浦和ブレイクタイム J1第9節『大宮vs浦和』さいたまローカルダービー!

follow us in feedly


J1第9節『大宮アルディージャ vs 浦和レッズ』

4月30日(日)15:00

NACK5スタジアム

  DAZN テレ玉

浦和ブレイクタイム J1第9節『大宮vs浦和』さいたまローカルダービー!

sponsored links



 明日は『大宮アルディージャvs浦和レッズのダービーマッチ』。通常の言い方としては、『大宮vs浦和、若しくは、浦和vs大宮のさいたまダービー』になるのでしょうが、より厳密な意味合いから(笑)言えば、『さいたまローカルダービー』となるのではないでしょうか。

 さいたま市の行政区画内に本拠地を構える2つのJ1クラブであり、ホームスタジアムにおいては、直線距離で約6km圏内、県道を使用した最短距離でも約10km圏内と言う近隣に位置する条件。同一区内の意味においては、真のローカルダービーになると考えられます。

 さて、先ず最初の『さいたまローカルダービー』となるJ1第9節の最大の注目は、勝点1の最下位にいる大宮アルディージャと勝点19の首位にいる浦和が対戦すると言う、現状のチーム成績にこれほどの大差のある状況でのダービーマッチになったことではないでしょうか。

 今シーズンの大宮アルディージャは危機的な状態にあります。リーグ戦の約2割となる8試合を消化した時点で勝点1。これまでの得点は2、失点17で、1試合あたりの平均得点は0.25、平均失点は2.1という結果。まだ序盤戦とは言っても、この流れ(ペース)で試合を消化すれば、J2降格は逃れられない事態になると考えられます。

 これまで大宮アルディージャの精神的支柱であり、そして得点源となっていたエース『家長昭博』の川崎フロンターレへの移籍が影響しているのかもしれませんが、それでも、大きく選手層が下がった訳でもなく、2016年5位の成績からは、全く想像できない厳しいチーム状態に陥っていると思われます。

 この状態だからこそ大宮が狙ってくるのは、『1位の浦和レッズに勝利すること』ではないでしょうか。大宮アルディージャからすれば、浦和に勝つことが出来れば、現状から抜け出す大きなキッカケとなり、その後の上昇にも繋がると、恐らくモチベーションを高めていると考えられます。

 今節アウェイとなる浦和は、いつも通りの『裏を狙う、隙を突く、速いサッカー』で、その大宮アルディージャの狙いやモチベーションに対して返り討ちが出来るのか?ある意味、トップチームの意識を持って強いサッカーが出来るのか?楽しみであり見モノでもあります。

 ペトロヴィッチ監督が浦和に就任してからの対大宮の戦績は、4勝2分2敗の勝ち越し。その内、NACK5スタジアムの対戦成績は2勝2敗の五分の成績です。J1ステージにおけるこれまでの戦績は9勝6分7敗(勝率40.9%)となっており、浦和からすれば、大宮アルディージャは決して歩のいい相手には入りません。浦和としては、決して大宮を侮ることなく、これまで通りのサッカーをすれば結果はついてくるかと思われます。

 J1唯一のローカルダービーは『浦和vs大宮』だけ。ネットメディア上では、『18位大宮アルディージャが1位浦和レッズに下剋上!』などと、無理やりにダービーマッチを盛り上げている様ですが、この希少な戦いを大いに楽しみ、そして浦和の勝利に期待したいと思います。

何れにしても『さいたまローカルダービー』楽しみです!今回のブレイクタイムはここまで・・・。

それでは


sponsored links


関連投稿ピックアップ!
浦和レッズJ1リーグ全試合レポート 2017J1順位表(Ranking Table)
浦和得点ランキング2017 浦和クラブ別勝敗表
ルヴァンカップ2017日程『グループステージから決勝まで-試合結果-TV放送』 
浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程表』

sponsored links


コメントを残す