浦和レッドピース『2017ACL中国スーパーリーグの出場クラブはやっぱり凄い!?』

follow us in feedly


2017年も中国スーパーリーグにおける各クラブへの大型移籍が凄い事になってますね。

移籍してくる選手達や監督はビックネーム、ミディアムネーム(笑)だったりと、毎年の様に知名度のある人達が中国サッカー界へ移動してきているのですが、それ以上に目立つのが巨額な年棒や移籍金に驚かされてしまいます。

各クラブが判断する評価基準があるかと思われますが、ここ数年に至っては、選手の価値を超え過ぎており、話題づくりのマネーゲームの様相になっていますが、実際のところ大丈夫なのでしょうか?

これについて、2017年度に入り早々の動きなのですが、中国政府主導の中国スポーツ界を統括している国家体育総局のスポークスマンが、CSL各クラブは『資金を浪費している』とコメント、政府審査を強化しクラブの財務状況を監視する可能性を示唆しています。

直ぐに何かが変わるとは思えませんが、中国政府においても、現在のスーパーリーグの動きに関しては尋常ではないと考えている様です。

スポーツ界におけるビッグネームの獲得は、全てが投資事業となる為、何れにしても投資以上に回収ができなければ全ては泡となり無くなるだけです。

各クラブのキャッシュフロー自体は厳しい状況だと思われますが、巨額な資金を持つ企業(スポンサー)が投資してくれるからこそ出来る現状であり、もしも、このバックアップが無くなれば、高額選手の給与が支払い出来なくなり、一気に経営難になる事は否めないでしょう。

今回は、ACL2017に出場する中国スーパーリーグ・各クラブの選手層や監督情報に触れる事で、その戦力の凄さの再確認と共に、何れ2月以降のACLでJリーグ各クラブが戦うであろう先行情報を整理してみました。

ACL出場グループごとに確認出来ます。いつの間に、こんなに変わったのか?と言うぐらい驚きますね。

それではどうぞ。・・・下に続く

sponsored links


ACL2017 東アジア地区グループ E・F・G・H

グループE 鹿島アントラーズ、ムアントン・ユナイテッドプレーオフ勝者①、プレーオフ勝者②(上海申花の可能性)

上海申花 プレーオフ勝者②の可能性 

上海申花タイトル カップ優勝1回、スーパーカップ優勝3回

監督 グス・ポジェ(ウルグアイ)

主な監督成績・経歴 元ウルグアイ代表。監督としては、サンダーランドやブライトン、ベティス等の監督を務める。現役時代はチェルシー、サラゴサ、トッテナム等で活躍する。

主要な選手、及び各国代表選手 キム・ギヒ(韓国代表)、カルロス・テベス(アルゼンチン代表)、デンバ・バ(セネガル代表)、ジョバンニ・モレノ(元コロンビア代表)、フレディー・グアリン(コロンビア代表)、オバフェミ・マルティンス(ナイジェリア代表)

クラブ評価及びトピックス 2017年上海上港へ移籍したオスカル(ブラジル代表)が、それまでの世界最高年棒のロナルド・メッシを上回り、世界を驚かせましたが、間もなくテベス(元アルゼンチン代表)の巨額契約が決定し、一気に世界ダントツの年棒となりました。2年契約(推定総額約95億円)、推定年棒47.5億円

ACLタイトルも十分狙える選手層となっていますが、世界最高給与を貰っているテベスの存在や活躍によってチームが纏まるか?チーム力が発揮出来るのか?何れにしても上海申花の全てがテベスに託されていると言っても過言ではありません。


グループF FCソウル、浦和レッズ、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ、プレーオフ勝者(上海上港の可能性)

上海上港 プレーオフ勝者の可能性 

上海上港タイトル 主なタイトルはなし

監督 アンドレ・ヴィッラス・ボアス(ポルトガル)

主な監督成績・経歴 2010年FCポルト監督 プリメイラ・リーガチャンピオン、タッサ・デ・ポルトガル(カップ戦)、UEFAヨーロッパリーグの三冠達成。 UEFAヨーロッパリーグ最年少優勝監督。2011年7月~2012年3月チェルシー監督(クラブ史上最年少監督)、2012年7月~2013年12月トッテナム監督。

