2018ACL組み合わせが決定! 2018ACL日程も決定です!


浦和ブレイクタイム『2018ACL組み合わせが決定! 2018ACL日程も決定です!』

ACL2018、Jリーグ勢のグループは?注目の組み合わせ抽選会『スペシャルドロー』の最速情報!

なお、更新情報については、随時プラスしていきます!

2018年02月04日追記 :

1月30日~31日にACLプレーオフの試合が開催され、各グループ毎におけるプレーオフ枠勝ち上がりクラブが決定。結果は以下の通りとなります。(東アジア地区のみ)

グループE

プレーオフ4枠の勝者:天津権健(中国)

プレーオフ2枠の勝者:柏レイソル(日本)


グループF

プレーオフ3枠の勝者:上海上港(中国)


グループH

プレーオフ1枠の勝者:水原三星(韓国)

2018年01月01日追記 :

天皇杯決勝戦はセレッソ大阪と横浜FMが対戦。延長の末、セレッソ大阪が[2ー1]で勝利し天皇杯を獲得しました。ルヴァンカップに続く2冠達成は本当に凄い栄冠です!

これに伴い、グループEプレーオフ2の対戦ラウンドは、Jリーグ4位の柏レイソルが出場する事が決定、天皇杯王者のセレッソ大阪はグループGの天皇杯枠から堂々の出場が決まりました。

ACLに出場するJリーグクラブの最終確認となりますが、先ずグループステージ出場の3クラブは、リーグ優勝の川崎フロンターレ、天皇杯王者のセレッソ大阪(リーグ3位)、リーグ2位の鹿島アントラーズとなり、

プレーオフラウンド出場の1クラブは、リーグ4位の柏レイソルがそれぞれ出場を決めています。


2017年12月06日当初記事:

12月6日、ACL2018『アジアチャンピオンズリーグ2018グループリーグ組み合わせ』抽選会=スペシャルドローがマレーシアの首都クアラルンプールAFC本部で行われました。

東アジア地区では、アジアチャンピオンズリーグに2度の優勝回数を誇るACL常連の全北現代(韓国)と広州恒大(中国)が出場。

特に全北現代は、ACLでの勝ち方を知りつくしているのか?常に試合巧者の戦い方が出来る勝負強いクラブであると思われます。

西アジア地区ではアジアチャンピオンズリーグ常連の強豪クラブで、ほぼサウジアラビア代表と言ってもいいアル・ヒラルが出場。

ACL2017決勝では浦和レッズに惜しくも敗れ、2018年こそは雪辱に燃えているのではないでしょうか。

日本のJリーグ勢では、リーグ優勝の川崎フロンターレ、同2位の鹿島アントラーズ、同3位のセレッソ大阪の3クラブが既に出場を決めています。

ただし、プレーオフラウンドから出場となるリーグ3位のセレッソ大阪については、天皇杯王者枠(優勝)の可能性が残されており、この時点では仮ポジションとなります。

天皇杯4強に残っているセレッソ大阪以外では、柏レイソル、横浜Fマリノス、ヴィッセル神戸のそれぞれのクラブがACL出場の可能性があるボーダーラインにおり、

何れにしても、天皇杯王者が決定した時点で各グループポジションが最終決定する流れとなります。

毎度の事になりますが、日本だけが複雑な出場条件を採用している為、アジアチャンピオンズリーグ抽選会で最終出場クラブが決定しないと言うのは、本当に如何なモノかと疑問を感じてしまいます。

※天皇杯決勝にセレッソ大阪と柏レイソルが勝ち上がった場合、その時点で柏レイソルのACLプレーオフ以上の出場が決定します。(Jリーグ4位の実績に伴い)



  2018ACLグループステージ組み合わせ!

