天皇杯準々決勝の結果、2017ACLグループステージ残枠1は4チームに絞られる。

follow us in feedly


第96回天皇杯ベスト8準々決勝の結果

浦和はベスト16において、川崎フロンターレに敗退し、残念ながら既に姿を消しています。

ただ、鹿島アントラーズと川崎フロンターレの2チームが決勝に勝ち上がった場合、又は、どちらかのチームが優勝した場合、2017ACLの日本チームがどのクループに入るかが最終確定、

同時にプレーオフから出場するクラブも最終確定する為、何れにしても決勝戦まで注目される試合が続きますね。(Jリーグ王者鹿島アントラーズのグループは確定)


12月24日(土) 準々決勝 

横浜F・マリノス -1 ガンバ大阪 『ガンバ大阪の天皇杯3連覇が消える・・・』 

鹿島アントラーズ -0 サンフレッチェ広島 『佐藤寿人、広島でのラストゲーム、勝利で飾れず、涙』 

大宮アルディージャ  湘南ベルマーレ 『J2降格の湘南、意地をみせるも、延長戦で力尽きる・・・』 

FC東京 1- 川崎フロンターレ 『JリーグMVP 中村憲剛、天皇杯優勝を宣言!』


12月29日(木) 準決勝試合予定 

横浜F・マリノス VS 鹿島アントラーズ (ヤンマースタジアム) 13:05~ 

大宮アルディージャ VS 川崎フロンターレ (日産スタジアム) 15:05~


本日の準々決勝の結果、2017ACLグループステージ残枠1は、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ、横浜Fマリノス、大宮アルディージャの4チームに絞られました。

既に、ACL出場を決めている鹿島アントラーズ、若しくは川崎フロンターレが優勝した場合は、既にJリーグ王者でグループが決定している鹿島アントラーズを除き、浦和のグループが変更、川崎フロンターレがプレーオフ枠からグループステージへ昇格、そしてプレーオフ枠にはガンバ大阪が入るカタチとなります。

横浜Fマリノスか大宮アルディージャのどちらかのチームが天皇杯を優勝すれば、グループステージ出場が決定、川崎フロンターレのプレーオフからの出場に変更はありません。

何れにしても、最後の最後に意外なチーム??が決勝に上がってくるのか?なかなか面白い組み合わせとなりましたね。さて、29日の結果はどうなるでしょうか?

それでは。

関連記事

2017ACL組み合わせが決定! 2017ACL日程も決定です!

2017ACL出場権 鹿島、浦和、川崎が確定!残枠1は天皇杯!

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す