浦和レッズレポート『川崎フロンターレvs浦和レッズ天皇杯ラウンド16』

 

 

2016第96回天皇杯ラウンド16(4回戦)

2016年11月12日(土)19:04

等々力陸上競技場

川崎フロンターレ 3-3 (PK 4-1) 浦和レッズ

(川崎)86分-大久保嘉人 90+1分-森本貴幸 117分-エドゥアルド

(浦和)71分-興梠慎三 88分-OWNGOAL 97分-青木拓矢 

観客人数 20,009人

2016年の天皇杯初戦、延長PK戦までもつれ込みベスト16で敗退!

浦和レッズ、天皇杯の初戦は延長PK戦までもつれ込む厳しい戦いとなり、結果PK戦にて敗れ2016年天皇杯はベスト16で敗退。久々の元日決勝の晴れ舞台に期待していましたが、残念な結果となりました。

やはりアウェイ等々力の勝率(分)の悪さもあるのか、川崎フロンターレホームの地力が勝っているのか、浦和の選手達が自ら浮足立って勝機を逃したと言うより、勝ちきる(逃げ切る)為の明確な戦況をつくれず、守備面における意思統一が欠けてしまった流れかと思われます。

リーグ戦とは異なる一発勝負。開始早々から、互いに攻め合うオープン状態の戦いとなりました。

第三者的には面白い『ミラーゲーム』に映ったのではないでしょうか。

川崎フロンターレはU19日本代表の若手数名とベテランを融合した選手構成、毎度の事ながら風間監督の采配にはサプライズと決断力があります。対する浦和は日本代表選手2名を除けば、リーグ戦とほぼ変わらないメンバー、ただ自分的には守備面で那須のセンターバックを予測していた為、故障明けの宇賀神のスタメンにはやや疑問がありました。

その中、前半から柏木のパスミスが多く観られ、最初は果敢な縦パスか?と観ていたのですが、その後の数本のパスは明らかな判断ミスで、川崎フロンターレが前がかりに来ている数的優位な場面でパスカットされ、危険な状況を生んでいましたね。浦和の前線メンバーが変わっていない為、柏木本人の意思と思われますが、自らチームバランスを崩す残念なプレーが目立ちました。恐らく、日本代表落選が響いていると思われますが、何らか代表へアピールしたかったのか?単にコンディションを落としていただけなのか?柏木については、サポーター・ファンも気になっていた為、何れにしても悪い状態であった事は否めませんね。

後半早々の青木との交代は理解できますが、通常リーグ戦でみられる守備要素を兼ねた戦術的な交代に至らなかった事は誤算だったと推測されます。ペトロヴィッチ監督に強い意思があれば、スタメンから青木起用でも良かったと思われますが、如何でしょうか?

更に、故障明けの宇賀神スタメンについてもどうでしょう?

試合後の監督コメントでは、失点時におけるGK大谷のポジションの事を触れていましたが、2失点目、3失点目に絡んでいた宇賀神はフィジカル負けして倒れていたのも事実であり、全く無関係とは言えません。

那須と宇賀神のコンデション比較、基本ポジションの違い、川崎フロンターレに対する戦略、様々な考えによるペトロヴィッチ監督の指揮については勿論わかりませんが、残念ながら高さ対策に対する守備意識には甘さがあったと考えられます。

最初に記述した、勝ちきる(逃げ切る)為の明確な戦況がつくれず、守備面における意思統一が欠けてしまった事が、結果的にはPK戦までもつれこむ展開に繋がってしまったと考えられます。

川崎フロンターレは90分間得点を狙ってくる攻撃的チーム。勝ち切る為には、ミラーゲームにつき合い続けるだけではなく、あるタイミングで切り替えしっかり守り切る戦略も必要だと思われます。11月末のチャンピオンシップで戦う相手となるかはわかりませんが、仮に川崎フロンターレが相手となれば、堅い守備戦略も是非観せて欲しいと思います。

何れにしても、天皇杯は残念な結果に終わってしまいましたが、しばし、リーグ戦の疲れを癒し、大きな目標に繋がるチャンピオンシップ決勝に向け、しっかり準備を調えて欲しいと願っています!

終わった後からの「たられば」だけは絶対に避けてほしいと思います。

それでは! 

関連レポート 

浦和レッズ天皇杯ベスト16『川崎フロンターレ戦はどうなる!?』

浦和レッズレポート『浦和レッズvs川崎フロンターレJ1リーグ2ndステージ9』

浦和レッズレポート『川崎フロンターレvs浦和レッズJ1リーグ1stステージ8』

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください