の勝ち点1位の誇り、そして、CS決勝戦の借りを返す場が準備されました。

 2月12日にはACL同組のFCソウルとの『さいたまシティカップ』も開催(追加情報1-1のドロー)され、その後2月18日にゼロックススーパーカップ鹿島アントラーズ戦、2月21日にはACL第1節ウエスタン・シドニー・ワンダラーズ戦をアウェイ、シドニーの地にて戦います。

 そして、2月25日にJリーグ開幕、横浜Fマリノス戦(アウェイ)、その3日後にはACL第2節のFCソウル戦(ホーム)がそれぞれ待ち受けています。

 これだけ厳しいスケジュールにて2017年を迎える浦和ですが、見方によっては、運がいいのかもしれません!2016年のリベンジ、選手のモチベーションを発揮する絶好の機会になると思われます。

 さいたまシティカップ、ゼロックススーパーカップのそれぞれが、浦和にとって好ゲームになる事に期待し、このタイトな状況を覚悟した上で2017年のACLとJ開幕を向かえてほしいと思います。

先ずは、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 鹿島アントラーズ戦に集中しましょう!!

それでは。

sponsored links


関連記事

2017ACL『グループステージ-東アジア地区出場クラブ、全日程-TV放映予定』

浦和レッズ全試合日程結果

浦和レッズトピックス『浦和レッズvsFCソウル-さいたまシティカップ2017試合結果』

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



浦和レッズレポート『チャンピオンシップ決勝2nd浦和レッズvs鹿島アントラーズ』


2016 JLeague ChampionShip-Final-2nd(決勝第2戦)

2016年12月04日(土)19:30

埼玉スタジアム2002

浦和レッズ 1-2 鹿島アントラーズ

(浦和)7分-興梠慎三  (鹿島)40分金崎夢生 79分金崎夢生  

観客人数 59,837人

浦和レッズ、チャンピオンシップ決勝2戦合計引分け、アウェイゴール数で敗戦!

浦和レッズ、ここ一番の勝負に本当に弱い。2015年のガンバ大阪戦のCS敗戦時もかなりショックでしたが、今年は明確にチャンピオンのチャンスが見えていただけに、本当に残念です。・・・真面目に今日は寝れそうにありません。

1ST浦和アウェイでは0-1で浦和の勝利、2ND浦和ホームにおいては、1-2で鹿島アントラーズが勝利。合計得点2-2ですが、アウェイゴール数で鹿島が上回りCS優勝、2016年Jリーグチャンピオンとなりました。

今年で終わるCSレギュレーションについて理解などしていませんが、やはり、負けてしまうと気持ち(精神的)に納得がいかなくなりますね。・・・これが本音です。負け惜しみ、大人げないと言われても、この1年間のリーグ戦に積み上げてきた勝利や戦い、一喜一憂してきた事はなんだったのか?何とも言い難い気分になります。

何れにしても、試合自体はホーム&アウェイ短期決戦の真剣勝負。・・・やはり、鹿島アントラーズはここ一番の勝負強さがあります。これまでのタイトル数、伝統がしっかりと引き継がれ、本当の意味で強かな(したたかな)チームであると認めざる負えません。素直にCS優勝おめでとうございます、と言わせていただきます。

アウェイ時の守備が継続されず、後半からの戦術(攻守)が意味不明だった・・・。

前半早々、高木のクロスボールからの興梠の先制点は本当に見事でした。この浦和の得意とするカタチで得点が入った時は、更に追加点の期待が持てましたが、結果的に鹿島DF陣を崩した見せ場はこれだけだったのかもしれません。武藤や高木の惜しいシーンはありましたが、縦方向へのサイドアタック、ポゼッションからの切り崩し、ミドルシュートなど、なぜかプレーに思い切りが見られず、時間を追うごとに鹿島の寄せやハードなプレッシャーに負け始めてきました。

鹿島アントラーズの1得点目、2得点目となるPKシーンに同様な事が言えるのですが、なせ?あれだけDF陣が上がっていたのでしょうか?1戦目の鹿島アウェイで浦和が負けていたのなら、全体的にあがり気味となるのは当然なのかもしれませんが、2失点共、DFの裏を突かれたカウンターを狙われたカタチで、なぜあれだけスぺースを与えていたのか?鹿島アントラーズに強いプレッシャーを与える強い攻撃をしていたわけでもなく、意味がわかりません。

後半からの交代メンバーについても、ペトロヴィッチ監督の焦りが出ていたと思われます。先ずは疲労していた高木には攻撃的な李がベストではなかったかと・・・。足に痛みを抱えていた興梠にズラタンは理解できます。そして最後に柏木に変えて青木を投入。槙野のPKシーン前の微妙なポジション、あれだけ上がっていたなら、マークに戻れる距離感が無ければやってはいけない状況。今までのシーズン、何度あれに似た危険な場面を観てきた事でしょうか?

