ワールドカップアジア最終予選 タイvs日本

Road to Russia

日本代表、初戦と同様、多くのゴールチャンスを逃す

 

 タイ(アウェイ)に乗り込んだ日本代表、なんとか!?2-0の勝利。 初戦のUEA戦と同様、タイGKのファインセーブも含め、多くのゴールチャンスを逃してしまい、決して完勝とは言い難い試合でしたが、冷静に試合を振り返れば、終始日本のサッカーのレベルが上回っていた内容だったと思います。 中でも原口元気は、献身的な守備、ゴールを狙う気持、そしてスタミナに突出していましたね。 本田や香川と比較しても動きのスピードの違いは明らかでした。 今後のレギュラー定着に前進した気がしますが、いかがでしょうか?

 タイ代表は初戦アウェイのサウジアラビア戦よりも、攻撃的な意識を感じましたが、日本の攻撃圧力が強い時は、バイタルエリアからペナルティーエリアのスペース内で守備陣形をしっかりつくり、体を寄せる堅いマークに徹底。 この試合においては、タイ代表個人のプレーに驚かされる事はほとんど無かったのですが、(強いて言えばGKぐらいでしょうか・・・)チームプレーにおける規律は素晴らしく、この流れでサッカーの質が向上すれば、近い将来、かなり手強いチームに成長する可能性がありそうです。

日本代表、けが人続出、欧州組のコンディション不足

 

日本代表、なんとか勝利して勝点3を獲る事が出来ましたが、これ程ゴールチャンスを逃す要因は選手のコンディションが上がっていない事が一番の理由と思われます。 また、ケガ人が多かった事により、いつものメンバーでは無いコンビネーションで合宿練習した事、短期間での連動も重なり、やや感覚が鈍ってしまった事も考えれます。 

日本代表、ベテラン選手のミスが多い!?

やや気に掛かるのが、ベテラン選手達の集中力に欠けたミスが多かったこと。 コンディションが上がっていない一時的なことで済むのであればいいのですが・・・。

代表メンバーは誰が選ばれても、誰が出場しても、チームの理念やベースのカタチは変わってはいけないと思います。 ハリル監督、いつもの自信は何処にいったてしまったのでしょうか? やや焦せりの伴ったコメントが多くなっていることも気になります。 自分の気のせいでしょうか・・・。 何れにしても最もブレてはいけないのが監督だと思います。 

10月の2戦、11月の1戦では危なげない日本代表に期待します。

それでは。

 

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


コメントを残す