浦和レッドピース『2ndステージ最終節を分析、横浜Fマリノス編』

2016年の2NDステージも最終節、今年のリーグ戦の最終戦です!

本日、11月3日(祝)Jリーグ2NDステージの最終節、2016年のリーグ戦の全てが終了します。

最終戦の相手は横浜Fマリノス。ミハイロ・ペドロヴィッチ体制となった2012年度から横浜Fマリノスとの戦績は4勝4敗1分の五分。最終戦となる今回は1STステージの振り返りは致しません。

チケットは久々に完売。勿論、ホーム埼玉スタジアム最終戦という事も関係していると思いますが、今年の最終戦のチケット1枚の重みは明らかに違いがあります。

浦和レッズの目標の一つである『年間勝ち点1位』がかかっています。年間勝ち点76の最多記録の可能性もあります。(因みに、賞金は8千万です・・・笑)

横浜Fマリノス、最終戦の相手として不足はありませんね。マリノスの狙いは一つ、浦和の勝ち点を阻止してくる事でしょう!

ガンバ大阪と戦ったルヴァンカップ決勝戦、その試合とは異なる緊張感のある90分間が観れるのではないでしょうか?

今年培った、浦和レッズの勝負強さに期待します!

それでは!

TV中継 / ラジオ中継

NHK総合(生) テレ玉(生) スカパー(生) ニッポン放送(生) REDSWAVW(生)

浦和レッズレポート『横浜Fマリノスvs浦和レッズJ1リーグ1stステージ6』

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


follow us in feedly


コメントを残す