浦和レッズレポート『浦和レッズvs湘南ベルマーレJ1リーグ2ndステージ7』

2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ7‎

2016年8月6日(土)18:34

埼玉スタジアム2002

浦和レッズ 4-1 湘南ベルマーレ

8分-関根貴大 42分-武藤雄樹 63分-槙野智章 90+2分-武藤雄樹 (浦和)

44分-大槻周平 (湘南)

観客人数 29,104人


※浦和レッズホームゲーム通算500試合 ※柏木陽介がJ1出場通算300試合

今節は、浦和レッズホームゲーム通算500試合や、柏木陽介のJ1出場通算300試合など、それぞれ節目となる試合となりました。

試合結果ですが、浦和レッズ 4-1 湘南ベルマーレで、得点結果だけを見れば浦和の完勝に映りますが、内容的には決して浦和の一方的展開では無かったと思われます。

浦和との試合では、後ろに意識を持ち引いたサッカーをしてくるチームが多い中、湘南は前に来るチームなので、本当に面白く良い試合が観られましたね。

気温、湿度も高く、非常に厳しいコンディションの中、湘南の縦方向への攻めとチェイシングでの守り、湘南得意の運動量に対して、浦和のボールコントロールやポゼッションで躱す攻撃、双方のチームカラーが注目のポイントとなりました。

予想はしていましたが、やはり湘南の運動量には凄いものを感じましたね。センター付近でボールを持てば、躊躇なく前へ走り込む意識、常にゴールを狙っている動きでした。浦和がハーフウェイラインより後ろ側でボールを廻している時は、激しいプレッシャーやフォアチェックで浦和のボールを本気で奪いに来ていましたが、このアグレッシブな戦い方が90分間持つのか?その興味もありましたが、ある意味、湘南サッカーの特徴を存分に感じる事が出来たと思います。

たらればですが、湘南側に2点目のチャンスがあった為、2-1や3-1の場面で得点が入っていたら、正直どうなっていたか?難しい試合になっていたかもしれませんが、結果的に湘南より大きく上回っていた要因は、ビルドアップからのパスの精度やラストパスの正確さ、ゴール前の狭いスペースを狙う動きなどが、この得点差に繋がったと考えられます。

湘南はラストの場面でのパスミスや前線選手の連動性の低さ、そしてシュート精度に欠けていました。浦和と比較すると、最後のプレークオリティーに差が出た試合だったと思います。

また、交代で入った青木や阿部の両ボランチのプレーが実に良かったと思います。後半に入り、湘南側の動きにやや疲れが見えてきた中、湘南側にボールが渡った際のプレスバックで攻撃を遅らせたり、玉ぎわの強さでボールを奪った後、その流れで前線の攻撃に参加するなど際立っていましたね。

浦和の得点に関しては、やはり1点目の関根の動きが印象に残りました。GK西川からの1本のフィードからの得点は、今後の浦和の攻めの一つとして、大きな武器に繋がったと思います。武藤も得意のファーストタッチからのゴールが決まってきましたね。調子が上がってきている様なので、この動きを維持してほしいと思います。

次節はアウェイ、名古屋戦です。

名古屋は勝利から遠ざかっている状態ですが、決して侮ってはいけない相手です。しっかりと戦って勝ち点3を持ち帰って欲しいと思います。

それでは。

スポンサーリンク


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


コメントを残す