攻めながらも逃げ切れる戦い方が出来ないと、短期決戦では一発でやられてしまう・・・。試合に至るまでの期間的な課題やコンデションの問題など、ペトロヴィッチ監督が言い訳にする様な事も確かにあると思いますが、今年1年間積み上げてきた中で、一番やってはいけないバランスの悪いサッカーをやってしまったと思います。

鹿島アウェイ時の際にジタバタしなかった堅い守備。後半30分過ぎから自陣エリアでしっかりと陣形を敷いて、シュートにはしっかりと体を寄せパスコースも封じていた守備、ホーム埼玉スタジアムでは出来なかった(やらなかった)ですね。

何か意図があったのか?多くの得点をとれる過信(自信)があったのか?挑戦者の気持ちを忘れてしまったのか?これだけ多くの浦和サポーター&ファンの期待が集まった一戦、本当に残念な結果に終わりました。

それでは。

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



浦和レッズレポート『チャンピオンシップ決勝1st鹿島アントラーズvs浦和レッズ』


2016 JLeague ChampionShip-Final-1st(決勝第1戦)

2016年11月30日(火)19:25

カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ 0-1 浦和レッズ

(浦和)57分-阿部勇樹 

観客人数 23,074人

浦和レッズ、チャンピオンシップ決勝1st(第1戦)、先ずは1勝!

浦和レッズ、堅い勝利なのか?それともギリギリの状態で守り切った(逃げ切った)のか?

川崎フロンターレとの壮絶な天皇杯の後、実戦を離れていた期間は2週間以上。試合勘は保たれているのか?そのコンディションについて不安材料はありましが、鹿島アントラーズを上回るハードワークで入り、前半20分ぐらいまでの走攻守の動きは見事なモノでした。特に守りの部分については、センターラインを超えた辺りからの、ボールを保持している相手選手への囲み込みの早さ、特に金崎選手や永木選手に対する強めのプレッシャーは意識的にプレーしていたと思われます。引いて守るのでは無く、前方向への攻めを意識しながら守るカタチが実践されていたと思われます。

試合の入りは良かったので、後は90分間通じてどう戦うか?ある意味、鹿島アントラーズの堅い守備陣をどう崩して得点を奪うかに興味がありましたが、興梠の体の使い方の旨さでPKを奪い、阿部がしっかり決めて、それが結果的に決勝点に繋がりましたね。

PKシーン、鹿島DF陣を知り尽くした興梠自身が仕掛けたスーパープレー!?

様々な見方や意見があると思いますが、確かに興梠のPKシーンは微妙な判定だったと思います。ただ、鹿島アントラーズの選手数人が主審に抗議していた輪の中に、当事者の西選手がその輪に加わっていなかった事を察すると、その時点では認めざる負えない自身の動きと思っていたのかもしれませんね。

普通の見方は、興梠が上手く倒れただけ、PKを決めるのは主審の判定、単純な捉え方で終わってしまうと思います。

ここからは自分の勝手な推測になるのですが、鹿島アントラーズに長く在籍し、鹿島のDF陣の動き方を十分理解していた興梠だからこそ、あえて鹿島アントラーズから奪うPKにトライアルしたスーパープレーだったのではないでしょうか?もしかしたら西選手も自身の体の寄せ方を知っている興梠の動き方に一瞬やられた!と気付いた時には既に遅かったのかもしれません・・・(笑)

浦和レッズ、堅い勝利なのか?それともギリギリの状態で守り切った(逃げ切った)のか?

PK得点の後は、大きな得点チャンスは殆ど演出出来ない状態へ。正直、前半から飛ばしていた事で、一部の選手のスタミナが厳しい状態になっていたのは誰が観ても明らか・・・。ボールを奪っても前線への動き・走りが劇的に減ってしまい攻撃のカタチがつくれなくなりましたね。その中でも、柏木はハードワークを継続し終始運動量が落ちなかったと思われます。代表落ちしてからコンディションを落としていた時期がありましたが、またスイッチを入れ直した感じですね。

後半の浦和はシュート数が激減。見方によっては引いて守っていた様に映ったいたかもしれません。特に後半30分過ぎからは自陣エリアにいた時間が長かったのは間違いないですが、ただ、しっかりと陣形を敷いていた事、シュートにしっかりと体を寄せていたこと、パスコースを封じていた事、選手もバタバタせず、久しぶりの堅い守備を観させてもらいましたね。

CS1戦目は、興梠のPKを奪った強かさ、その後の堅い守り、アウェイでの戦い方が十分に発揮出来たていたと思います。試合終了後のペトロヴィッチ監督は、試合内容に満足いかないコメントが多かった様ですが、2試合で決してしまう短期決戦です。先ずは負けなかった事、そして1勝出来た事は本当に大きいと思います。

12月3日、2戦目(最終戦)はホーム埼玉スタジアムです。挑戦者の気持ちで目の前にあるチャンスにしっかりと挑んで欲しいですね。

そして自分達は、浦和レッズをサポートする・・・結果はそれからですね。

それでは! 

