『ドルトムントのチームバスが爆破事件に遭う!』チャンピオンズリーグにて。

follow us in feedly


『ドルトムントのチームバスが爆破事件に遭う!』チャンピオンズリーグにて。

 衝撃的な事件が起こりました。11日(日本時間12日)開催のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ『ドルトムントvsASモナコ』戦の試合前、ドルトムントの選手を乗せたチームバスが爆破事件に遭遇。選手の一人、DFマルク・バルトラ(スペイン代表)が右手を骨折する大けがを負いました。その他の選手や香川真司、チームスタッフにケガ人は出ていないと報道されています。

 ニュースが発信された当初は事故なのか?事件なのか?様々な情報が混在していましたが、時間を追う毎に、ドルトムントの選手バスを狙った攻撃(テロの可能性?)であると伝わってきています。

 爆破場所付近で犯行声明らしき文書が見つかり『ISへの空爆作戦からのドイツ空軍撤退やドイツ国内の米空軍基地の閉鎖』などの内容が書かれていたとのこと。また、ドイツ警察が犯行に関与した容疑者1人を拘束したとの追加報道も入っています。

 今回、ドルトムントの選手やスタッフが受けた恐怖は想像できません。複雑な気持ちと共に精神的なショックも大きいと思われます。そして、負傷したマルク・バルトラ選手の元気な復帰を願うばかりです。 

中止されたチャンピオンズリーグの試合『ドルトムントvsASモナコ』は、1日順延にて開催されるとの事です。

それでは。

〔4/13追加情報〕

13日(日本時間12日深夜)に順延されていたチャンピオンズリーグ準々決勝1STレグが開催され、ドルトムントは 2ー3で ASモナコに敗れてしまいました。

香川真司はフル出場、1得点1アシストで大活躍しましたが、健闘むなしくドルトムントは敗戦。試合は見れませんでしたが、選手の精神面、モチベーションはどうだったのでしょうか?

➤香川真司のコメントを入手

『この様な精神状態で試合をするのは難しかった。次に何とかやれると思っている。』ドルトムントチームのショックが大きく難しいコンディションだった事が伺えます。日本代表監督ハリルホジッチからも安否を気遣う連絡をもらったとの事。

準々決勝2NDレグの勝利に期待です。

関連トピックス

浦和レッズトピックス『浦和vsドルトムント』7月15日開催予定に!


sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す