浦和レッズレポート『アビスパ福岡vs浦和レッズJ1リーグ2ndステージ1』

2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ1‎

2016年7月2日(土)19:05

レベルファイブスタジアム 

アビスパ福岡 1-2 浦和レッズ

23分-ウェリントン (福岡) 43分-那須 大亮 64分-興梠 慎三 (浦和)

観客人数 18,509人

スポンサーリンク


いよいよ、2ndステージ開幕です。

正直、開幕!?と言われても盛り上がっているのは、メディアとJリーグの偉い方々だけ・・・

新規一転という、新たな気持ちと言うものは全く沸いてきませんね。

・・・今更ですが、2ステージ制のレギュレーション?

真面目にどうにかならないものでしょうか?

 

さて、今節のアウェイ・福岡戦!

蒸し暑く、ただでさえ体力が失われる環境の中、前半早々から槙野がレッドカードで退場!

一人少ないギリギリの状態で90分間粘り、なんとか逆転勝利を掴む事が出来ました!

興梠の逆転ゴール、

柏木からの早いスルーパスを受け、素早く体を反転させたシュートが決まった時は、

これまで感じた事の無いチームの力強さを観たような気がしました。

ゴール裏サポーターも酸欠状態の中、粘りのあるコールでバックアップしていましたね。

 

最後のロスタイム福岡CKシーンは本当にしびれました!

両チームの選手の疲労は相当なものだったと思いますが、観ている側も疲れましたね・・・。

 

前半22分槙野のレッドカード・・・

主審の判断(見方)なので、今更ジャッジに対してどうこう言いませんが、

早い時間帯に出た退場(PK)だった為、変に試合が荒れなければいいなと気にはなりました。

結果、福岡は1枚レッド  4枚イエロー、浦和は1枚レッド  2枚イエロー

両チーム合計、2枚レッド 6枚イエローの赤黄カードが出まくりの状況となりました。

 

しかし、このカードの多さとは反比例し、両チームは出せる力をぶつけ合い、

蒸し暑い厳しい環境の中、攻守に集中力の途切れる事のない、好ゲームで終えました。

 

今節のベストプレーは、那須のヘディングゴールです。(浦和目線ですいません・・・)

走りこむポジション、タイミング、高さ、そしてフィジカルの強さ、

やはり、那須のヘッドはJの中でも群を抜いていると思います。

今シーズンはバックアップに甘んじているので、オリンピック不在中の遠藤 航に代わり、

これからの暑い時期に大きな期待が持てますね!

 

福岡では、三門選手が新規加入した事により、攻守にメリハリが出てきた事、

また金森選手のキレのある動き、濱田選手の堅い守りを観る限り、

まだまだ上昇を目指せるチームだと感じました。

井原監督にはなんとか頑張ってもらいたいと思います。

 

最後になりますが、

ゴールライン・ テクノロジー (Goal Line Technology)/略称GLT)。

Jリーグは早々に導入するべきだと考えます。

毎シーズン、微妙な判定が数回あります。

主審・線審では判断つかない場面・・・スッキリとさせましょう。

ではでは。

関連レポート 浦和レッズレポート『浦和レッズvsアビスパ福岡J1リーグ1stステージ3』

スポンサーリンク


コメントを残す