浦和レッズ筆頭株主、三菱重工業で最終調整へ!?

follow us in feedly


三菱自動車、浦和レッズの保有株を三菱重工業へ売却する方向へ

 今月10月に事実上の日産自動車傘下に入る三菱自動車(三菱自工)。この流れにより、日産自動車が複数のJリーグクラブを運営関与することはJリーグ規約で禁止されている為、浦和レッズ株の50.6%を保有する筆頭株主である三菱自工は、三菱グループの中核企業である三菱重工業に30%以上の株を売却、Jリーグが発足以来、メインスポンサーとして支えてきた浦和レッズを三菱重工業に委ねる方向で最終調整に入った模様です。

浦和レッズの筆頭株主は三菱重工業に!

 今後、浦和レッズの筆頭株主は三菱重工業へと変わり、三菱自工は20%以下の保有株数に減るとの事です。何れにしても三菱重工業が浦和レッズの筆頭株主となる方向で最終調整に入り、今年5月ぐらいから様々な憶測や噂で揺らいでいた浦和レッズのチーム運営が一先ずは落ち着くかと思われます。

三菱重工業は、浦和レッズの源流である伝説のサッカークラブ!

 更に、浦和レッズの源流は1950年発足の中日本重工業(現三菱重工)サッカー部である為、見方によっては三菱重工サッカークラブの原点に戻ってきた懐かしい感じもあります!また、かなり古い話ですが、昔テレビ東京で放映されていた伝説のサッカー情報番組『ダイヤモンドサッカー』のスポンサーも三菱重工業でした!

今後、三菱自工株については、三菱グループの他企業や埼玉の地元企業などにも一部の株式を引き受けてもらう案もある様で、これから来期に向けて、まだまだ細かい動きがあるかと思われます。

それでは!関連記事も是非読んでみてください!

浦和レッズ株三菱グループへ譲渡か?それとも新たな企業が取得か!?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3bana-noimage

浦和レッズin三菱グループ

スクリーンbana-NOIMAGE

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!



コメントを残す