2017ACL日本出場枠『3+1』、鹿島も確定!川崎はプレーオフからの可能性も!?

follow us in feedly


2017ACL日本出場枠『3+1』、鹿島も確定!川崎はプレーオフからの可能性も!?

 2017年来期のACL出場枠について、浦和レッズのグループステージ本戦出場の件を投稿させていただきましたが、11月23日に開催されたチャンピオンシップ準決勝で鹿島アントラーズが川崎フロンターレに1-0で勝利。

 浦和の対戦相手として決勝ステージに進んだ事により、鹿島アントラーズのJリーグ2位以上が確定。2017ACLグループステージ本戦出場を確定させました。

 また、CS準決勝で残念ながら敗れてしまった川崎フロンターレですが、自力で天皇杯を優勝するか、鹿島アントラーズが天皇杯を優勝した場合、若しくは、この両チームが天皇杯決勝に勝ち進んだ時点で、川崎フロンターレのACLグループステージ本戦出場が確定します。

(CS決勝出場している浦和は天皇杯に敗れている為、対象外)

sponsored links


 鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ以外のチームが天皇杯に優勝した場合は、川崎フロンターレはプレーオフ(予選)からの出場になります。Jリーグチャンピオンシップ絡みの規定、本当に厳しいですよね。

 2016年、浦和レッズと最終節まで年間勝点1位を争った(それも勝点70点以上のハイレベルで・・・)にもかかわらず、1年間のCS準決勝1試合に敗れた事でACLグループステージ本戦出場の権利すらない!?

 今更と言われても、あえて言わせていただきます。本当に複雑で納得のいかない規定ですよね・・・。勿論、CS鹿島アントラーズとの試合は真剣勝負の結果なので、それについて何も言う事はありません。昨年2015年の浦和も複雑な想いがありましたが、選手、チーム、サポーター、ファン、様々な人達が一つの目標に向かって1年間継続し積み上げてきたモチベーションって何だったのでしょうか?

 何れにしても2017年からはCS規定が無くなりますが、その事とこれとはやっぱり話しが違う様な気がします・・・。これまで沢山の意見がありましたが、やっぱり、さっぱり理解ができません。

それでは。

改めまして出場枠『3+1』の出場チームの基本条件を確認してみて下さい(簡易版)

●グループステージ本戦出場チーム3枠の基本条件

①1枠目のチーム➫年間優勝(2016年チャンピオンシップ優勝チーム)

②2枠目のチーム➫天皇杯優勝チーム

③3枠目のチーム➫年間2位(2016年チャンピオンシップ準優勝チーム)

●プレーオフからの出場チーム1枠の基本条件

④年間3位のチーム(年間勝点順位が3位)

※②天皇杯優勝チームと①③の何れかのチームと重なった場合、④がグループステージ3枠目に繰り上がり、年間勝点順位4位のチームがプレーオフ枠に繰り上がる。

最新記事:

2017.1.1 2017ACL 鹿島・浦和・川崎・G大阪のグループが最終確定!

2017ACL川崎フロンターレ、グループステージ出場決定!プレーオフ出場はガンバ大阪に!

天皇杯準々決勝の結果、2017ACLグループステージ残枠1は4チームに絞られる。

2017ACL組み合わせが決定! 2017ACL日程も決定です!

2017ACL出場権 鹿島、浦和、川崎が確定!残枠1は天皇杯!

関連記事:

浦和レッズチャンピオンシップ決勝戦、鹿島アントラーズに決定!

2017ACL日本出場枠『3+1』が確定、浦和レッズも確定!?

FIFAクラブワールドカップジャパン2016

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください