浦和レッズトピックス『ペトロヴィッチ監督の解任を発表!後任は堀孝史コーチ!』

follow us in feedly


浦和レッズトピックス『ペトロヴィッチ監督の解任を発表!後任は堀孝史コーチ!』

 7月30日浦和オフィシャル情報: 

 浦和レッズは、ミハイロ・ペトロビッチ監督(59)と契約解除したことをオフィシャルにて発表。事実上の解任となり、後任監督は堀孝史コーチ(49)が務める。

 「このたび、2012シーズンより指揮を執っておりました、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督との契約を本日付けで解除いたしましたので、お知らせいたします。また、合わせて、杉浦大輔コーチとの契約も解除いたしました」としています。

 ペトロビッチ監督コメント:

 『浦和レッズというクラブで5年半もの間、仕事ができたことはとても栄誉なことでした。この間、チームだけでなく、もちろん私だけでなく、クラブ全体で良い仕事ができたと思っています。本当にクラブ全体から、多大なるサポートをもらいました。』

 『チームは1年1年、右肩上がりに成績を上げ、良い成績を残してきました。しかしながらここ2~3カ月は良い結果を出すことが出来ておらず、監督としてその責任を取ることは当然であると考えています。』

 『クラブから多大なるサポートをして貰ってきた中で、期待されている様な結果を出すことができなかったことについて、申し訳ない気持ちでいます。今となっては、Jリーグでの優勝はやや難しい状況となってしまいましたが、3位以内は十分に狙える状況にあり、是非来シーズンのACL出場に向かってほしいと思います。』

 『また今シーズンのACLではベスト8に勝ち進んでおり、スルガ銀行杯、ルヴァン杯、天皇杯も合わせてタイトルを獲得するチャンスは十分にあります。今こそファン・サポーターの皆さんのサポートが必要です。是非、チームを応援してください。』

 『ファン・サポーターのみなさんには、大きな愛を与えていただき、私は心から感謝していますし、クラブスタッフのみなさんの素晴らしいサポートにも、あらためてありがとうと言わせてください。』

 『チームはすぐに、大宮アルディージャとのダービーマッチを控えていますが、こういうときだからこそ、ファン・サポーターのみなさまにはチームに、選手に力を与えて欲しいです。素晴らしい5年半ではありましたが、こういう形で終わりを向かえることもサッカーの世界ではあることです。』

 『共に大きな成果を得ることはできませんでしたが、そしてここでお別れをしなければなりませんが、私たちが友人であることに今後も変わりはありません。本当にありがとうございました』

 様々な評価はあるかと思いますが、何れにしても、浦和レッズ5年半の監督業が終わる日となりました。ペトロビッチさん、本当にお疲れ様でした。

 さて、監督が堀監督に変わったからと言って、簡単にチームが勝てるとは思えません。ただ、選手起用なのか?ポジション変更なのか?戦術の伝わり易さなのか?何か変化が起こるキッカケになるのではないでしょうか?

 これは、サポーターも同様だと思われます。変わる時は、多少なりとも我慢が必要になります。今季は厳しいシーズンと捉えながらも、まだカップ戦を含めた多くの挑戦があります。心機一転の気持ちで、サポートしていきたいと思います。

 札幌戦で大きくスタミナ消耗してしまった厳しいチームコンディションの中、次節ダービー大宮戦へ向けた準備に集中し、一番の期待としては、何とかリベンジを果たしてほしいと思います。

それでは。

スポンサーリンク


直近の試合関連投稿
浦和インプレッション『セレッソ大阪戦の大敗、今季目標の修正含め切り替えのタイミングか!?』+動画

首位セレッソとの直接対決に大敗しセレッソの勝点は41まで上昇、浦和は変わらず29のまま、その差は12点。浦和は、今季リーグ戦の目標(優勝)を明確に修正し切り替えなければならないタイミングに入ったのでないでしょうか…..

浦和インプレッション『ドルトムント戦、エムレ・モルの個人技に翻弄され敗戦!』

浦和の守備陣にとって、76分、79分とエムレ・モルのスピード力と巧みなテクニックの連続ゴール(失点)は、ドルトムントの選手層の厚さ、抜きん出た個人技の凄さ、何れにしても力の差を痛感したと…..

浦和ブレイクタイム『新潟戦に挑んだ本当の目的は何だったのでしょうか?』

浦和レッズ、今節の新潟戦に挑んだ本当の目的は何だったのでしょうか?試合前に、一部の選手達からは『監督の為に勝利する』『監督を辞めさせるわけにいかない』などの発言が多く聞かれ、危機的な状況に…..


浦和インプレッション『川崎に完敗、モチベーション差が明らかに!』+動画

浦和は、ここ数年で最も悪い状態なのでしょうか?川崎戦後に柏木が発言している『去年は負ける気がしなかった。今年は勝つ気がしない』の言葉が、今の浦和を象徴しているのではないだろうか。今年の浦和の…..

浦和インプレッション『広島戦、関根のプレーは浦和に変化をもたらすか?』+動画

最後は関根自身の『個の力』で打開し、逆転勝利。6人抜きは本当に見事でした。最初は行く気がなかったとコメントしている関根ですが、相手選手のプレッシャーからパスコースがなくなってしまったので仕方なく…..


関連投稿ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 

スポンサーリンク


コメントを残す