浦和インプレッション『ドルトムント戦、エムレ・モルの個人技に翻弄され敗戦!』

follow us in feedly


浦和インプレッション『ドルトムント戦、エムレ・モルの個人技に翻弄され敗戦!』
Jリーグワールドチャレンジ2017 7月15日 19:10
浦和レッズ ボルシア・ドルトムント
1 前半 0
1 後半 3
興梠慎三 24分 76分 エムレモル
遠藤航 85分 79分 エムレモル
88分 アンドレシュルレ
埼玉スタジアム2002 58,327人   


 浦和の守備陣にとって、76分、79分とエムレ・モルのスピード力と巧みなテクニックの連続ゴール(失点)は、ドルトムントの選手層の厚さ、抜きん出た個人技の凄さ、何れにしても力の差を痛感したと思われます。槙野はエムレ・モルに何度もアタックされ続け、時間の経過と共に振り切られてしまう展開に。相手選手が若く格上とは言っても、浦和守備力の補強は本当に急務であると考えられます。

 85分に遠藤航のゴールで同点になり、浦和勝利の可能性を感じる時間帯も一時ありましたが、最後は何とも言い難い守備の崩れにより追加点を奪われ敗戦に。失点場面における西川のポジション取りに安定感がないのか、一本でも好セーブがあれば試合展開が変わっていたかもしれません。

 浦和はシーズン中のコンデション、ドルトムントは始動して間もない状態であるにもかかわらず、最後までチャンスを見逃すことのない集中力は、流石に世界を代表する強豪クラブの選手達である事をドルトムント自らが証明したと思われます。

  エムレ・モルの個人技にはやられてしまったが、浦和の好材料としては、前半戦の引いた守備陣形の中で、細かな対人チェックやルーズボール狙いの動きが落ち着いてやれていたこと。しっかりと守備陣形を組み攻撃への切り替えの流れが試合の中で具現化されていたのは良かった点ではないか。

 最後に、今回のドルトムント戦において浦和の選手達はどのくらい通用したのでしょうか?

 関根がサイドアタックを何度かトライアルし、可能性を感じるプレーもありましたが、ルーズボールを奪う場面やパスを受ける場面で、完全にフィジカルで負けていた選手もいた。何れにしても、その答えは、プレーした選手達が一番わかっている事なのではないでしょうか。

それでは。

浦和レッズ先発メンバー ドルトムント先発メンバー
GK 1 西川周作

DF 5 槙野智章

DF 6 遠藤航

DF 46 森脇良太46’⇩

MF 3 宇賀神友弥46’⇩

MF 9 武藤雄樹64’⇩

MF 10 柏木陽介

MF 22 阿部勇樹64’⇩

MF 24 関根貴大64’⇩

MF 30 興梠慎三46’⇩

FW 8 ラファエル・シルバ64’⇩

GK 1 ロマン・ワイデンフェラー

DF 5 マルク・バルトラ46’⇩

DF 26 ウカシュ・ピスチェク66’⇩

DF 29 マルセル・シュメルツァー

DF 36 エメル・トプラク46’⇩

MF 8 ヌリ・シャヒン62’⇩

MF 18 セバスティアン・ロデ46’⇩

MF 27 ゴンサロ・カストロ

FW 17 オバメヤン46’⇩

FW 21 アンドレ・シュルレ

FW 22 クリスティアン・プリシッチ46’⇩

 公式動画

交代メンバー 交代メンバー
DF 4 那須大亮46′

MF 15 長澤和輝64′

MF 18 駒井善成46′

MF 39 矢島慎也64′

MF 7 梅崎司64′

FW 13 高木俊幸64′

FW 21 ズラタン46′

DF 2 ダンアクセル・ザガドゥー46′

DF 25 ソクラティス46′

DF 30 フェリックス・パスラック66′

DF 4 ネベン・スボティッチ46′

MF 10 マリオ・ゲッツェ62′

FW 14 アレクサンデル・イサク46′

FW 9 エムレ・モル46′

 エムレ・モル(Emre Mor ・19歳 )デンマーク出身のトルコ人。19歳の若さでトルコ代表に選出されている。ミッドフィールダー、フォワードのポジションをこなし、スピード力のあるドリブルテクニックと、力強いシュートが武器。トルコのメッシとも言われている。

スポンサーリンク


ボルシア・ドルトムント関連トピックス!
浦和レッズトピックス『浦和と対戦のドルトムント、前日練習を無料観覧と発表!』

浦和レッズトピックス『ドルトムント来日予定メンバー発表!地上波ライブ決定!+DAZN』

浦和レッズトピックス『浦和レッズvsボルシア・ドルトムント』7月15日開催決定!


ドルトムントのチームバスが爆破事件に遭う!』チャンピオンズリーグにて。
メディア関連投稿

浦和レッズトピックス『ファンタスティック4』『浦和四銃士』伊メディア  

浦和レッズトピックス『関根貴大、伊メディアからリトル・リベリと称される』

浦和レッズトピックス『シャペコエンセvs浦和レッズ スルガ銀行CS2017決定』

スポンサーリンク


コメントを残す