浦和レッズレポート『FC東京vs浦和レッズJ1リーグ2ndステージ12』

2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ12‎

2016年9月17日(土)19:04

味の素スタジアム

FC東京 1-3 浦和レッズ 

(東京)48分-森重 (浦和)77分-李忠成 85分-OWN GOAL 87分-興梠慎三

観客人数 33,493人

sponsored links


浦和レッズ関根貴大、FC東京中島翔哉の同世代対決に注目!

オリンピック後から好調を維持しているFC東京の中島翔哉がどの程度のプレーヤーなのか?浦和のデイフェンス陣をどのくらい脅(おびや)かすのか?味方によっては今浦和で最も好調の関根貴大との同世代対決においてどちらが決定的な場面を創りあげ、チームの勝利に貢献するのか?この2人に注目が集まりましたね。

さて試合の方ですが、FC東京、前半からかなり攻撃的に飛ばす展開に浦和が惑わされたのか?浦和は攻守においてやや落ち着きがなく、不安定な試合運びへとさせられました。注目のFC東京、中島翔哉ですが、バイタルエリア左サイドからのカットインやその後のシュートなど、得意なカタチなのでしょうか?体格からは感じられないパワフルなプレーで浦和の守りを翻弄し、なかなかの活躍ぶり。浦和DF陣が中島翔哉のプレースタイルにまだ慣れていないせいもあり、自由にボールを運ばれる場面がやや多かったと感じましたね。対する浦和の注目、関根貴大ですが、前半戦はFC東京の攻撃圧力により守りに徹する場面が多かったのですが、後半は前節の鳥栖戦以上のキレのあるセンタリングやサイドポジションから前線中央に突っ込む縦への走り、最後までバテ無いスタミナでサイドポジションとは思えないプレーで魅了しました。

結果的には1-3で浦和が見事な逆転勝利へ繋げましたが、FC東京の1得点は中島翔哉が獲得したPK、浦和の2得点は関根がチャンスメークをして絡んだ得点となり、注目の2人は予想以上の大活躍となりました。

浦和の勝利は攻撃的な交代、FC東京の敗因は守備的な交代!

やや支離滅裂な表現になりますが、『浦和の勝利は攻撃的な交代、FC東京の敗因は守備的な交代!』で勝敗が決まった様に思えますね。中島翔哉がベンチにさがり、浦和が李、興梠とFW陣を投入する中、それに対応する流れでFC東京はDF陣を投入。前半から続いていたFC東京の攻撃的なサッカーが消えた事で、完全に浦和レッズの攻撃ペースへと変わり、後はその流れをいつ頃モノにするのか?と冷静に観る事ができましたね。 

興梠慎三、2ヶ月振りの得点GET!!

ここ数試合精彩に欠けるプレーが続き、厳しいコンディションに陥っていた興梠慎三。メンタル面も心配されていましたが、ようやく2ヶ月振りに得点を決める事が出来ました。まだまだ完全復調とは言えませんが、とにかく今節を一つのキッカケとし、泥臭く、カタチに拘らずに多くのチャンスに絡んで欲しいと願います。綺麗なプレーは期待していません、これからも常に縦に向かう意識を持ってプレーして欲しいと思います。

それでは。

関連レポート 浦和レッズレポート『浦和レッズvsFC東京J1リーグ1stステージ13』

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


follow us in feedly

コメントを残す