浦和ブレイクタイムACL2017『ウエスタン・シドニーWvs浦和』

follow us in feedly


ACL2017 グループF MD-1

Western Sydney Wanderers FC vs UrawaRedDiamonds

ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC vs 浦和レッズ

2月21日(火)17:00(日本時間)

キャンベルタウン・スポーツスタジアム(収容人数、約20,000人

場所:ペンブルックシア通-キャンベルタウン-ニューサウスウェールズ2560

 いよいよ浦和のACL2017が始まります!第一節はウエスタン・シドニー・ワンダラーズ戦、オーストラリアの地・アウェイゲームとなります。

 浦和の近況ですが、さいたまシティカップ・FCソウル戦では1-1のドローゲーム、鹿島アントラーズとのFUJI XEROX SUPER CUP 2017においては、2-3の敗戦。やや厳しい戦いが続いていますね。

 オーストラリアAリーグもシーズン終盤に突入しています。鹿島アントラーズと戦ったFUJI XEROX SUPER CUP 2017と同日に、ウエスタンシドニーワンダラーズはシドニーFCとのシドニーダービマッチに1-0で勝利。

ダービーに勝利し、モチベーションも高い事でしょう。

 この試合では、WSWのサポーターが十数人逮捕される事態があった様で、浦和戦においても、その熱いサポーター達の洗礼が待ち受けているかもしれません!?

浦和にとっては厳しい試合になるかと予測されますが、なんとか跳ね返し『結果・勝利』に拘ってほしいと思います。

【ウエスタン・シドニー・ワンダラーズの浦和ブレイクに続く・・・】

sponsored links


ACL2017『ウエスタン・シドニー・ワンダラーズ戦』試合前のミニリサーチ、浦和ブレイクタイム!

ウエスタン・シドニー・ワンダラーズのミニリサーチ(簡易的なモノ)になります。最初にAリーグについても簡単に触れています。興味があればご覧下さい!

●Aリーグ(オーストラリアリーグ)の簡単解説

Aリーグは、『シーズン総合優勝』と『Aリーグ優勝』の2つの栄冠があります。

①Aリーグレギュラーシーズンは、10チームによる3回戦総当りで戦う1シーズン制。合計27試合。レギュラーシーズン1位が『Aリーグ優勝』となる。

②レギュラーシーズン終了後、上位6チームまでがファイナルシリーズへ進出できる。ページシステムトーナメント方式によりシーズン総合優勝クラブ(グランドファイナル勝者)を決める。※ページシステムトーナメント方式とは、J2で行っているJ1昇格プレーオフ方式に似ているトーナメントになります。(開催シーズンによりレギュレーションの変更あり)

●ウエスタン・シドニー・ワンダラーズの歴史(タイトル)

Aリーグを脱退したゴールドコースト・ユナイテッドFCに代わる新しいクラブとして、オーストラリアサッカー連盟 (FFA) により2012年に創設が告知され、正式に創設された2012/13シーズンにAリーグ優勝の快挙。その翌年にACL2013に出場し、初出場でACL王者となる。これはもっと快挙ですね!

【Aリーグ優勝 2012/13年シーズン 1回】

【AFCチャンピオンズリーグ優勝 1回】

●ウエスタン・シドニー・ワンダラーズのACL2017出場に至る前年度成績

2015/16シーズン

【グランドファイナル優勝・Aリーグ優勝】 アデレード・ユナイテッド

【グランドファイナル準優勝・Aリーグ2位】 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ

●ウエスタン・シドニー・ワンダラーズの現在のチーム状況

2016/17レギュラーシーズンの成績は、Aリーグ10チーム中、現在6位とやや低迷。レギュラーシーズン27試合中20試合の約7割以上を消化している。(最新2月18日時点)

順位 クラブ名 試合数 勝ち 分け 負け 得失 勝点
1 Sydney FC 20 14 5 1 31 47
2 Melbourne Victory 19 11 3 5 15 36
3 Melbourne City FC 20 8 6 6 7 30
4 Brisbane Roar FC (ACL) 20 7 9 4 2 30
5 Perth Glory 20 7 7 6 1 28
6 Western Sydney Wanderers FC (ACL) 20 5 9 6 -5 24
7 Newcastle Jets 20 5 6 9 -7 21
8 Wellington Phoenix 20 5 4 11 -11 19
9 Central Coast Mariners 19 5 4 10 -12 19
10 Adelaide United (ACL) 20 3 5 12 -21 14

sponsored links


●Aリーグの中で最も注目度のある試合が「シドニー・ダービー」

2016年10月に行われた2016-17シーズンのAリーグ開幕戦、ウェスタンシドニー・ワンダラーズとシドニーFCによる13度目の「シドニー・ダービー」は、オリンピックスタジアムで行われ、Aリーグ戦歴代最多となる6万1880人の観客動員を集めた。試合はシドニーFCが4-0で勝利。

2017年2月18日に行われたダービマッチはウエスタンシドニーワンダラーズが1-0で勝利。ANZ Stadiumの観客動員数は4万4843人。シドニーダービーのサポーターの熱さは別モノですね!

ACL浦和戦において、WSWのサポーターはどのくらいの圧力をかけてくるのでしょうか?これもアウェイ戦の楽しみの一つです!

●ウエスタン・シドニー・ワンダラーズの監督

トニー・ポポヴィッチ (元オーストラリア代表DF)

ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC監督にはクラブ創設と同時に就任。今年2016-17シーズンで5シーズン目となります。現役時代は、サンフレッチェ広島(1997-2001)に4年間在籍し、DF陣の要となる活躍をしています。ある意味、日本のJリーグを知り尽くしている男ですね。今年、ACLプレーオフで敗れた中国スーパーリーグ『上海申花』の監督オファーがあるとか?ないとか?

●ウエスタン・シドニー・ワンダラーズに在籍している日本人選手は?

楠神順平 (KUSUKAMI Jumpei)

昨年2016年7月にサガン鳥栖から完全移籍。サガン鳥栖時代は、ベンチを温める事が多く出場機会に恵まれていなかった様ですね。オーストラリアAリーグに移籍してからの活躍は目覚ましく、リーグ戦節毎のベストイレブンに移籍3試合で2度も選ばれ、月間ベストイレブンにも選ばれる活躍ぶり。現在はチームに欠かせない中心選手となっています。

過去に在籍していた日本人選手

小野伸二  2012-2014 (現在所属:北海道コンサドーレ札幌)

高萩洋次郎 2015 (現在所属:FC東京)

田中裕介 2015 (現在所属:セレッソ大阪)

ウエスタン・シドニー・ワンダラーズのA代表選手

調べた限り、現在A代表選手は在籍していない様ですが、もしいたらスミマセン(笑) 元A代表選手については不明です。

以上になります。それでは。


sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す