グループステージ、日本のJリーグ勢が出場する注目の東地区『 E・F・G・H 』の組み合わせはどうなったか

ここでは、日本のJリーグ勢が出場する東地区のグループステージ『E・F・G・H』の組み合わせのみをアップしていきます。

中東クラブを中心とする西地区『A・B・C・D』のグループステージについては、改め追加のレポートで投稿したいと考えています。宜しくどうぞ。


 グループE

2018年02月04日追記 :

1月30日~31日にACLプレーオフの試合が開催され、プレーオフ4枠は天津権健(中国)プレーオフ2枠は柏レイソル(日本)それぞれのクラブが勝ち上がっています。

日本代表の柏レイソル、順当に勝ち上がりました。先ずはグループステージ進出おめでとうございます。

2018年01月01日追記 :

天皇杯はセレッソ大阪が優勝!これに伴いプレーオフ2出場枠を争うラウンドには柏レイソルの出場が決定。


2017年12月06日当初記事:

グループEは、経験豊富な全北現代(韓国)が兎にも角にも抜きん出た強さがあると思われます。2017年ACLでは審判買収事件が発覚、出場剥奪の経緯がある為、今年はその払拭に燃えているかもしれません。

他3クラブは2位狙いの戦略となるのか?全北現代との戦い方が注目されます。尚、プレーオフに廻った日本のJリーグクラブはこのグループに入ります。

プレーオフ4出場国の予想:ブリスベンロアー(豪州)か天津権健(中国)のどちらかに決まると予測。

プレーオフ2出場国の予想:セレッソ大阪か柏レイソルのどちらかのJリーグクラブとムアントンユナイテッド(タイ)との争いになるかと思われますが、ムアントンユナイテッドはタイの強豪クラブ、侮れません。

全北現代 韓国 Kリーグ
傑志 香港 1stDiv
天津権健 中国 CSL
柏レイソル 日本 Jリーグ 

(2018/02/04更新)





 グループF

2018年02月04日追記 :

1月30日~31日にACLプレーオフの試合が開催され、プレーオフ3枠の勝者クラブは上海上港(中国)に決まりました。


2017年12月06日当初記事:

F組トップポジションには、Jリーグ優勝クラブの川崎フロンターレが入りました。

川崎目線になりますが、蔚山現代(韓国)とプレーオフ3から勝ち上がってくると予測される強豪・上海上港(中国)との3クラブによって決勝ラウンド2つのイスを争うことになると思われます。

プレーオフ3出場国の予想:先に記載していますが、間違いなく上海上港が上がってくる事でしょう。2017ACLにおける浦和とのグループステージ、および決勝ラウンドの合計4試合は、本当に壮絶な戦いとなりました。

川崎フロンターレ 日本 Jリーグ
蔚山現代 韓国 Kリーグ
メルボルン・ビクトリー 豪州 Aリーグ
上海上港 中国 CSL

(2018/02/04更新)





 グループG

2018年01月01日追記 :

天皇杯はセレッソ大阪が優勝!グループGから堂々の出場となります。これに伴いグループEのプレーオフラウンドは柏レイソルの出場が決定しました。


2017年12月06日当初記事:

グループG、アジアの強豪クラブ・広州恒大(中国)はタレント揃いで頭一つ抜けた力を持ち、済州ユナイテッド(韓国)は若い選手が多く、乗せてしまうと手が付けられないクラブであると思われます。

ここ数年で力をつけてきているタイリーグのブリラム・ユナイテッド(タイ)も侮れません。

日本のクラブが何処になるかわかりませんが、このグループを突破するには相当厳しい戦いを強いられる事になるかと思われます。強豪揃いで試合環境も厳しいグループになるでしょう。

仮にセレッソ大阪が天皇杯王者となった場合は、このままグループGからの出場となり、他クラブが優勝した場合はそのクラブとなります。

その場合、セレッソ大阪はグループEのプレーオフラウンド2の戦いへ廻ります。

広州恒大 中国 CSL
セレッソ大阪 日本 Jリーグ
 済州ユナイテッドFC 韓国 Kリーグ
ブリラム・ユナイテッド  タイ タイリーグ





 グループH

2018年02月04日追記 :