関連レポート 

浦和レッズレポート『2016チャンピオンシップ決勝レギュレーション』

浦和レッズレポート『チャンピオンシップ決勝 鹿島アントラーズの強さとは』

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



浦和レッズトピックス『2016チャンピオンシップ決勝レギュレーション』


浦和レッズレポート『意外と知られていなかった!?・・・2016チャンピオンシップ決勝レギュレーション』

いよいよ本日、Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦がはじまります。

浦和レッズは天皇杯の試合から約2週間経っているので、体・精神共にモチベーション維持がどのぐらいのレベルにあるのか?正直にその部分が気になりますね。気合いだけが先行し、90分間持たない精神状態に陥らない事、最初の15分~20分ぐらいの時間帯にバタバタしない事、兎にも角にも、落ち着いて試合に入る事を願います。

さて、今更なのですが、チャンピオンシップ決勝のレギュレーションについて、意外と知らなかった・・・と言うか、自分も最近まで内容を勘違いしていたので、改めてレポートをさせて戴きたいと思います。

Jリーグの規定を改めて確認すると・・・CS決勝戦の試合方式および勝敗の決定については、

90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。

2試合が終了した時点で勝利数が多いチームを優勝とする。

2試合が終了した時点で勝利数が同じ場合は、次の順によって勝敗を決定する。

①2試合の得失点差

②2試合におけるアウェイゴール数

③年間勝点1位チーム

との事なのです。

通常のホーム&アウェイ方式のレギュレーションの場合、『勝敗数は同じ、得失点差も同じ、アウェイゴール数も同じ』であれば、2試合目に延長戦を行い、それでも決しない場合はPK戦に入るカタチが通常レギュレーションだと思われますが、CSレギュレーションについては、延長戦以降の設定はありません。2試合合計した時点で完全なドローゲーム(差がない)の内容となった場合は年間勝点1位のチームが優勝となるのです。だからと言って浦和に優位性があるとは思えませんが・・・。

勿論、多く方はご存じだったと思いますが、つい最近まで本当に自分は知りませんでした。今更ですが、情けない(笑)。知らなかったついでに、あえて言わせていただきます。この2年間開催したCSなのですが、昨年と今年のレギュレーションを変更するなど、考え方に軽さを感じてしまいます。やっぱり判りずらく、理解できないモノ(Jリーグイベント)でしたね。

とは言っても鹿島アントラーズとの試合は始まります。

浦和レッズには、この2試合に挑戦者の気持ちと、悔いの無い戦いをしてもらいたいと願います。

それでは!

参考

http://www.jleague.jp/aboutj/construction/championship.html

関連記事

浦和レッズレポート『鹿島アントラーズvs浦和レッズJ1リーグ2ndステージ5』

浦和レッズレポート『浦和レッズvs鹿島アントラーズJ1リーグ1stステージ15』

sponsored links



チャンピオンシップ決勝第2戦チケット浦和ホーム側完売!?

follow us in feedly


12月3日チャンピオンシップ決勝第2戦目の浦和ホーム側チケット、19日に一般発売が行われましたが、速攻で完売状態となりましたね。チケット転売サイト等では多数出品され、既に多くの取引が行われている様ですが、これもチャンピオンシップの盛り上がりなのかもしれません(笑)。

浦和レッズの優先及び先行販売等でダブって多く買ってしまった人達が、正規に近い良心的な価格で売っている時もありますが、残念ながら高価格で販売している転売目的も多い様ですね。

現状では、ルヴァンカップ決勝戦の販売時と同様、チケット争奪戦となってしまいましたが、ある意味一過性の動きの様な気もします。

一般販売のチケット(ぴあ)において、キャンセル再販のチャンスがあるのは、22日午前0時~、23日10時~のいずれかに可能性があるかもしれません。もしチケット転売サイト等で購入する手段しかなければ、まだまだ時間が残っています。ダメ元で、焦らずに価格がディスカウントされるまで待つのもありかもしれません。

11月23日の夕方には、決勝の対戦相手、鹿島アントラーズか川崎フロンターレの何れかのチームに決まる為、チャンピオンシップ決勝第1戦目のアウェイチケットに勿論チャンスがあります。アウェイの為、超激戦ではありますが、とは言っても平日開催になるので、行ける様であれば挑戦してみるのもいいかもです。

何れにしても買える根拠や確信は全くありませんから、読み流す程度にして下さい。

昔、昔の話ですが、国立の読売ベルディー戦・アウェイ(東京じゃありませんよ、読売です。)、自由席ホームの子供自由席を10000円でダフ屋さんから買った事があり・・・それが最初で最後のダフ屋さんからの買い物でしたね(笑)。

それでは!

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!