浦和レッズトピックス『ハリル監督ACL浦和vsウェスタンシドニー戦で浦和を称賛!?』

follow us in feedly


浦和レッズトピックス『ハリル監督ACL浦和vsウェスタンシドニー戦で浦和を称賛!

 4月26日(水)ACL第5節、浦和レッズvsウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦を視察した日本代表監督、ハリルホジッチ氏が、この日の浦和のサッカーを称賛したとのことです。今年8月31日W杯予選となるオーストラリア代表戦を控えていることもあり、オーストラリア選手の運動量や動きのクセなどを掴む目的もあったのかもしれませんね。

この日の浦和は6-1でWSWに勝利し、ACL決勝トーナメント進出を決めています。

 その戦いぶりを観たハリル監督の発言。『オーストラリアのチームにとって、浦和のプレーは速すぎたのもしれない。相手選手の背後を突いていけるのは日本の長所。爆発的なスピードがあると試合はこうなる』『浦和は3年間見ているので、選手達は全員よく知っている。ほとんどの選手が代表候補に入っている。ラージグループと言う意味でもありますが』とのこと。ラージグループ?なかなかの評価ですね。

 2017年シーズンは、関根貴大や駒井善成の若手の台頭、ベテラン興梠慎三、柏木陽介の好調ぶり、最近では、その関根貴大にドイツの複数クラブが興味を示している報道なども重なり、ハリル監督からすれば多くの見る価値があったのかと思われます。ACLと言う国際舞台で勝利すること、その経験を重ね活躍している選手に一目置くのは当然の流れではないでしょうか。

 浦和の選手にとっては、海外移籍する目標や日本代表を目指していく上でも、様々なサッカー関係者やメディアに対し、多くの活躍する姿を見せるチャンスがある為、一つずつ勝ち上がりながら、決勝へとコマを進めてもらいたいと願います。

 ハリル監督の『浦和の選手のほとんどが日本代表候補のラージクラス』というのは、いい意味でのリップサービスだと捉えられますが、何れにしても、当事者の選手達がその感想コメントを聞いて、悪い気はしませんよね。(笑)

それでは。

スポンサーリンク


メディア関連投稿
浦和インプレッション『ドルトムント戦、エムレ・モルの個人技に翻弄され敗戦!』

浦和の守備陣にとって、76分、79分とエムレ・モルのスピード力と巧みなテクニックの連続ゴール(失点)は、ドルトムントの選手層の厚さ、抜きん出た個人技の凄さ、何れにしても力の差を痛感したと…..

浦和レッズトピックス『ファンタスティック4』『浦和四銃士』伊メディア  

浦和レッズトピックス『関根貴大、伊メディアからリトル・リベリと称される』


ACL関連投稿
2017ACL『グループステージ E鹿島 F浦和 G川崎 Hガンバ 勝敗表』
2017ACL『グループステージ-東アジア地区出場クラブ、全日程-TV放映予定』  2017ACL組み合わせが決定! 2017ACL日程も決定です! 

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す