主要な選手、及び各国代表選手 キム・ジュヨン(韓国代表)、オスカル(ブラジル代表)、エウケソン(ブラジル)、フッキ(ブラジル代表)、ウー・レイ(中国代表)

クラブ評価及びトピックス 選手補強については、2016年のフッキ(ブラジル代表)に続き、2017年にはチェルシーからオスカルを獲得。契約年棒は28.6億で、これまでのC・ロナウド、メッシの年棒27.2億円を超える契約となり、世界のサッカー界を震撼させましたね。

上海上港の弱みは、これまで一度もタイトルの経験がない事。2017年度は、広州恒大からACL優勝経験のある経験豊富なエウケソンが移籍し、国内タイトルやACLも十分狙える選手層になっています。

何れにしても新監督アンドレ・ヴィッラス・ボアスの手腕が試されるところですね。

sponsored links



グループG 広州恒大、水原三星、川崎フロンターレ、東方足球隊 

広州恒大 本戦ステージから出場

広州恒大タイトル ACL優勝2回、リーグ優勝6回、カップ優勝2回、スーパーカップ優勝1回

監督 ルイス・フェリペ・スコラーリ (ブラジル)

主な監督成績・経歴 ブラジル代表監督2002年ワールドカップ優勝、ポルトガル代表監督2004年EURO準優勝、ポルトガル代表監督2006年ワールドカップ4位入賞、ブラジル代表2013年コンフェデレーションズカップ優勝、ブラジル代表2014ワールドカップ4位入賞、過去Jリーグジュビロ磐田の監督も指揮している。

主な選手、及び各国代表選手 キム・ヨングォン(韓国代表)、アラン(ブラジル)、パウリーニョ(ブラジル代表)、リカルド・グラール(ブラジル代表)、ジャクソン・マルティネス(コロンビア代表)、ガオ・リン(中国代表)、チャン・リンペン(中国代表)、チェン・チー(中国代表)

クラブ評価及びトピックス 監督経験及びその手腕、バランスのとれた選手層においては、中国スーパーリーグでは常にトップクラスの力を発揮。アジアの中でも1、2を争う力のあるクラブ。

チャン・リンペンは、過去にチェルシー、インテル、あのレアル等からの獲得オファーが浮上し、大きく報道された事のある中国を代表する名選手。

アランに関しては、代表歴はないものの、UEFAヨーロッパリーグ2014-15の得点王の実績を持つ、得点能力の高い選手。

パウリーニョ、リカルド・グラールは言わずもがなの安定した名プレーヤー。

ジャクソン・マルティネスについては、期待されていた活躍が出来ず、中国スーパーリーグ史上、最も獲得に失敗した選手と言われていますが、2017年の復活はあるのか?ある意味、注目の選手ですね。


グループH アデレード・ユナイテッド江蘇蘇寧、全北現代、レーオフ勝者(ガンバ大阪の可能性)

江蘇蘇寧 本戦ステージから出場

江蘇蘇寧タイトル カップ優勝1回、スーパーカップ優勝1回

監督 チェ・ヨンス(韓国)

主な監督成績・経歴 元韓国代表、2012年FCソウル監督就任、2012年Kリーグ優勝、2013年ACL準優勝、現役時代はJリーグで活躍し、ジェフユナイテッド市原、京都パープルサンガ、ジュビロ磐田等で活躍。

主要な選手、及び各国代表選手 ホン・ジョンホ(韓国代表)、トレント・セインズバリー(オーストラリア代表)、ラミレス(ブラジル代表)、アレックス・テイシェイラ(ブラジル代表)、ロヘル・マルティネス(コロンビア代表)

クラブ評価及びトピックス FCソウル時代からチェ・ヨンス監督の冷静な指揮には定評がある。広州恒大と同じく、選手層のバランスがとれており、中国スーパーリーグではトップクラスに位置している。まだまだ伸びしろのあるクラブであり、良くも悪くもチェ・ヨンスの指揮次第と思われる。

関連記事

浦和レッドピース『2017ACL浦和レッズと対戦か! 上海上港オスカル、フッキ!』

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す