浦和IMP『アウェイ札幌戦0-2の敗戦、最後は9人の意地で戦う展開に!?』+動画

follow us in feedly


浦和IMP『アウェイ札幌戦0-2の敗戦、最後は9人の意地で戦う展開に!?』+動画
J1第19節 7月29日 14:03
コンサドーレ札幌 浦和レッズ
前半
後半 0
都倉賢 32分
ジェイ 88分
退場者
39分 槙野智章
サッポロドーム 33,353人   

 公式動画(2017/07/29日 第19節) 

 先ず、都倉選手のヘディングゴールの失点。都倉選手の持つフィジカルの強さ、ヘディングの巧さは警戒していたにも拘わらず、簡単に失点に繋げてしまう守備の弱さ。槙野の寄せが甘いのか?チェックが遅いのか?それとも都倉が巧いのか?

 何れにしても、このカタチの失点シーン、何試合連続で見ている事だろうか?もしかしたら、柏木は、『またこれか~』と心の中で苦笑し呟いていたかもしれません。

 その後はよくわからない槙野の退場劇。まさかのレッドカードをもらうとは、想定外の出来事に。都倉と競り合う中、1失点と1発退場という、踏んだり蹴ったり(笑)の記憶に残る試合になってしまったのではないでしょうか?

 そして、驚きの選手3枚替え….その替えた1人の那須が早々に負傷リタイア。槙野の退場までは仕方がない状況と踏まえていたものの、まさかの9人で戦う必死の展開になってしまうとは?なぜか?

答えは、試合後のコメントにあります。

 試合後のペトロヴィッチ監督のコメント抜粋

 質問『3人同時に代えた理由をより具体的に。リスクもあったと思うが・・・』

 リスクというのは常にあると思います。例えば交代のタイミングが違ったとしても、ケガ人が出る可能性はあるわけで。そうした中で、何かリスクを冒さなければ状況を変えられないと思っていたので、3人を同時に代えようと思いました。試合が終わってから皆さんは推察されますが、私自身はその前に判断をしなければならないわけです。私としてはあの選手交代で試合をひっくり返すことができると思っていましたし。そして、後半は前半よりも良い内容で戦えていたと私は思っています。 


 後半の浦和は9人の状態で、スタミナの消耗と同時に足が攣る中、攻撃面では幾つかの得点チャンスをつくり、守備面では、素早いプレスやチェックで攻撃の芽を潰し、意地の戦いを見せていたものの、最終的には、ペトロヴィッチ監督のまさかの3枚替えの判断が、全て逆の展開へと流れ、大きなリスクを負ってしまったと考えられます。

 カップ戦の優勝決定戦やチャンピオンシップ決勝の展開なら、冒していいリスクかもしれません。リーグ戦中の試合で行う判断ではないと言う事は、プレーしている選手でも理解できる事ではないでしょうか。

 今節の試合で、何人かの選手はスタミナを大きく消耗し、コンデショも大きく落としている可能性があります。この暑い夏場の時期において、これだけ多くの選手を酷使してしまうと、大宮戦以降のチーム状態が厳しい状態になるのは否めません。

 何れにしても、今の浦和は何かがずれています。先々に繋がる方向性を早々に見せてもらいたいと願います。

それでは。

2017.07.30 ペトロヴィッチ監督は解任され、堀コーチが新監督に就任しています。  

スポンサーリンク


浦和レッズトピックス『ペトロヴィッチ監督の解任を発表!後任は堀孝史コーチ!』

浦和レッズは、ミハイロ・ペトロビッチ監督(59)と契約解除したことをオフィシャルにて発表。事実上の解任となり、後任監督は堀孝史コーチ(49)が務める。このたび、2012シーズンより指揮を執っておりました、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督との契約を本日付けで解除いたしましたので…..

直近の試合関連投稿
浦和インプレッション『セレッソ大阪戦の大敗、今季目標の修正含め切り替えのタイミングか!?』+動画

首位セレッソとの直接対決に大敗しセレッソの勝点は41まで上昇、浦和は変わらず29のまま、その差は12点。浦和は、今季リーグ戦の目標(優勝)を明確に修正し切り替えなければならないタイミングに入ったのでないでしょうか…..

浦和インプレッション『ドルトムント戦、エムレ・モルの個人技に翻弄され敗戦!』

浦和の守備陣にとって、76分、79分とエムレ・モルのスピード力と巧みなテクニックの連続ゴール(失点)は、ドルトムントの選手層の厚さ、抜きん出た個人技の凄さ、何れにしても力の差を痛感したと…..

浦和ブレイクタイム『新潟戦に挑んだ本当の目的は何だったのでしょうか?』

浦和レッズ、今節の新潟戦に挑んだ本当の目的は何だったのでしょうか?試合前に、一部の選手達からは『監督の為に勝利する』『監督を辞めさせるわけにいかない』などの発言が多く聞かれ、危機的な状況に…..


浦和インプレッション『川崎に完敗、モチベーション差が明らかに!』+動画

浦和は、ここ数年で最も悪い状態なのでしょうか?川崎戦後に柏木が発言している『去年は負ける気がしなかった。今年は勝つ気がしない』の言葉が、今の浦和を象徴しているのではないだろうか。今年の浦和の…..

浦和インプレッション『広島戦、関根のプレーは浦和に変化をもたらすか?』+動画

最後は関根自身の『個の力』で打開し、逆転勝利。6人抜きは本当に見事でした。最初は行く気がなかったとコメントしている関根ですが、相手選手のプレッシャーからパスコースがなくなってしまったので仕方なく…..

関連投稿ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 

スポンサーリンク


コメントを残す