浦和インプレッションJ1第5節『ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ』

follow us in feedly


浦和インプレッションJ1第5節『ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ』

 開幕4連勝中のアウェイ神戸との対戦、結果は3-1で浦和の勝利。浦和の攻守が、前半と後半(15分過ぎ)でガラリと別モノに変わった実に興味深い試合内容となりましたね。

 それでは、インプレッションに入りましょう。前半の浦和は、中央付近でのボールクッションとなるプレーが自由に出来なかったことで、チーム全体が間延びする状態に。対する神戸は浦和エリアへ引っぱり出されない様、前線プレッシャーは適度な加減と距離感で対応。浦和の後方ラインで自由にボールを廻させることで、浦和の中央付近を自由にさせない対策をとってきました。

 開幕からわずか1失点と言う統率のとれた守備陣形により、センターラインから神戸バイタル付近の中央スペースは、ほぼ神戸側の支配となりましたね。その状況の中、浦和は後方からのロングフィードで神戸DFラインの崩しを仕掛けるものの、決定機に繋がる打開策には至らず、逆に、神戸は、浦和のパスミス、中央から後方のプレスで奪ったボールを、素早いカウンターやサイドからの突破で攻撃してきました。

 神戸は浦和にボール支配を許すことで、あえて我慢のサッカーを展開してきました。ある意味、ネルシーニョの十中にはまったとも言えるのではないでしょうか。

 後半15分過ぎの浦和は別モノになります。ボランチポジションで駒井が投入され、交代で退いた武藤のシャドーポジションに柏木が入ります。駒井のドリブルキープ力は流石でした。身体もかなりキレていると感じましたが、駒井自身の中央から縦方向に向かっていく推進力により、神戸の守備陣はその動きに引っ張られる状況へと変わりましたね。

 サイドのスペースや神戸側のバイタル付近のスペースが出来始め、浦和FW陣のオフザボールの動きも活発になり、その流れが経過する中、柏木がギャップスペースに走り込み、興梠の巧みなヒールパスを受けた後、神戸4人の守備人に囲まれながらも、テクニカルなフェイントで躱しながらのファインゴール!見事でした。

 その後、追加点を挙げることが出来ましたが、ミスから始まった失点は余計でしたね。かなり前掛かりで浦和守備側はガラ空状況の中、興梠の連携ミスが発端となる失点でしたが、時間帯からみても、その時2-0と言う得点差からみても、あまりに軽率な守備陣形になっていたと思われますが、落ち着いてGK西川を躱してゴールを決めた中坂勇哉、いい選手ですね。

 何れにせよ追加点が獲れる保障もなく、2-1から逃げ切れる絶対的な守備が出来る訳な無いはず。ACL上海上港戦のエウケソンにゴールを決められた原因は、西川のフィードミスなのは明らかですが、そもそも浦和守備側がガラ空き状態だったことが事の始まりと考えられます。

 ペトロヴィッチ監督が『相手陣地内で圧倒的な攻撃サッカーを展開する』と掲げても、やはりボールを奪われない保障などありません。次節の仙台戦に続き、中3日後にはACL上海上港戦のホームゲームが待ち受けています。どこかのTVではありませんが、本当に負けられません。

 今季失点が多いのは確かですが、かなり前掛かりの時に発生する失点を修正していかないと、今後の大一番で取返しのつかない事に繋がるかもしれません。何れにしても、毎試合、多くの得点が失点以上に獲れるならいいですが、ゴールが決まらないモードが必ず訪れてきます。守備の修正、本当に期待します。

それでは。

4月01日(土)16:00

J1第5節 ヴィッセル神戸 1-3 浦和レッズ

得点者(浦和)61分柏木 64分遠藤航 90+2分柏木

(神戸)81分中坂

ノエビアスタジアム(18,889人)

  DAZN

sponsored links


浦和レッズJ1リーグ全試合レポート
関連投稿

浦和レッドピースニュース!『ポドルスキ、Jリーグデビューは7月から』 

楽天がサッカースペインリーグのバルサと胸スポンサー契約へ! 


〔ここからは試合前に投稿しているミニコラム、浦和ブレイクタイムです〕

浦和ブレイクタイム J1第5節『ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ』

 ワールドカップ予選日本代表戦ウィークの2試合が終了し、3月19日のガンバ大阪戦以来となる久々のJリーグ。ワールドカップ出場を賭けた日本代表戦も注目されますが、Jリーグ第5節のこの試合『ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ』もリーグ序盤戦での注目の試合となるのではないでしょうか。

 今節、浦和のアウェイゲームとなるヴィッセル神戸は、開幕から4試合負けなしの絶好調を維持。勝点12点を挙げ、順位は当然のことながら1位に君臨。

 先ず、これまでのヴィッセル神戸4試合の対戦成績ですが、

清水0-1神戸 神戸2-1新潟 仙台0-2神戸 神戸0-1磐田

 これまで4試合の対戦相手については、Jリーグ前シーズンの成績において、中段から下位に位置するクラブとの戦いが3試合、昇格組が1試合となっていた為、前シーズンセカンドステージ2位の実績、及び、今シーズンの戦力をみれば、十分に分のある相手であったと考えられます。

 勿論、絶対に勝点3が獲れる様な簡単な試合などありません。あくまでも実力や戦力的な比較となるので、その上でしっかり結果を出している神戸は、戦力と共にチームの精神力やモチベーションなどの力が高いレベルにある証拠。また、攻撃の中心であるレアンドロが故障不在の中、4連勝も凄いの一言。ヴィッセル神戸3シーズン目の監督ネルシーニュのフィロソフィーがしっかり浸透している証拠なのかもしれません。

 好調神戸と対戦する浦和ですが、未だにボランチポジションからGKまでに至るディフェンスエリアの連携に不安要素を抱えている状態。今シーズンは監督ペトロヴィッチの掲げる『圧倒的に攻めるサッカー』をする上で、かなり前掛かりな攻撃を意識している事も要因かと思いますが、DF裏スペースを突かれ失点する場面が多い状況です。

 前掛かりになればなるほど、ボランチの役回りが忙しくなり、FWのフォロー、DFのフォローまで多くこなさなければなりません。これを怠れば、相手側にいい位置でボールを奪われた時にかなり危険な場面をつくることに繋がります。前と後ろにいる選手との連携や伝達がまだ未完成な状態と言えるでしょう。この中断期間でどのくらい修正できたのか?実戦での確認になりますね。

 毎度のお約束、ペトロヴィッチ監督が浦和就任後における神戸との対戦成績ですが、3勝2分3敗の完全なる五分の状態。浦和の3勝は全て浦和ホーム、3敗はすべて神戸ホームとなります。ホーム&アウェイの勝敗が明らかに出ている対戦成績です。因みに明日は神戸のホーム。どうなるでしょうか。 

 神戸との試合は、毎回ミラーゲームと称されます。サイドバックポジションの旧浦和選手とのプライドを賭けた競り合いにも注目され、お互いアグレッシブで攻撃的な試合になります。何れにしても、多くのデュエルや決定機が観られる面白い試合になると思われますが、どうなるでしょうか?楽しみです。

それでは

sponsored links


関連投稿

浦和レッドピースニュース!『ポドルスキ、Jリーグデビューは7月から』 

楽天がサッカースペインリーグのバルサと胸スポンサー契約へ! 

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


コメントを残す