1月30日~31日にACLプレーオフの試合が開催され、プレーオフ1枠の勝者クラブは水原三星(韓国)に決まりました。


2017年12月06日当初記事:

グループHは実力が拮抗しているクラブが集結しており、このグループからの決勝トーナメント進出は僅差の戦いになるかと思われます。引き分け勝点『1』が重要になってくるのではないでしょうか。

上海申花(中国)今季のリーグ戦は11位と不振でしたが、潜在的に持っている実力と集中力で中国FA杯を優勝し、ACL出場を決めています。その決勝戦では、ライバル上海上港とのダービーマッチに勝利した事もあり、その勢いと共にACLの戦いに挑んでくると思われます。

シドニーFC(豪州)は前期Aリーグの優勝クラブとして出場、今シーズンも上位のポジションをキープしており、その強さは変わらず維持している様です。

プレーオフ1出場国の予想:東方(香港)か水原三星(韓国)のどちらかが勝ち上がってくるかと思われますが、実力通りならば水原三星になるでしょうか…。

シドニーFC 豪州 Aリーグ
上海申花 中国 CSL
 鹿島アントラーズ 日本 Jリーグ
水原三星  韓国 Kリーグ

(2018/02/04更新)

プレーオフから勝ち上がってくるクラブは2018年1月末頃の予定になりますが、大きく力が偏っているグループもなく、力の拮抗したチームが揃ったグループリーグの組み合わせとなりました。

これからの情報アップデートをお見逃しなく!



  2018ACLグループステージから決勝ラウンドまでのスケジュールは!?

2018年はワールドカップロシア大会が6月~7月に開催されます。選手の出場スケジュールに影響は出るのでしょうか…

ACL決勝ラウンドのラウンド16の開催が5月上旬~中旬の予定。ロシアワールドカップグループステージの初戦が6月中旬の予定。代表選手自身がワールカップ前に怪我等をしたくなと言う理由で、ワールドカップ直近のACLには出場を控えることも考えられます。

ACLかワールドカップなのか?代表国の考え方によっては難しい選択になる場合も考えらえますが、選手にとってはどの試合も重要です。

私個人の考え過ぎですね。(笑) 

 プレーオフラウンド

プレーオフラウンド 2018.01.30

 グループステージ

第1節 2018.02.13~14
第2節 2018.02.20~21
第3節 2018.03.06~07
第4節 2018.03.13~14
第5節 2018.04.03~04
第6節 2018.04.17~18

 決勝ラウンド

優勝クラブはFIFA Club World Cup UAE 2018に挑戦することが出来ます!

1STレグ  2NDレグ
ラウンド16 2018.05.07~09 2018.05.14~16
準々決勝 2018.08.27~29 2018.09.17~19
準決勝 2018.10.01~03 2018.10.22~24
決勝 2018.11.03 2018.11.10

※スケジュールは変更になる場合があります。(AFCより)

正直、浦和が出場していないのは残念ですが、日本を代表して出場する各クラブには素直にエールを送りながら各試合を見ていきたいと思います。

また、様々な形式のレポートを作成しながらサポートしていきたいと考えていますので、宜しくどうぞ!

それでは!






ACL2017アジアチャンピオンズリーグ関連記事!

2017ACL組み合わせが決定! 2017ACL日程も決定です! 

 記事

ACL2017浦和レッズ、2度目のアジアチャンピオンに輝く!

浦和IMP『ACL2017、浦和は決勝2NDレグを1-0で勝利!クラブ2度目のアジアチャンピオンに輝く!』

浦和レッズは堀監督の2018年シーズン契約を更新合意したと発表しています。アジアチャンピオン(ACLタイトル)を獲得した評価は相当に高いモノであり、どんなに名将の監督でも簡単に獲得できないタイトルなのですから…..

2017ACL優勝賞金『3,000,000㌦!約3億3000万円!』ボーナス&フィーをレポート!

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



Copyright © urawaredpeas All Rights Reserved.

コメントを残す