スタジアム観戦やブログに使えるサッカー用語集!『サイドアタック』~『ドロップボール』

TOP 🏠 Home back 

スタジアム観戦やブログに使えるサッカー用語集!
行~ワ行はコチラ 『ニアサイド』~『ワンツーリターン』まで
ア行~カ行はコチラ 『アイコンタクト』~『コンパクト』まで
続き  サ行~タ行 『サイドアタック』~『ドロップボール』まで
サイドアタック 

タッチライン側のスペースを使うオープン攻撃。 サイドバックやウィングバックの選手が自らのドリブルや、タッチラインの縦パスに走り込み、得点チャンスに繋げるプレー。 浦和では、梅崎、関根、宇賀神、平川などのサイドポジションの選手に、このプレーが多く求められる。

サイドコーチ

試合中のベンチや応援席からの声。 どこのスタジアムでも観られる光景ですが、サポーターやファンの中で、口うるさいサイドコーチの方々よく居ますよね(笑) 試合中に感情的に文句を言ったり罵声を浴びせても、選手達には全く伝わりませんし、逆効果になる事もしばしば・・・。 試合中は大声でサポートしましょう(笑)!!

サイドチェンジ

相手チームのゴール側に向かっている時、サイドから逆サイドにロングパスを送ること。 このプレーを行う場合、逆サイドにはスペースがある事が多く、また、相手選手のマークもずれている為、得点チャンスに繋がる可能性が高くなる。

シザース

ボールを内側から外側にまたぐ技。

シュートレンジ

ペナルティエリア付近で、ゴールの可能性が高いシュートの範囲のこと。

ショートコーナー

コーナーキック時に、すぐ近くにいる味方にパスを出し、そこから攻める戦術。 相手の守備陣を惑わせ、マークをずらすことで得点チャンスを狙う。 又は、時間稼ぎしたい場合においても使われる。浦和はもっとショートコーナーを使った方がいいかも・・・。

ショットオンゴール

「ゴールマウスの枠内シュート数」普通に枠内シュートで表現されていますね。

ショルダーチャージ

ひじから肩の部分で相手を押し、相手のボールを奪う技術。 肩同士のぶつかり合いは正当なプレーであるが、ひじてつやショルダータックルなど、意図的にぶつかりに行った場合はファールを取られる事が多い。 若かりし頃の大久保嘉人選手は、ショルダータックルからのひじてつ行為をよくやって、一発レッド貰っていましたね(笑) 今ではすっかり大人になって良い選手になりましたね~。

スカウティング

相手チームの特徴及び特色、それぞれの選手の長所短所を分析すること。

スクエアパス

フィールドを横切るパス、横に出すパスのこと。 攻撃中のセットアップ時に使う。 浦和でよく観られる後方ラインでのパス廻し。

ステップオーバー

ボールを外側から内側にまたぐ技。 古い話ですが、ベルディー時代のカズ・・・、三浦カズが良くやっていたかも?違うかな?(笑)

スモールブリッジ

相手選手の股下にボールを通し、自分は相手選手の横から抜け出る技。

スライディングタックル

上体を倒した状態で体を投げ出し片脚つま先でタックルすること。 相手選手がシュートする直前やドリブルしている時に、スライディングしてボールを蹴り出したり、ボールを奪うプレー。 足の裏でいけばファールとなる。 古い話ですが、浦和のギド・ブッフバルトがよく見せてくれたプレー! 当時のJリーガーは、ギドのスライディングタックルが怖すぎて、ボールを離してしまった選手が多かった様です(笑)

スーパーサブ

スターティングメンバーでは殆ど起用されず、途中から出場し試合の流れを変えられる選手、交代プレーヤーの中で最も期待の出来る選手。 最近はスーパーサブ的な選手、いなくなりましたね。 

スペース

フィールド上において自由にプレーできる空間ポジションのこと。

スルーパス

ディフェンダーの間をすり抜けるパス。 ディフェンダーのギャップを狙ったパス。決定的チャンスや得点に繋がる場面が多い。 

セカンドハーフ

後半

セカンドトップ

FWより少し下がり目、MFよりもやや前寄りにいる選手のポジション。 フォワードとの壁パスやサイドアタッカーからのクロスボールなど、ディフェンダーの死角を突いてエリア内へ走り込んでゴールを狙う。 浦和では武藤雄樹がこのポジションを担っている。

セットプレー

フリーキック及びコーナーキックのこと。 残念ながら、浦和のコーナーキックは得点の期待が薄い・・・(笑) 

センタリング

「クロスボール」のこと。 古い人間はセンタリングと言う(笑)

ゾーンプレス

守備陣形はコンパクト、守備範囲には一定の法則持ったディフェンス。 ボールを持った相手選手に対し、その近くにいる選手がプレスをかける。 また、相手選手とボールの動きに合わせながら、味方選手間においてプレスの受け渡しもする。 自陣ゴールエリアを堅く守り続ける事により、相手へのプレッシャーでボールを奪った際のカウンター狙いなど、チャンスを伺う戦法。

ダイアゴナルラン

フィールドの中央からサイド方向斜め前に走る動き、又は、サイドから中央斜め前に走る動きのこと。 この動きでスペースをつくりあげ、出来たスペースを利用して、チャンスを拡大させる、ある意味献身的なプレー。

