ワールドカップアジア最終予選 オーストラリアvs日本

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3bana-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%a3%e8%a1%a89-2

Road to Russia

オーストラリアと悔しい引き分けで終わるも、4戦中一番良い内容だった・・・

日本代表、4戦目にして一番出来の良い試合だったのではないでしょうか?今までの3戦が戦術や意図の噛合わない試合が多かった為、それらと比較して、攻守における戦略や選手それぞれの決まり事が多少なりとも感じられ、久しぶりに期待感を持ちながら試合を観る事が出来ましたね。原口元気、代表戦3戦連続の得点です!サッカー選手として、今までとは異なる階段を上り始めた気配を感じます。本田から斜めに流れるスルーパスを受け、原口得意のコースからドリブル&フェイクで相手DFを躱したシュートは本当にお見事でした!その原口が、後半早々にPKを与えてしまった場面は余計でしたが、攻守共に良く走り、チームに貢献していたプレーは、誰がみても高い評価が出来ると思います。

本日はアウェイの戦いの為、守りにおいては高い位置からのプレッシャーやボールを奪うプレスに徹底し、オーストラリア代表に自由なスペースやチャンスにつながるパスコースを殆ど与えていなかったと思います。これまでは殆ど観られなかった日本代表の守りから入るスタイルですが、見方によっては、この守りから入る陣形こそ、日本代表には向いているカタチではないかと改めて感じました。決して引いて守る陣形ではなく、高い位置からのプレッシャーや中盤選手とDFとの早いプレスを徹底する事により、守りから攻めに切り替わるリズムも生じ、ハリルホジッチ監督も選手自身も何らかの前向きなキッカケが掴めた試合になったと思われます。また、オーストラリア代表の高さ対策として、サイドからのクロスボール攻撃を抑えた、槙野&酒井の徹底した守りが効いていたと思います。

残念なのが、後半からの選手交代が遅すぎた感があることです。オーストラリア代表が同点に追いついた後、かなり前がかりに攻めて来ていた為、日本にとってはカウンター出来るスペースが出来始めていました。スピードのある浅野や齋藤などの選手を早めに投入する事で、幾つかのビックチャンスが生まれていたかもしれません。

結果的にはドローで終わり、監督も選手も勝てた試合というコメントが多かった様ですが、これが最終予選なんだと思います。1得点でも逃げきれる戦術をとるのか?それとも、フリーキックやミドルシュートなどで追加点が獲れる選手を選出しておくのか?やはり、簡単には勝てない拮抗したレベルの中で戦っているので、当然の事ながら監督やコーチの手腕が問われてくるのかと思います。

今回のオーストラリア戦、最低レベルの勝ち点1は獲得出来ました。多少なりとも監督の意図や戦術を感じる試合ではあった為、今後の戦いにポジティブにつながるキッカケとなればと思っています。

それでは。

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


コメントを残す