浦和レッズトピックス『トレント・セインズベリー、豪代表DFの獲得の動きは本当か?』

follow us in feedly


7/31:追加レポート『セインズベリーの獲得交渉断念か?』一番下に追記あり

浦和レッズトピックス『トレント・セインズベリー、豪代表DFの獲得の動きは本当か?』

 浦和はこの夏の移籍市場において、新規DF選手の獲得に動いているとの情報が噂なのか?それとも本当なのか?何れにしても、スポーツ紙やネットメディア上に挙がってきているのは事実です。

 その獲得に動いている選手は、トレント・セインズベリー(25)1メートル84センチ、ポジションはCBからSBのポジションをこなすDF。

 現役オーストラリア代表で、現在は江蘇蘇寧(中国CSL)に在籍。今年初めにインテル・ミラノ(イタリアセリエA)に半年間レンタル移籍していた動きがあり。日本代表の長友と同僚だったことになります。

 今回、浦和が獲得に動いているとの情報は、オーストラリアのTVメディア『SBS』電子版が報じた事で判明。

 前期シーズンのインテル・ミラノでは、コンデションが不調だったのか?チーム戦術にフィットしなかったのか?実際のところは判りませんが、出場機会にほとんど恵まれ無かった様です。

ただ、今年の6月ロシアで開催されたコンフェデレーションズカップにおいては、オーストラリア代表に選出され、レギュラー組で出場しています。昨年WC最終予選のオーストラリア代表vs日本代表戦においてもフル出場の実績があります。

 江蘇蘇寧とトレント・セインズベリーは、2018末まで契約を残していますが、2017年中国CSLは、出場登録の外国人枠を4+1→3+1への規制影響(+1アジア枠)もあり、クラブ側が移籍の検討を行っているのは事実の様です。

現在、江蘇蘇寧には、MFアレックス・テイシェイラ、MFラミレス、FWロヘル・マルティネス、DFホン・ジョンホが在籍中ですが、セインズ・ベリーはアジア枠となる為、同枠のホン・ジョンホが移籍対象になる可能性も考えられます。

江蘇蘇寧の新監督に就任しているカレペッロ氏は、セインズ・ベリーを一軍登録し、ホン・ジョンホを外す構想であると伝えられていますが、その場合、移籍の動きは難しく無くなると考えられます。

 更なる情報として、2017年に横浜Fマリノスに入団している同国代表のデイフェンダー・ミロシュ・デゲネクが、7月16日サッカー専門誌『FourFourTwo』にて、浦和のトレント・セインズベリー獲得の動きについて以下の忠告的なコメントを出したと報じています。


『浦和では定期的にプレーできるだろうから、彼には良い移籍になるかもしれない。しかし、彼はヨーロッパのサッカーに適合していると思う。彼は日本でプレーするよりも高いレベルにある選手。セインズベリーがビッグクラブにいないことは残念。彼はコンフェデレーションズカップで最高のディフェンダーの1人だった。彼はビッグクラブにいなければならない。重要なのは、毎週末にプレーすること。毎週プレーできるなら、どのクラブであってもどのレベルであっても問題ない。』

 何れにしても、今季の浦和は多くの失点を重ねていること、CKでの得点チャンスの少なさを見ていれば、高さとフィジカルの強さを兼ね備えたDF補強は急務であること、当然のことですが、監督もコーチ陣もスカウトもわかっているはずです。(今更ではありますが)

 これまでの浦和の獲得動向においては、ブラジル人FW・ウェリトンのガセネタ(なぜFWを獲得?)などもあった為、この情報自体が、どこまで確実なモノになるのか、噂止まりになってしまうのか全く判りませんが、何れにしても少し期待しながら、今後の情報を待ちたいところです。

それでは。

7月31日追加情報:

トレント・セインズベリー、豪代表DFの獲得は失敗との情報あり。レポート内でも伝えていますが、6月から就任した新監督ファビオ・カペッロ氏の構想により、セインズベリーが戦力としてチームに残っているとの情報。

これに伴い浦和の獲得交渉が難しくなったと想定されますが、浦和側がオフィシャルにしていない為、今回獲得の動きは事実だったのか?それが不明です。

何れにしても、高さとフィジカルコンタクトの強い守備要員が手薄の中、浦和スカウト陣の力不足が露呈しています。

まだ移籍マーケットが開いている状況の中、新たな戦力獲得に向けた動きはしているのでしょうか?

浦和スカウトの動きが注目されます。

スポンサーリンク


2017.8月新規獲得選手情報!
浦和レッズトピックス『マウリシオ・アントニオの加入が内定!』

『このたびは、日本のトップクラブである浦和レッズのユニホームを着られることになり、大変名誉なことだと思っています。チームのために全力で戦い、自分のベストを尽くすことを約束します。』


浦和レッズトピックス『マウリシオ・アントニオ、ブラジル人DF獲得の動きあり!?』

獲得に動いている選手は、マウリシオ・アントニオ(25)1メートル84センチのセンターバック。国籍はブラジルです。現在はポルトガル1部リーグのマリティモに所属。ブラジルの名門サンパウロの下部組織で育ち、ブラジル代表U-15~17に選出されている逸材…..

浦和限定!2017J1リーグ対戦クラブ別勝敗表!
浦和ブレイクタイム『浦和限定!2017J1リーグ対戦クラブ別勝敗表!』
浦和直近試合のインプレッション
浦和IMP『アウェイ札幌戦0-2の敗戦、最後は9人の意地で戦う展開に!?』+動画
先ず、都倉選手のヘディングゴールの失点。都倉選手の持つフィジカルの強さ、ヘディングの巧さは警戒していたにも拘わらず、簡単に失点に繋げてしまう守備の弱さ。槙野の寄せが弱いのか?チェックが遅いのか?それとも都倉がうますぎるのか…..


浦和インプレッション『広島戦、関根のプレーは浦和に変化をもたらすか?』+動画

最後は関根自身の『個の力』で打開し、逆転勝利。6人抜きは本当に見事でした。最初は行く気がなかったとコメントしている関根ですが、相手選手のプレッシャーからパスコースがなくなってしまったので仕方なく…..

浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表

スポンサーリンク


コメントを残す