浦和レッズトピックス『ACL浦和vs済州戦のAFC処分決定』英文内容の翻訳文掲載!

follow us in feedly


浦和レッズトピックス『ACL浦和vs済州戦のAFC処分決定』英文内容の翻訳文掲載!

 アジアサッカー連盟(AFC)は、6月30日ACLラウンド16-2NDレグ『浦和レッズvs済州ユナイテッド』戦で起きた乱闘騒動に対しての処分を決定、7月9日に発表しています。処分内容は以下の通り。

 また、AFC処分の英語原文をGoogleで日本語翻訳したモノをレポートの後に掲載しています。直訳したモノになる為、若干おかしな表現も出てきますが、内容として十分読み取れるかと思います。

済州ユナイテッドの処分 

➀済州ユナイテッドクラブに対し、USD 40,000(約440万円)の罰金

②チョ・ヨンヒョン(20番)15分、81分と2枚のイエローカードを貰い、退場になった選手。6ヶ月間の出場停止とUSD 20,000(約220万円)の罰金 

③ぺク・ドンギュ(3番)阿部勇樹にエルボータックル、レッドカードで退場となった控えの選手。3ヶ月間の出場停止とUSD 15,000(約165万円)の罰金 

④クォン・ハンジン(5番)120分+6分、揉み合いが落ち着いた後、最後に一発レッドを貰った選手。2試合の出場停止とUSD 1000(約11万円)の罰金

浦和レッズへの処分内容

➀浦和レッズクラブに対し、USD 20,000(約220万円)の罰金

 韓国メディアによれば、済州ユナイテッドはこの処分内容を不服とし、異議申し立てに動くとのことですが、この状況で何が変わると言うのでしょうか? 

 あくまでも個人的な意見です。正直、済州側の処分が、かなり軽い内容になっているかと思われますが、今回の処分、皆さんはどう受け取りますか?

AFC処分の英語原文を日本語に訳したモノはこの下になります。

sponsored links


 


 AFC処分内容の英語原文をGoogleにて日本語翻訳しています。明らかにおかしな箇所は若干手を入れ読みやすくしていますが、なるべく翻訳された状態で掲載しています。

 浦和レッズ(JPN)対済州ユナイテッド(KOR)のAFCチャンピオンズリーグの試合で、委員会は119分の退場と両クラブの公式代表団を入れた試合後の事件を含む6件の事案を決定した。

浦和レッドダイヤモンズ(JPN)が、AFCに済州ユナイテッドFC(KOR)選手の行動を調査するよう要請した抗議が支持された。

 済州ユナイテッドFC(KOR)のチョ・ヨンヒョン選手は、6カ月間の試合中止、2万ドルの罰金を科すよう命じられた。試合中止は、アジア全域(すなわち、国内、大陸、国際試合のすべて、親善試合、公式試合または公式試合のいずれか)で行われるものとする。

 チョは試合で2度目の警告を受け、81分にレフリーによって追い出された。追放されたにもかかわらず、試合が終わった後、彼は再び試合の場に入り、意図的にレフリーを押す行いをし、試合を深刻な評判に落とした。

 済州ユナイテッドFC(KOR)のペク・ドンギュ選手は、3カ月間の試合中止、15,000ドルの罰金を科すよう命じられた。試合中止は、アジア全域(すなわち、国内、大陸、国際試合のすべて、親善試合、公式試合または公式試合のいずれか)で行われるものとする。

 使われていない交代要員のペクは、119分に試合の場に入り、意図的に相手のプレーヤーの顔を肘で打ち負かす暴力行為をし、レフリーによって追放された。

 済州ユナイテッドFC(KOR)の選手であるクォン・ハンジンは、2試合中止、1,000ドルの罰金を科すよう命じられた。試合の中止は、AFCのクラブ大会で行われる次の試合に持ち越されるものとする。

クォンは試合後の騒動で相手のプレーヤーの顔に手で暴力行為を起こしレフリーから追放された。

 4万ドルの罰金を科された済州ユナイテッドFC(KOR)と浦和レッドダイヤモンズ(JPN)は、試合後の争いにチームの代表団も参加、2万ドルの罰金を科せられた。

 ここで読みとれる情報として、今までの報道には無かった事実が幾つか判明。

  先ず、チョ・ヨンヒョン選手(20番)は2枚のイエローカードを貰い退場になった後、審判に対し手で押す様な意図的な行為があった事。

 また、ペク・ドンギュ選手(3番)の阿部勇樹に対する肘打ちエルボーの行為については、『意図的に相手のプレーヤーの顔を打ち負かし』と言う表現を使っている事から、明らかに阿部勇樹を狙った行為、暴力行為の判断をしている事が判ります。

 更に、クォン・ハンジン選手(5番)が、浦和の選手の誰か?はわかりませんが、顔に手を出した行為が、試合後にあった事も明らかになっています。

 重複してしまいますが、済州ユナイテッド側は処分が重すぎると言うことで異議申し立てを行うとの事ですが、ここまでの暴力行為が明らかになっている以上、その異議が無駄なことはわかるはずです。

浦和目線ではなく、客観的な見方として、これ以上の重い処分になるかと予測していた為、正直AFCの判断には驚きです。

 『浦和レッズvs済州ユナイテッド』戦で起きた乱闘騒動の波紋はまだまだ続そうですが、何れにしても、浦和は次のステージの戦いがあります。

外野は何かと騒がしいかもしれません。無駄な気力や体力を使わず、目の前の試合に集中し、この状況での浦和の強さをアジアに見せつけて欲しいと思います。

それでは。

sponsored links


ACL関連投稿ピックアップ!

浦和インプレッション ACLラウンド16-2NDレグ『浦和レッズ vs 済州ユナイテッド』海外メディアの反応と阿部勇樹の偉大さ!

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント準々決勝、川崎vs浦和に決定!』

浦和インプレッション ACL2017決勝ラウンド16-1ST『済州ユナイテッド 2-0 浦和レッズ』 
浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント勝敗表-TV放送予定』 
浦和ブレイクタイム 2017ACL『決勝トーナメント組み合わせ表』
2017ACL『グループステージ E鹿島 F浦和 G川崎 Hガンバ 勝敗表』
2017ACL『グループステージ-東アジア地区出場クラブ、全日程-TV放映予定』  浦和レッズACL2017『浦和レッズACLグループF組試合スケジュール』
浦和インプレッション ACL2017 MD6『FCソウル 1-0 浦和レッズ』 

浦和インプレッション ACL2017 MD5『浦和レッズ 6-1 ウェスタン・シドニーW』 

浦和インプレッション ACL2017 4.11『浦和レッズvs上海上港』試合結果! 
浦和インプレッションACL2017第3節『上海上港vs浦和』試合結果! 
浦和インプレッション ACL2017『浦和vsFCソウル』試合結果! 
浦和インプレッションACL2017『ウェスタン・シドニーWvs浦和』 
浦和レッズトピックス『FCソウルvs浦和レッズ さいたまシティカップ2017』TV放送&ラジオ中継! 2016/02/09 

sponsored links


 

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す