浦和レッズレポート『FUJI XEROX SUPER CUP 2017vs鹿島アントラーズ』

follow us in feedly


 先ず、最初につまらない冗談から!セレッソ大阪vs柏レイソルのFUJI XEROX SUPER CUPに変更したのかと思ったぐらい、全く『赤』の感じられない別モノチームに化けていましたね(笑) ある意味、シーズン開幕を告げるイベントゲームとなるので、お互いアウェイカラーのユニフォームを選択し、話題をふりまいてきました。ナイキのボルトカラーが本当に鮮やかで、華やかさもありましたね。 

sponsored links


『FUJI XEROX SUPER CUP 2017vs鹿島アントラーズ』2-3の敗戦。

 その華やかさとは正反対に浦和のチームコンデションはどうなんでしょうか?先週のさいたまシティカップ・FCソウル戦では1-1のドローゲーム、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 鹿島アントラーズ戦では、2-3の敗戦。

2017年2月18日(土)13:35キックオフ

鹿島アントラーズ 3-2 浦和レッズ

得点者(鹿島)39分遠藤康 43分遠藤康 83分鈴木優磨(浦和)74分興梠慎三 75分武藤雄樹

日産スタジアム

入場者数 48,250人

 結果については勿論残念ですが、敗戦した以上に不安な要素に感じた事が、守りの判断の甘さで失点に繋げてしまっている事。FCソウル戦に続き、守備陣の対人ケア、ボールケアが甘すぎますね。気が緩んでいるとまで言いませんが、守備体系が出来ておらず最後は人任せな動きが目立ちます。

 バイタルゾーンからペナルティーエリア内に攻め込まれている際、浦和の守備陣の足が止まっていたり、守備ラインを統率する要となる選手(今日は遠藤航がその役割?)が居ない為、常にバタついている様に見えました。相手選手をマークする連係プレーも怖かったですね。

 前半に関しては、攻めている際の上がりが高く(高すぎる)、鹿島に何度も裏を突かれる場面がありましたね。あえてそうしているのか?攻撃に自信があるのかと思いきや、オフザボールの動きには連動性がなく、パスミスも多かったですね。間延びした状態が狙われていました。

 後半は興梠や長澤、関根が投入され、前後の動き、縦方向への突破、活発なオフザボールの動きも連動し、一時は0-2から2-2の同点まで追い付きましたが、遠藤航の西川に戻すボールが中途半端となりお見合い。鈴木優磨に簡単にボールを奪われ失点。前週のFCソウル戦と同様に守りに甘さが出ました。

 2点のビハインドを追いついた流れは、浦和の攻撃体制が一つとなりわくわくしたのも事実。FUJI XEROX SUPER CUPが獲れなかった事は残念ですが、3日後のACLにおいては、現時点のベストな守備体系、そして守備の統率を誰にやらせるのか?カタチを明確して試合に挑んでもらいたい思います。

2/18ウエスタンシドニーワンダラーズがシドニーFCとのダービマッチに1-0で勝利!

 シーズン終盤に入っているオーストラリアAリーグでは、本日ウエスタンシドニーワンダラーズがシドニーFCとのシドニーダービーを制し1-0で勝利しています。相当、気分がいいはずです。モチベションが高く、動きもいいかもしれません!

厳しい試合になると予測されますが、『勝利』『勝点』『結果』に拘って戦って欲しいと思います。

それでは。

前回の関連投稿 『FUJI XEROX SUPER CUP 2017 鹿島アントラーズvs浦和レッズに決定!』

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す