浦和レッズトピックス『関根貴大、伊メディアからリトル・リベリと称される』

follow us in feedly


浦和レッズトピックス『関根貴大、伊メディアからリトル・リベリと称される』

 少し前の話題となりますが、浦和のMF『関根貴大』がイタリアメディアのサッカー専門サイト『トゥットメルカートウェブ・コム』において、あのフランス代表アタッカーのリベリを連想させる選手と例えられ、日本の次世代の注目選手として『リトル・リベリ』と称されながら特集されています。

 浦和レッズ右サイドバック、165cmの体格ながらも、高速ドリブルで縦に突破する動き、サイドからの鋭いクロスボールをあげるチャンスメークが関根の持ち味。『小柄ながらもスピードとテクニックがある。フィジカルは欠点だが、素晴らしい戦術眼でゴールも決められる選手』と紹介されている。

 『トゥットメルカートウェブ・コム』の記事内容では、世界の大人気サッカー漫画『キャプテン翼』に出てくる翼くんのパートナー『岬太郎』のキャラクターにもイメージされながら、フランス代表アタッカーのリベリをやや連想させるとのことで『リトル・リベリ』と称された。

 関根貴大、今シーズンのリーグ第3節の甲府戦での活躍は凄い可能性を感じさせましたが、今回のイタリアメディアの評価は、関根のモチベーションに大きく影響したのではないでしょうか?素直にうれしいと思われますが。

 イタリアメディアにおいては、浦和攻撃陣の4人FW『興梠慎三、武藤雄樹、李忠成、ラファエル・シルバ』がサッカー専門サイト『トゥットカルチョ・エステーロ』でも取り上げられており、『浦和四銃士』=『ファンタスティック4』と称され2017年シーズンの活躍ぶりが紹介されています。

何れにしても今年はイタリアメディアでの特集が何だか多いですね!(笑)

それではまた!

sponsored links


浦和インプレッション『ドルトムント戦、エムレ・モルの個人技に翻弄され敗戦!』

浦和の守備陣にとって、76分、79分とエムレ・モルのスピード力と巧みなテクニックの連続ゴール(失点)は、ドルトムントの選手層の厚さ、抜きん出た個人技の凄さ、何れにしても力の差を痛感したと…..


浦和インプレッション『広島戦、関根のプレーは浦和に変化をもたらすか?』+動画

最後は関根自身の『個の力』で打開し、逆転勝利。6人抜きは本当に見事でした。最初は行く気がなかったとコメントしている関根ですが、相手選手のプレッシャーからパスコースがなくなってしまったので仕方なく…..

和レッズトピックス『仙台戦負傷の関根貴大』検査異常なし! 

浦和レッズトピックス『ファンタスティック4』『浦和四銃士』伊メディア  

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す