ワールドカップアジア最終予選 日本vsイラク

Road to Russia

日本代表、劇的な勝利と報道されていますが・・・

いやぁー、何でしょう?正直に言いますね(笑)引き分けも監督更迭も確信した時に、驚きましたね!山口蛍の劇的なスーパーゴールが目の前に飛び込んできました!ツキも運もあったのかもしれませんが、勝ち点3を獲得出来た事実と、次のオーストラリア戦に期待感が繋がった事は一先良かったと思っています。ただ、この3戦を通じ、現状日本代表の不安定感がより強くなったことも事実なのですが・・・。

3戦目となるイラク戦では、多少なりとも期待をしていたハリルホジッチ監督の戦略・戦術が見えてくるかと思っていたのですが、ポゼッションサッカーを目指すのか?サイド攻撃を多用して崩していくのか?強い守りからボールを奪いカウンターや裏スペースを突く狙いなのか?高さで競い合うのか?その時々の調子の良い選手に頼るのか?(笑)

意図がある様な発言をしている様で、試合になると一貫性が無く、どうしてもその場しのぎで本番を戦っている様にしか観えないのは自分だけなのでしょうか?

現日本代表には、ズバ抜けた才能を持つ選手がいるわけでも無く、強いリーダーシップを発揮する選手も存在しません。他国がレベルアップしている現状で、選手の自主性に任せるのは難しく、やはり監督やコーチの手腕が問われてくるのかと思います。

ロスタイムの勝ち越し点が入った時に、日本ベンチの選手、スタッフが喜ぶ気持ちは理解できますが、ワールドカップ進出を決めたかの様な歓喜の姿はどう捉えていいのか?まだまだ7試合残っている状況の中、あの姿をどう捉えていいのか複雑な気分になりましたね。チームとして一つに纏まっていると見るのか?それとも、選手が藁をもつかむギリギリの状態と見るのか?何れにしても次のオーストラリア戦でその事が証明されそうですね。

昨日の試合では、メディアによる清武や原口の評価が高い様ですが、いつもの事ながらそれらの選手を日本代表として選択し、試合に起用している全ての権限はハリルホジッチ監督なので、監督の明確な戦術ありきの上で、選手の活躍度や貢献度を判断してほしいと思います。

現状の最新順位は4位となっています。オーストラリア戦に勝てれば大きい勝ち点3に繋がりますが、最低最悪でも引き分けで戻ってきてほしいと願います。

それでは。

 

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


コメントを残す