2017ACL組み合わせが決定! 2017ACL日程も決定です!

follow us in feedly


2017ACL組み合わせが決定! 2017ACL日程も決定です! 

 ACL2017関連の日程や詳細情報が、時間を追うごとに決定してきています。併せて当初の予定変更もおきています。このサイトでは新たな情報に変わり次第、随時、更新をかけています。最新情報に関しては、下記の投稿を確認していただければと思います。よろしくどうそ。


関連投稿 2017-9-13(2017ACL決勝トーナメント準々決勝の結果!)

ACL-QUARTERFINAL-2ND『浦和レッズ VS 川崎フロンターレ』

日本の2NDレグも浦和の大逆転劇が起こりました。1STレグでは、川崎が3-1で浦和に勝利。浦和が準決勝に進出するには絶対に失点は禁物でしたが、前半にDF&GKの連携ミスから軽い失点。川崎の勝利が大きくなりましたが…..

関連投稿 2017-6-06(2017ACL決勝トーナメント準々決勝の組み合わせが決定です!)

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント準々決勝、川崎vs浦和に決定!』

AFC アジアチャンピオンズリーグ準々決勝組み合わせ抽選会ですが、6月6日PM5:00からAFC本部にて始まる予定です。ベスト8に勝ち残っている中東の西アジア地区の4クラブ内での抽選、そして東アジア地区の川崎フロンターレ(日本)上海上港(中国)広州恒大(中国)浦和レッズ(日本)の4クラブ…..


関連投稿 2017-5-11(2017ACL決勝トーナメント勝敗表-TV放送予定)

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント勝敗表-TV放送予定』 

 

 

関連投稿 2017-4-27(2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程表)

浦和ブレイクタイム『2017ACL決勝トーナメント組み合わせ日程表』 

 

 

関連投稿 2017-2-21(試合結果が確定次第、随時更新!)

2017ACL『グループステージ E鹿島 F浦和 G川崎 Hガンバ 勝敗表』

関連投稿 2017-2-09

2017ACL『グループステージ-東アジア地区出場クラブ、全日程-TV放映予定』

関連投稿 2017-2-08

ACL2017ガンバ大阪『ACL2017グループステージH 試合日程-組み合わせ』


ACL2017川崎フロンターレ『ACL2017グループステージG 試合日程-組み合わせ』


ACL2017浦和レッズ『2017ACLグループステージF 試合日程-組み合わせ』


ACL2017鹿島アントラーズ『2017ACLグループステージE 試合日程-組み合わせ』


sponsored links



最初の投稿

 本日、12月13日(火)マレーシアにて、AFCチャンピオンズリーグ2017のグループステージ オフィシャルドロー(組み合わせ抽選会)が行われましたので決定事項を確認してみましょう!

 東アジアの参加国の中で、やはり日本からの参加チームだけが複雑なポジション状況になっていますね。組み合わせ表を確認しても、鹿島アントラーズだけがグループEに決まっているだけで、2017年の1月1日天皇杯王者が決まらない限り、最終的にどこのグループに入るのか?まだ未確定な状態となっています。 (下に続く・・・)

 勿論、去年もそうでしたが・・・。全てはCS絡みのせい(笑)なのでしょうか?

 仮に鹿島アントラーズが天皇杯王者になれば、浦和はグループFに入り、川崎フロンターレがグループGに入ります。川崎フロンターレが天皇杯王者になれば、川崎フロンターレがグループFに、浦和レッズがグループGとなります。何れの場合でも、プレーオフ出場はガンバ大阪となります。

 川崎Fが自力で天皇杯王者になるか、鹿島アントラーズが王者になるか、何れにしても、この2チームが天皇杯決勝に勝ち進んだ時点において、現状ACL出場が決定している3チーム全てがグループステージ本選からの出場になるわけですね。

 また、相変わらずですが、韓国のグループステージ参加の3チームは常連ですね。本当に毎年出場してくるクラブなので、実力は勿論の事、この安定感には何か見えない力を感じますね。今回はタイ、香港から各1チームずつグループステージからの出場があります。特に、タイのサッカー熱は本当に凄いモノを感じます。

 タイ代表も含め、近いうちに相当の実力をつけてくる事は間違いないと思われます。

 ACLで優勝したチームは来年UAEにて開催されるクラブワールドカップに出場する事になります。クラブワールドカップの開催国枠に一言。チャンピオンズリーグを戦わずして、くじ引きで最後の最後にラッキーな当たりを引いて出場出来る様な開催国枠って、本当に必要なのでしょうか?

 ある程度の実力、勢い、運さえあれば、気候、スタジアム条件、食事、移動条件など、様々な面において開催国に有利になるのは当然かと思われます。勿論、確実に実力差のあるヨーロッパチャンピオンと戦う場合に限ってはその有利さも無いに等しいのでしょうが・・・とは言っても、開催国の興行的には必要枠になるのでしょうね。

 最後になりますが、2017年ACLにおいて浦和に期待する事はひとつ。アジア・中東・豪州などの過酷で遠いアウェイの戦いを乗り切り、そして勝ち上がり、アジア代表のチャンピオンとして、クラブワールドカップに何とか出場してほしい、それ以下もそれ以上もありません。

それでは。

sponsored links



関連記事

天皇杯準々決勝の結果、2017ACLグループステージ残枠1は4チームに絞られる。

2017ACL出場権 鹿島、浦和、川崎が確定!残枠1は天皇杯!

2017ACL日本出場枠『3+1』、鹿島も確定!川崎はプレーオフからの可能性も!?

2017ACL日本出場枠『3+1』が確定、浦和レッズも確定!?

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


コメントを残す