2026年ワールドカップアジア出場枠は8ヵ国に拡大へ

follow us in feedly


2026年ワールドカップアジア出場枠は8ヵ国に拡大へ

 FIFAは2026年ワールドカップ(W杯)の本大会出場数を、現行32チームから48チーム(+16)に拡大することで決定していますが、これに伴い、各大陸出場枠の改革案が提案されました。

 FIFAジャンニ・インファンティニ会長が推し進めて決定した『48カ国の出場枠』に続き、今回提案された大陸出場枠の改革案も、大会収益増に繋がることがよく判ります。この案については、今年5月上旬バーレーンで開催されるFIFA理事会で承認される見込み。基本的には、決定事項になると思われます。

〔大陸出場枠の改革案は以下の通り〕

①ヨーロッパ 16カ国(現行 13カ国)(+3カ国)

②アフリカ 9カ国(現行 5カ国)(+4カ国)

③アジア 8カ国(現行4もしくは5カ国)(+3~4カ国)

④南米 6カ国(現行4もしくは5カ国)(+1~2カ国)

⑤北中米アメリカ6カ国(現行 3もしくは4カ国)(+2~3カ国)

⑥オセアニア 1カ国(現行0もしくは1カ国)

⑦プレーオフ 2カ国(6カ国で出場を争う)

合計48カ国

sponsored links


 ①ヨーロッパや④南米では、2~3カ国の増加にとどまっていますが、②アフリカ③アジアでは最大4カ国の増加となっています。やはり、大会収益に繋がる中東オイルマネー、中国マネー、アフリカ開発投資マネーの見込みを狙った枠組みの考えなのでしょうか?また、オセアニア1カ国の出場枠も決定。

 ヨーロッパ各国の理事から問題提議されている、出場国レベルの低下やワールドカップ価値低下への懸念については、巨額マネーに押され有耶無耶(うやむや)になりそうですね。

 アジア枠が8カ国になる事で、日本が楽にWCに出場できるかどうかはわかりません。これに伴いアジアのレベルが高くなることも想定されます。3月のWC最終予選の日本代表vsタイ代表戦、日本代表が4-0で勝利しましたが、タイ代表のサッカーが自信のあるプレーで、高いテクニックを魅せていたのは正直驚きでした。

 2026年までには、このタイ代表を含めた東アジア勢、東南アジア勢のレベルが相当上がっている可能性があります。また増収の件にかかわることですが、例え中国マネーを見込んでいても、肝心の中国代表がWCに出場できるかどうかは約束されていません(笑)。

 日本代表についても同じ事が言えると思います。ロシアWC2次予選や最終予選(途中)の戦いにおいて、得点差とは別に、これまでの殆どの試合がギリギリの勝利だった様に映ります。勿論、気を抜いて勝てる試合はありません。これについては、日本代表のレベルが落ちていると言うよりも、確実に他国のレベルが上昇していると考えられます。恐らく、これまでアジアの強国だった韓国代表も同様の事を感じているのではないでしょうか。

 先ずは、アジアチャンピオンズリーグで常に優勝に絡めるJリーグクラブのレベルアップが望まれます。広いアジア地域の様々な環境に対応できる順応性、その中で戦える選手の感覚や勘、代表選出の考え方も含め、WCアジア予選で戦える日本代表のベースが形成されるのではないでしょうか?

 何れにしても、アジアの出場枠が8カ国に増えた中で、日本代表が予選敗退になったらどんな事が起きるでしょうか?聞きたくなフレーズなのですが、だから故に『絶対に負けられない試合がここにある』のかもしれません。つまらなくてごめんなさい!(笑)

それでは。

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す