2017ACL出場権 鹿島、浦和、川崎が確定!残枠1は天皇杯!

follow us in feedly


2017ACL出場権 鹿島アントラーズ、浦和レッズは本戦出場が最終確定、川崎フロンターレはプレーオフ出場権、本戦出場権の残枠1は天皇杯優勝チームに!

2107ACL出場枠に関しては、本戦出場(グループステージ)3枠+プレーオフ1枠が11月中旬にはほぼ決まっていた為、CS決勝に出場していた鹿島アントラーズ、浦和の2チームは本戦からの出場、CS準決勝で敗れた川崎フロンターレはプレーオフか本戦のどちらかの出場予定でいましたが、

12月3日、Jリーグチャンピオンシップ決勝が終了、結果、鹿島アントラーズが2016年Jリーグチャンピオンに決定した事により、天皇杯優勝チームを除く、上記3チームのACL出場枠の順位付けが確定しています。

※出場枠の順位付けとは以下の通りになります。

●本戦出場(グループステージ)クラブチーム3枠の条件

①1枠目のクラブチーム➫年間優勝(2016年チャンピオンシップ優勝チーム)

鹿島アントラーズ

②2枠目のクラブチーム➫天皇杯優勝チーム

2017年1月1日決定

③3枠目のクラブチーム➫年間2位(2016年チャンピオンシップ準優勝チーム)

浦和レッズ

●プレーオフからの出場チーム1枠の基本条件

④年間3位のクラブチーム(年間勝点3位のチームの場合もあり)

川崎フロンターレ

尚、鹿島アントラーズと川崎フロンターレが天皇杯で優勝する可能性が残されている為、どちらかのチームが優勝した場合は、川崎フロンターレが本戦出場枠に繰り上がり、リーグ戦年間勝点順位4位のチームがプレーオフ枠の出場権を獲得する事になります。

この内容に該当する年間順位4位のチームはガンバ大阪となりますが、仮にガンバ大阪が天皇杯に自力優勝すれば、本戦出場2枠目のチームとなります。

何れにしても、ACL本戦2枠目に入るクラブチームについては、2016年天皇杯ベスト8に進出している中で、優勝したチームが対象となります。

徐々にACL出場チームが確定してきましたが、日本独自のJリーグチャンピオンシップが絡んでいる事により、本当に決定方法についてはわかりずらいですよね。

JFAにいるお偉い方々は本当に理解しているのでしょうか?現場感覚の無い人達の決め方ですよね・・・(苦笑)

2017年のACL対戦方式の詳細は確定していません。恐らく2016年と同様のオペレーションかと思われますが、

早速、12月13日(火)マレーシアにて、AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ オフィシャルドロー (組み合わせ抽選会)が行われる様ですね。

個人的には浦和のCS敗戦ショックを引きずっている状況ですが、少しでも先の事を考えながら、モチベーションをあげていきたいと・・・思っています。

ACL情報、改めて更新させていただきます。

それでは。

関連人気記事

天皇杯準々決勝の結果、2017ACLグループステージ残枠1は4チームに絞られる。

2017ACL組み合わせが決定! 2017ACL日程も決定です!

2017ACL日本出場枠『3+1』、鹿島も確定!川崎はプレーオフからの可能性も!?

2017ACL日本出場枠『3+1』が確定、浦和レッズも確定!?

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す