浦和ブレイクタイム『J1リーグ優勝賞金22億の意味。ルヴァンカップ、天皇杯も増額』

follow us in feedly


浦和ブレイクタイム『J1リーグ優勝賞金22億の意味。ルヴァンカップ、天皇杯も増額』


 2017年Jリーグ、いよいよ2月25日に開幕です!

 今年から1ステージ制のリーグ戦に変更、外国籍枠の在籍人数5人まで拡大(出場3+1は変更せず)など、大きくレギュレーションが変更されています。その中で最も注目されているのが、優勝クラブへ支給される賞金総額がかつてない金額に変わること

 ストリーミング配信メディア『DAZN』のJリーグ全試合独占中継に伴う、英国パフォームグループとJリーグの10年2100億円の大型契約により、Jリーグは、その巨額な資金をベースに、Jリーグ戦の優勝賞金や上位クラブへの配分金を大幅に増やす事を決定しました。

 アジアのサッカー界において、常に実力トップのJリーグクラブを創出する事や、Jリーグに見合った(笑)外国籍タレントの獲得など、それらの強化に必要とされる資金面を、優勝賞金や分配金などの支給にて実現させる狙いがある様です。

単純にお金だけあれば強くなるとは思えませんが、何れにしても、その使い方次第になるのでしょうね。

 ただ、全てのタイトルを獲得することができたら一体いくらの賞金+分配金が獲得出来るのでしょうか? ACLタイトル獲得+CWCタイトルの獲得までは、正直リアリティに欠けるので(笑)、国内タイトル3冠獲得であればどうでしょうか?

 勿論、相当難しいハードルではありますが、過去に達成しているクラブが存在している事・・・可能性はゼロではありません。

 もし、2017年に3冠達成するクラブが出たら、そのクラブはどう変わっていくのか?大きな注目を浴びることになるでしょう。

 参考資料として、ACLに優勝した場合の賞金や、その後CWC出場の際に戴ける『お金』(笑)も含め、各カテゴリー毎にまとめてみましたので、併せながら確認していきましょう。

【カテゴリー毎の賞金一覧へ続く・・・】 

1.『2017明治安田生命J1リーグ』

2.『2017YBCルヴァンカップ』

3.『第97回天皇杯』

4.『アジアチャンピオンズリーグ ACL』

5.『クラブワールドカップ CWC』

1.『2017明治安田生命J1リーグ◇優勝賞金+分配金等の総額 22億円
●賞金

◇1位優勝賞金 3億円 ◇2位準優勝賞金 1億2千万円 ◇3位賞金 6千万円

●理念強化分配金のクラブ支給額 (4位まで) ※2018年~3年間に分けて支給

◇1位優勝クラブ 15,5億円 ◇2位準優勝クラブ 7億円 ◇3位クラブ 3,5億円 

◇4位クラブ 1,8億円

※分配金の支給比率(1位優勝クラブ 支給総額15,5億円の場合)

2018年⇒10億円 2019年⇒4億円 2020年⇒1,5億円

●均等配分金(J1全クラブに支給)

◇3億5千万円  

 明治安田生命J1リーグ戦に関しては、優勝賞金の増額もありましたが、誰がどう見ても理念強化分配金の支給額がとてつもなく大きいですね。優勝クラブに支給される総額22億円は、これまでにない額。準優勝クラブは総額11億7千万、3位のクラブは総額7億6千万、4位は5億3千万のそれぞれが支給されます。

 結果的に5位以降のクラブについては、均等配分金3億5千万の支給は全く変わらない為、リーグタイトルを狙いつつも、ルヴァンカップ、天皇杯の何れかの獲得、若しくは両方の獲得も視野に入れ戦う必要があると思われます。

 長いリーグを戦う上で、上位進出が難しいと思われる戦力的な事情を抱えているクラブでも、リーグ戦とは異なるルヴァンカップに優勝する事が出来れば、賞金+配分金で5億円となり、更に天皇杯も獲得出来れば最大6億5千万となり、リーグ戦4位の賞金額を上回る事が出来ます。

 上位の数クラブとそれ以下のクラブでは、リーグ戦結果の支給額で大きな差がつく事が視えている為、兎にも角にもカップ戦タイトルは全クラブ必死(笑)!?で狙ってくるかと思いますが・・・。

2.『2017YBCルヴァンカップ◇優勝賞金 1億5千万円
●賞金

◇優勝賞金 1億5千万円 ◇準優勝賞金 5千万円 ◇3位賞金 2千万円(2クラブ)

3.『第97回天皇杯◇優勝強化費 1億5千万円
●チーム強化費(賞金)

◇優勝強化費 1億5千万円 ◇準優勝強化費 5千万円 ◇3位強化費 2千万円(2クラブ)

※天皇杯の場合、チーム強化費=賞金となる。

 更に、5位以降のクラブに関して、バックに資金力のあるスポンサーが付いているクラブと、元々資金力の乏しいクラブ、若しくは経営が厳しいクラブとの差も今まで以上にわかり易くなるのでないでしょうか?