第三の動き

味方選手二人によるワンツーパスなどの動きを予測し、第三の動きとなる三人目の選手は、よりフリーなポジションでボールを貰う為に事前の動きを行う重要なプレー。 人とボールが共に動く現代サッカーでは非常に重要なプレーとなる。 日本サッカー界では、元日本代表監督のオシム氏がこの動きを提言し注入した経緯がある。

ダイブ

攻撃側の選手が、相手選手に倒されたかの様に見せかけてファールを貰おうとするだましの行為。 PK獲得を目的に、ペナルティーエリア内で多く観られる。 言葉のとおり、プールや水の中に飛び込む様なイメージで倒れる。 攻撃側の選手は、PKを獲得できないどころか、非紳士的行為としてイエローカードやブーイングを貰ってしまう事が多い。

ダイレクトプレー

ポゼッションサッカーの様に、ボール廻しや人の動きなどで、時間をかけなら相手を崩してゆく様な攻撃イメージの考え方ではなく、シンプルな動きを主体に、フィニッシュのイメージからプレーの流れを組み立てる考え方。

縦パス

相手陣地への方向が「縦」。 その方向へのパスではロングパスが代表的である。浦和では、ボランチポジションの柏木陽介や阿部勇樹、アンカーの遠藤航がこの縦パスを多用しますね。

ダービーマッチ

同じ県、市、町などに2つ以上のチームがある場合、そのチーム同士の直接対決のこと。 浦和レッズvs大宮アルディージャのさいたまダービー!同じさいたま市内に存在している為、かなり近隣のダービーである(笑) ガンバ大阪とはナショナルダービー、鹿島アントラーズとはレッドダービー、FC東京とは首都圏ダービー(笑) 

チップキック

ボールの下側を蹴るキックで、ふわりとボールを浮かしたい時やループシュートを狙う時につかう。

遅攻

守備から攻撃に移る時に、ゆっくりパス廻しをしたり、ドリブルで時間をかける攻撃。

チェイシング

パスされたボールを追いかけ相手選手にプレッシャーをかけること、ボールを持っている相手選手を追いかけてプレッシャーをかけること。 前線のFWに求められる献身的なプレー。

チャレンジ
 

相手選手が保持しているボールを奪いに行くプレーで、自らの後方にカバーリングの味方選手がいる場合に積極的に行うことが多い。

ディフェンシブ・ハーフ

守備的なミッドフィルダー(MF) ボランチ。

ディフレクティング

ゴールキーパーが手のひらを用いてシュートコースを変えるプレー。 キャッチが出来そうもないボール回転やボールスピードがある場合に使う技術。ドイツ代表のマヌエル・ノイヤーはさすがに、ディフレクティングが上手い!

デコイ

ディフェンダーを引きつけるための「おとりの動き」のこと。 味方選手にフリーなポジションやスペースをつくり出す為に動く献身的なプレー。

デュエル

現日本代表監督のハリルホジッチ監督が使い始めた言葉である。 直訳では、「決闘」、「果たし合い」、「生死をかけた勝負」などの意味がある。 サッカー用語ではないが、ハリルホジッチ監督は、日本代表に不足している精神的な強さを求めた意味として、この言葉を多用し使っていると思われる。 「ゴールに向かう意識」 「1対1のボールの奪い合いで勝つ」 「ルーズボールの競り合いでボールを奪う」 「マイボールに相手が激しく来ても取られないフィジカルコンタクトの強さ」これらを、デュエルを兼ね備えた選手として例えている。

トゥーキック

つま先で蹴るキック。 足の振りが小さい為、パスコースやシュートコースの正確性に欠ける。 理想のキックのカタチに余裕がない時、相手選手の意表をつきたい時など、このキックを選択する場合が多い。

トップ下

セカンドトップポジションと意味合いがかぶる。 フォワードのすぐ後ろで中央のポジションに入る攻撃的なミッドフィルダー。 FWとのワンツーから、スペースへ飛び込みシュートを狙ったり、チャンスに繋がるスルーパスなどを供給するプレーヤー。 浦和の柏木陽介はひとつの試合の中で、攻撃的ボランチとトップ下の2つのポジションを熟(こな)していますよね。

トライアングル

ボールを保持している選手を中心に三角形のカタチをつくること。 左右に受け手となる味方選手のサポートがあることで、左側へのパスと右側へのパス、自らのドリブルの三通りの選択肢ができる。 古い話ですが、日本代表オフト監督時代において、トライアングルとアイコンタクトの戦術ワードがかなり流行りましたねぇ~(笑)

ドラッグバック

足の裏でボールを引きターンするフェイント。

トラッピング

トラップすること。 強く転がってきたボール、大きく弾んできたボール、飛んできたボールなど、体全体を柔軟に使いボールを上手にコントロールする技。

トリッピング

足を使ったり、相手選手の前後で身をかがめたりして相手選手を引っかけて倒す、または倒そうとする反則。

ドロップキック

地面からはね返ったボールのキック。 ゴールキーパーがボールをショートバウンドさせてから蹴るキック。

ドロップボール

試合再開の方法のひとつ。 インプレー時において、ルールに無い状況が生じた事で一時的に試合停止した後、主審がボールをドロップして試合再開する方法。

行~ワ行はコチラ 『ニアサイド』~『ワンツーリターン』まで
ア行~カ行はコチラ 『アイコンタクト』~『コンパクト』まで
レッドピース!良く読まれている人気の投稿!