浦和IMP『目標修正できずに終わったリーグ戦!2度目のアジアチャンピオンとなったACL!来季に繋がるモノとは!?』


浦和インプレッション『目標修正できずに終わったリーグ戦!2度目のアジアチャンピオンとなったACL!来季に繋がるモノとは!?』

J1第34節 12月02日 14:04
浦和レッズ 横浜Fマリノス
0 1
0 前半 0
0 後半 1
⚽ 得点者 
53分 前田直輝
– 
–  – 
💳 イエローカード 
矢島慎也 61分
宇賀神友弥 61分
💳 レッドカード 
⚽ スタッズ
8 シュート数 10
7 GK 12
7 CK 4
11 直接FK 11
3 間接FK 2
3 オフサイド 2
0 PK 0
埼玉スタジアム2002 41,618人   


〔浦和出場メンバー〕

西川周作
平川忠明 阿部勇樹 槙野智章 宇賀神友弥
梅崎司➫武藤雄樹(63分) 柏木陽介 青木拓也

矢島慎也➫長澤和輝(71分) 高木俊幸➫ズラタン(79分)

興梠慎三  

 公式動画


2017年8月上旬、長期政権のペトロヴィッチ体制から堀体制へ変更をかけた浦和。

首位チームから差がつきはじめていた時期、戦術や選手起用の変更をかけながら、引き続きリーグチャンピオンを狙ってゆく。

難しい戦いが続く中、目標を変えてACL出場3位圏内に照準を合わせるのか?フロント陣がフォローしなければならない戦力補強もはっきりしない中で試合は続く。

ただ、堀監督はこのピンチを乗り越えようと健闘する。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)では、対戦クラブのレベルが格段に上がっている中、規律ある明確な戦い方を実践し、2度目のアジアチャンピオンを獲得する。

ドタバタの監督交代劇やDFマウリシオ獲得の動きではっきりしたことがある。浦和フロント陣の動きは本当に遅く、監督人事やスカウティングなど、フロント陣営の責任は大きい。今更ではないが…

ACLは2度目のチャンピオンという偉業を成し遂げるが、ルヴァンカップ、天皇杯は早々に敗退し、リーグ戦は7位で終わる。浦和にとって複雑なシーズンとなった。

しかし、クラブワールドカップへの出場がある。2017年の浦和の集大成として、持っている力を存分に披露し、雰囲気を楽しみながら挑戦してほしい。

そして世界に浦和の姿を魅せつけてもらいたい。

それでは。




成績関連ピックアップ!

浦和ブレイクタイム『クラブワールドカップ2017賞金&トーナメント表』

クラブワールドカップ2017、浦和レッズの初戦は12月9日(土曜・日本時間25時)アブダビのシェイク・ザイード・スタジアムにて、開催国枠アルジャジーラ(UAE)vs オークランドシティー(オセアニア王者)の勝者のどちらかと戦います…..

直近の試合関連

浦和IMP『ACL2017、浦和は決勝2NDレグを1-0で勝利!クラブ2度目のアジアチャンピオンに輝く!』

浦和レッズは堀監督の2018年シーズン契約を更新合意したと発表しています。アジアチャンピオン(ACLタイトル)を獲得した評価は相当に高いモノであり、どんなに名将の監督でも簡単に獲得できないタイトルなのですから…..

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程表』

準々決勝の抽選結果が出ました。下記添付の決勝トーナメント表通りの内容となり、東アジアブロックは日本勢、中国勢それぞれ同国同士の潰し合いとなりました。やや残念な気もしますが、考え方によっては…..

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



Copyright © urawaredpeas All Rights Reserved.

コメントを残す