浦和レッズレポート『名古屋グランパスvs浦和レッズJ1リーグ2ndステージ8』

2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ8‎

2016年8月13日(土)18:04

豊田スタジアム

名古屋グランパス 0-2 浦和レッズ

44分-武藤雄樹 87分-ズラタンリュビヤンキッチ(浦和)

観客人数 29,508人



豊田スタジアム、30℃を超える暑い中にもかかわらず、約30,000人近くの観客を動員。

対戦する名古屋グランパスは、現時点において降格圏内にいる厳しいチーム状況ですが、決して侮る事なく、その上で、しっかり勝ち点3を取って浦和へ帰りたい相手となります。 

さて試合結果ですが、2-0で浦和の勝利!完勝と言ってもいいでしょう。

安定した守備からの連動した攻め、プレーの質や個のレベルは完全に名古屋を上回り、得点差以上に浦和の力を魅せる事が出来ました。

今節の浦和の守り、実に落ち着いていましたね。

スピードのある永井謙佑選手へのパスの出どころをほぼ抑えることに成功。 李、武藤、高木のフォアチェックが効いていた事で、名古屋のボール廻しを自由にさせず、柏木、関根、宇賀神は高い位置からのインターセプトも積極的に狙う動き。 90分通じて殆ど自由なスペースを与えず、DF陣も安定していましたね。 名古屋の決定機も1度?だけだった様な・・・。

浦和の得点シーンですが、柏木のギャップを突いたスルーパスと武藤のDFを躱した動きが狙い通りにハマってゴール! 1点目は合うんの呼吸?の流れで決まりましたね。 2点目は、前節の湘南戦のゴールとほぼ同様のカタチで、GK西川からのフィードからズラタンが身体能力を使ってのゴール。

名古屋に対しては、1stステージも完勝だったと思いますが、2ndステージも同様に落ち着いた試合運びで完封勝利に繋げる事が出来ましたね。

次節はホーム埼玉スタジアム、川崎フロンターレ戦です。 

巷では、首位攻防戦だとか年間順位争いだとか、様々と注目され盛り上がっていますが、浦和としては、最低勝点1でいいと言うぐらいの気持ちで、冷静な試合運びで戦ってほしいと思います。 何れにしても、たたでさえ熱くなる試合になりそうなので・・・(笑) 

ではでは。

関連レポート 浦和レッズレポート『浦和レッズvs名古屋グランパスJ1リーグ1stステージ9』

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


follow us in feedly

コメントを残す