浦和レッズレポート『浦和レッズvsガンバ大阪J1リーグ2ndステージ14』


2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ14‎

2016年10月01日(日)14:09

埼玉スタジアム2002

浦和レッズ 4-0 ガンバ大阪   

(浦和)6分-高木俊之 50分-武藤雄樹 83分-宇賀神友弥 87分-ズラタン

観客人数 43,415人

 

sponsored links


阿部勇樹、本日付けでJ1リーグ戦500試合出場となりました。凄い!

阿部勇樹、j1リーグ500試合出場となった今節、プロ人生で大きな節目となる記念試合となりました。ただ、本人的には、これからまだ重要な試合が控えている為、周囲であまり騒がないでほしいと、いつも通りのクールな発言をしていますね。今日も守りの要となり、攻めのスイッチとなるスルーパスやサイドチェンジのパス、そして後半になっても前線へ走り込むスタミナ、本当に安定した流石のプレーで魅了してくれました。既に浦和のレジェンドである阿部ですが、これからの活躍にまだまだ期待しています。プレーの質が本当に凄すぎです!

浦和の冷静さ、守りの意識が勝り、遠藤保仁の怖さが全く感じられなかった・・・

浦和はいつも以上に冷静なボール廻し、そして、競り負けないディフェンスに終始徹底していましたね。苦手意識のあるガンバ相手に、過去の事を全く感じさせない試合運びが出来ていたと思います。前節の広島戦とは真逆で、4-0の得点以上に浦和が圧倒していたと感じました。浦和へのひいき目ではありません。勢いだけの一過性の印象と言う見方ではなく、サッカー自体の質の高さ、レベルの違いを魅せつけてくれたと思います。大きな差と感じたのは、浦和の中盤におけるボールの奪い合い(争い)に、阿部、柏木、遠藤航、森脇、宇賀神、それぞれが、ボールを持ったガンバ選手へのプレスや囲みの対応が早く、かなりのプレッシャーを与えていたこと。ガンバの意図的ではない、多くのバックパスや横パスがあったこと、逆に前線へのスルーパス、フィードパスが殆どなかった点でも、その事が伺えます。それに関係し、遠藤保仁に決定的な仕事をさせずに途中交代に追い込めた事が大きいと感じました。90分間の中で必ず訪れる、試合の流れを変えられてしまう怖いプレーがなかった事、本人のコンディションが悪いのかもしれませんが、ガンバの大きな核であり、古い言い方ですが、司令塔である為、遠藤保仁が静かな状態の時は本当に有り難いと思ってしまいますね。

阿部の安定した凄さ、柏木のパスセンスと粘りある守り、途中交代からの青木の熱いプレーが浦和の中盤を支えている。

阿部の事は最初に記述していますが、柏木のプレーも躍動感があり良かったですね。パスセンスはこの時期に入り、より上がってきている感じがします。ボールを保持している時に、相手選手からのプレッシャーレベルにもよりますが、後ろに戻すパス?が徐々に減ってきている様に感じます。また、最近は日本代表レベルに意識を合わせているせいか、スピードのある縦パスが多くなっていますね。守りにおいても、体をぶつけながら競り負けない粘りをみせてくれますね。最後になりますが、途中交代で入る青木は地味で堅実なプレーヤーに映ってしまいがちですが、本当に強くて熱いプレーが目立ちますね。ここのところ毎試合思うのですが、90分間通じて見てみたい楽しみなプレーヤーの一人です。大宮時代に代表に呼ばれた実績は承知はしてますが、これから、更に化けそうな気配を感じるので・・・大いに期待し注目していきたいと思っています。

次は、来週の菓子杯(笑)2連戦となります!決勝の舞台、埼玉スタジアムに向けて大いに期待をしましょう!

それでは!

関連レポート 浦和レッズレポート『ガンバ大阪vs浦和レッズJ1リーグ1stステージ10』

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


follow us in feedly


コメントを残す