浦和レッズレポート『浦和レッズvs横浜FマリノスJ1リーグ2ndステージ17』

follow us in feedly


2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ17‎

2016年11月03日(木)13:33

埼玉スタジアム2002

浦和レッズ 1-1 横浜Fマリノス   

(浦和)66分-柏木陽介 (横浜FM)85分-マルティノス 

観客人数 56,841人

浦和レッズ、2016年の大きな目標!年間ランク1位!勝ち点74を達成!

前節の2NDステージの優勝に続き、2016年最大の目標であった年間ランク1位を達成しました!最後の最後までギリギリの状況でしたが、兎にも角にも素直に喜びたいと思います。

『浦和レッズ、年間1位の達成、本当におめでとうございます!』 

ゴール裏のチャンピオンコレオ、キマッテましたねー(笑)

さて、最終節のレポートになります。やはり!と言うのか?横浜Fマリノスと対戦は、勝ちきれない難しい試合展開が多くなります。柏木の印象に残るゴールで先制したものの、残り時間僅かのところで、一本のカウンターからマルティノスのゴールで追いつかれ、そのままドローゲームへ・・・。

これで、ペトロヴィッチ監督体制になってからの横浜Fマリノスとの対戦成績は、4勝4敗2分と言う五分状態が継続する事となり、来季以降の対戦も厳しい試合が予測されますね。

やや偏った見方になってしまいますが、この最終節はFW齋藤+DF中沢、この攻守2人の選手との戦いに映りました。

先ず中沢選手ですが浦和のペナルティーエリア内の攻撃を殆どの場面で壁となり潰してきました。大きな体を活かしたハードワークは相変わらず健在で、本当にいいポジションに体や頭を移動させ防御してきます。

また、FW齋藤選手は現在絶好調。キレのあるドリブルスピードには目を見張るモノがありますね。決定的な場面を幾つかつくられましたが、浦和は何とかセーブ。バイタル付近ではマンマークに近い守りをしていた森脇もいつになく(笑)集中し対応出来ていたと思います。試合が終わった後は相当にへばっていましたが・・・。

年間1位の状況については、勝点3の勝利で文句無しとはいかなかったものの、結果的に勝ち点1を獲得できた事は、これから(来季以降)の浦和レッズの戦いにとって大きい要素だったと考えられます。ここ数シーズンを振り返り、『たられば』になってしまいますが、あの試合で勝ち点1を獲得していたら・・・と言う悔しい試合が何試合あった事でしょうか?

チャンピオンシップは別モノ、クラブワールドカップに挑戦してほしい!

暫く時間をおいて、鹿島アントラーズか川崎フロンターレの何れかのチームとのチャンピオンシップ決勝の2試合が待っています。チャンピオンシップについては様々な意見があると思いますが、自分の考えはCSは別モノのトーナメント(戦い)と捉えています。Jリーグチャンピオンを決める戦いがCSであると言う事が、今更ですが、やはり理解できません。何れにしても1年間で一番勝ち点の多いチームがNo.1である事に間違いがないのですから。

今年のNo.1は浦和レッズなのです。

前向きに考えれば、クラブワールドカップに出場する権利をかけた戦いに切り替えています。アジアチャンピオンリーグ(ACL)に惜しくも敗れてしまった事、そのアジアチャンピオンとして出場が果たせなかった悔しさを、このCSで勝ち取ってほしいと願っています。 

・・・と言いながらも、その前に行われる川崎フロンターレとの一戦、天皇杯が待っていますね。2016年の勝ち点1位2位の戦いとなり、浦和にとってはアウェイ、等々力に乗り込んでの試合となります。

改めて集中し、挑戦者の気持ちを持って全力で戦って欲しいと思います!

それでは! 

関連レポート 浦和レッズレポート『横浜Fマリノスvs浦和レッズJ1リーグ1stステージ6』

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


コメントを残す