浦和IMP『スルガ銀行チャンピオンシップ、シャペコエンセ戦と互角の戦いも浦和がPKで勝利!』

follow us in feedly


浦和インプレッション『スルガ銀行チャンピオンシップ、シャペコエンセ戦と互角の戦いも浦和がPKで勝利!』
スルガ銀行チャンピオンシップ 8月15日 19:00
浦和レッズ シャペコエンセ
1 0
0 前半 0
1 後半 0
 
阿部勇樹 90+4
– 
–  – 
退場者 – 
埼玉スタジアム2002 11,002人   
〔出場メンバー〕

榎本哲也

森脇良太➫遠藤航(65分) マウリシオ 槙野智章

駒井善成➫菊池大介(65分) 柏木陽介 阿部勇樹

宇賀神友也➫平川忠明(78分)  

ラファエルシルバ 武藤雄樹➫長澤和輝(90+8) 

ズラタン➫オナイウ阿道(90+8)   


 シャペコエンセ戦、マウリシオのデビュー戦となりました。選手間の意思疎通はまだ過程段階なので難しいかと見ていましたが、ボールの捌き方や左右に振るパスのスピードや角度など、迷いが無く、腰の据わったしっかりとしたプレーを見せてくれましたね。

 また、時折見せていたビルドアップのタイミングも、なかなか巧い印象を受けました。センターバックとして、これまでに無い安定したディフェンスラインを保っていたのではないでしょうか。これかのリーグ戦にどのくらいフィットできるか楽しみですね。

 スルガ銀行チャンピオンシップの浦和タイトルは嬉しいのですが、最後のPKはやや微妙な判定になったかもしれません。これもサッカーなのでしょうが、何れにしても、シャペコエンセはアグレッシブで本当に素晴らしいチームでした。機会があれば再び対戦したいクラブです。


試合後の堀監督のコメント抜粋  

 攻守において我慢する時間の長いゲームでした。フィニッシュの一歩手前のところまで行くことはできたが、そこから先の動き出し、積極性という部分で、少し足りなかった部分があった。

 ボールを奪われ、カウンターを食らうシーンがあったが、攻守の切り替えを早くして、止められるところもあった。その部分では、少しずつ上がってきているところだと思います。

 守備においては、押し込まれるところがあったが、選手たちはゴール前で粘り強く守ってくれた。2試合連続で失点しないでゲームを終えられたということは、進歩している部分。少しずつですが、勝負の分かれ目みたいなところをしっかり見つめ、チームがよくなっていくように、やっていきたい。



関連投稿!
浦和レッズトピックス『シャペコエンセvs浦和レッズ スルガ銀行CS2017決定』

 記事

レッドピース!良く読まれている投稿!


コメントを残す