浦和レッズレポート『アルビレックス新潟vs浦和レッズJ1リーグ2ndステージ15』

2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ15‎

2016年10月22日(土)14:02

デンカビックスワンスタジアム

アルビレックス新潟 1-2 浦和レッズ   

(浦和)7分 90分-興梠慎三 (新潟)-15分 ラファエルシルバ

観客人数 29,692人

 

sponsored links


興梠慎三、J1リーグ通算100得点達成!Jリーグ史上12人目の偉業!

最後まで痺れる試合展開でしたね。浦和、アルビレックス新潟、それぞれのチームの目的、思惑として勝ち点3を狙いに行くのか、それとも勝ち点1の引き分けに持ち込むのか?お互いの狙いが数十分の残り時間の戦い方に垣間見えた様な気がします。

アルビレックス新潟は1STステージ同様、5バックの守備陣を敷いてきました。ただ、1STとの大きな差は攻撃の意識が高かった事、ストレートに言えば勝ちに来ていた事。浦和がセンターライン付近を超える辺りまでボールを持ち込むと、素早いプレッシャーで浦和ボールを奪う動きには凄まじい気迫を感じました。

また、浦和側にもややバランスを欠いていた面がありました。ボランチポジションのスタメンが柏木ではなく、青木だった事も多少は影響していたのか?前半途中までは、浦和中盤のボール廻しに落ち着きが無く、ミスを避けたいが為の慎重し過ぎるプレーが目立ちました。何れにしてもアルビレックス新潟はその浦和の状態を突きながら、明確な戦略で挑んできていました。

そのリーグ戦初スタメン出場を果たした青木ですが、個人的には、より多くの試合で観たいプレーヤーです。大きな体格を活かし縦方向にガツガツと攻め上がるスタイルや、相手ボールを奪う際のフィジカルの強さは、やや日本人離れしたプレースタイル。浦和レッズにとって必要不可欠な選手だと常に思っています。

試合は前半早々から動きました。遠藤航のギャップを突いた見事なフィードパスを、興梠の巧みなトラップからのシュートが決まり、浦和が先制のゴール。

アルビレックス新潟は、それから数分後、センターライン付近で球際にプレッシャーをかけていたラファエルシルバが森脇のパスミスを誘い、そのボールを奪った後は、遠藤航を振り切り同点弾。ラファエルシルバの個人技、一瞬で抜け出す際の体の使い方、そのスピード力にはレベルの違いを感じさせられました。

1-1の同点になってからは、互いに攻め合うオープンな展開に。縦方向への動きが激しくなり、運動量が試される状況になりましたね。

アルビレックス新潟の片淵監督が試合後インタビーの中で、『途中から勝ち点1獲得も指示はしていたが、最終的には明確に伝わっていなかった・・・』とコメント。勿論、勝利目的で挑んで来ていたと思いますが、同点になってから時間の経過と共に、選手交代の意図も含め、勝ち点1以上の拘りがチームに伝わりきっていなかったのでしょう。

逆に最後の最後まで勝点3に拘っていた浦和にとっては、アルビレックス新潟が守備的にならなかった事で、得意のサイド攻撃を継続し、結果的に興梠のJ1リーグ通算100得点の決勝点に繋がったのかと思われます。

最初に記述しましたが、浦和の目的、アルビレックス新潟の目的、それぞれのチームの思惑も絡み、勝ち点3を狙いに行くのか?勝ち点1を獲得するのか?最後の分かれ目が80分過ぎあたりからの攻防に表れていたと思います。

今節のアルビレックス新潟の勝ち点0、残り2節でどう影響するのか?J2降格圏外争いも最終節までもつれそうですが、

何れにしても、今節の浦和レッズの勝ち点3は大きかったと思います。

それでは! 

関連レポート 浦和レッズレポート『浦和レッズvsアルビレックス新潟J1リーグ1stステージ12』

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


follow us in feedly


コメントを残す