 次シーズンに向けた補強が殆ど出来ない場合、益々上位クラブとの格差が拡大してしまう可能性も出てきます。何れにしても、タイトル上位(賞金の出る)に食い込む勝負をしていかなければなりません。

 色々な見方が出来る今年のリーグ戦、中盤戦ぐらいからはクラブ毎の思惑も絡みはじめ、そこから終盤戦にかけての戦い方も例年にない面白さが見られるかもしれません。また、シーズン終了直後からのストーブリーグについても、今まで以上に活発な動きになりそうです。

【参考賞金、ACL・CWCへと続く・・・】

sponsored links


 ここからのACL、CWCの賞金に関しては、2016年度の実績を参考にしています。2017年度の賞金額に大きな違いはないと思われますが、賞金とは異なるACL関連の補助費等については、Jリーグか日本サッカー協会から、充分な追加費用が出ているものと思われます。

 やや話がそれますが、ACLに出場する事自体『罰ゲームに参加する様なモノ』として比喩されていた時がありましたね。少ない補助金によりクラブ側に負担が圧し掛かる状況、スケジュールに至っては、ACLとリーグ戦、時には代表戦など、それら過密日程における選手の疲労、大きな怪我でもあれば戦力ダウンへと繋がることも。 

 極端な話ですが、リーグ終盤戦で、J1残留争いに絡んでいたら目もあてらません。実際の事はわかりませんが、チームの状況によっては、リーグ戦に戦力を優先する考えがあってもおかしくなかったと思われます。

4.『アジアチャンピオンズリーグ ACL◇優勝賞金 約3億4千万円
●賞金 (2016年の賞金を参考)(1ドル113~114円 レート変動あり) 

◇優勝賞金 約3億4千万円 USD3,000,000

◇準優勝賞金 約1億7千万円 USD1,5000,000

※アウェイ試合の際は旅費補助費として、約300~500万円が支給あり。

※グループステージ勝利ボーナス、勝利に約450万円、引き分けに約230万が支給。

※ラウンド16進出ボーナス約900万円の支給。ベスト8進出ボーナス1400万円の支給。

※ベスト4進出ボーナス約2300万円の支給。


5.『クラブワールドカップ CWC◇優勝賞金 約5億7千万円
●賞金 (2016年の賞金を参考)(1ドル113~114円 レート変動あり)

◇優勝賞金 約5億7千万円 USD5,000,000

◇準優勝賞金 約4億5千万円 USD4,000,000

◇3位賞金 約2億8千万円 USD2,500,000

◇4位賞金 約2億3千万円 USD2,000,000

◇5位賞金 約1億7千万円 USD1,500,000

◇6位賞金 約1億1千万円 USD1,000,000

◇7位賞金 約5千5百万円 USD500,000

 国内リーグ、ACLのそれぞれのタイトルを獲得するのは『絶対に負けられない戦いがここにある』的な気持ちでは、絶対に無理(笑)。それ相応以上の戦力や資金力、そして、1年通じて『強かでズル賢い戦術』をやり遂げられる監督もいなければなりません。

 2016年CWCにおいて、アジア初の決勝進出を成し遂げた鹿島アントラーズは開催国枠からの出場でしたが、世界NO1のレアル・マドリードと戦うまで勝ち上がった『事実と実績』は大きな財産となったのではないでしょうか。もう一つの鹿島アントラーズをみせられました。

 何れにしても、ACL王者=アジアチャンピオンになること自体が大きな栄誉であり、その称号があってこそ世界の舞台で戦う意味もあるのではないでしょうか。ACLチャンピオン、CWCチャンピオンになるというのは、本当に高いハードルです。

最後のまとめに続く・・・

さて、2017年に3冠達成した場合の賞金総額になりますが・・・

● J1リーグ優勝 22億円(分配金は3年間で支給)

●ルヴァンカップ優勝 1,5億円

天皇杯優勝 1,5億円 

3冠合計は25億円となります。凄い額ですね!

 ・・・ここで笑う話ではありませんが、中国スーパーリーグの上海申花は、今季、元アルゼンチン代表のテベスを約47,5億円の年棒(2年95億円)で獲得。日本の3冠合計の約2倍を一人で獲得してしまいましたが、2017ACLプレーオフであっさり敗退。とんでもなく拍子抜けの話題となっています(笑)。

 常にアジアチャンピオンを目指す為には、選手のレベルアップに繋がる設備投資、タレント戦力の補強や入れ替え、コーチ、スタッフ等の補強など、多くの資金が必要となります。獲得した『賞金・分配金』の使い方が拍子抜けにならない様、クラブ強化の意味を理解しながら上手に使ってほしいですね。

22億円なのか?23,5億円なのか?25億円なのか?

何れにしても、20億円を超える大金は、どこのクラブが獲得するのか?

答えは今年の年末にわかります。本当に楽しみです。

それでは。

sponsored links


関連投稿ピックアップ!
浦和レッドピース『新国立競技場、Jリーグ本拠地クラブに、鹿島アントラーズ、FC東京が候補に』

2017年J1優勝チームに総額21,5億円を支給予定!


浦和レッズ共同経営会社『ダイヤモンドF.Cパートナーズ』11月中旬に設立!

 記事


コメントを残す