浦和レッズレポート『ガンバ大阪vs浦和レッズJ1リーグ1stステージ10』

2016明治安田生命J1リーグ1stステージ10‎

2016年6月15日(水)19:04

市立吹田サッカースタジアム

ガンバ大阪 1-0 浦和レッズ

8分-宇佐美 貴史(ガンバ大阪)

観客人数 29,397人

sponsored links


厳しい5連戦中の2連戦目、ここ数シーズン勝てないガンバ大阪戦です!

市立吹田サッカースタジアム・・・

世界基準のデザイン設計と言われていますが、確かにその雰囲気はありますね。

ただ、なんとなくですが、風の通り抜けが悪い様な感じと、

サポーターのコールや音の反響が臨場感として伝わってこない感じがします・・・。

何れにしても、平日に約3万人近くの観客が入り、素晴らしい雰囲気となりましたね。

 

さて、試合のレポートになりますが、

・・・浦和としては、2戦連続の厳しい敗戦となりました。

前節の鹿島戦と同様、完敗の試合です・・・。

ガンバが強かったというより、浦和に勝てる力が不足していたと思います。

 

蒸し暑い中、ガンバは90分通じて、集中力と共に走り守っていました。

特に藤春選手に関しては、スタミナに凄いものがありました!

粘りのあるいい選手ですね。

今の浦和で、あれだけ粘れる選手は、遠藤航ぐらいなのですが、

今節ではかなり疲労感のある動きが目立ちました・・・。

 

浦和は前線にズラタン、石原、李の3人で挑みましたが、

ガンバDF陣のマンマークの様なチェックに抑えられてしまいましたね。

前節の鹿島DF陣は高さがありましたが、ガンバは高さがない分、

フィジカルの強さが際立っていました。

浦和はズラタン、石原の高さ勝負も狙いにあったかと思いますが、

ボランチ柏木、サイドの関根、駒井からは、

チャンスに繋がるボールは殆ど入りませんでしたね。

 

前半8分のガンバ宇佐美選手の得点ですが、

前節鹿島戦の金崎選手の得点シーンと同様、カタチではなく、

やられてしまう流れに関してはかなり似ていました。

浦和のモチベーションが下がってしまう、かなり厳しい得点となりましたね・・・。

 

また、今節のガンバも、戦略的に引いて守る陣形をとっていました。

今節に至るまでの試合で、鹿島、鳥栖、新潟、チームに違いはあっても、

今の浦和対策には、ほぼ同じデイフェンシブな戦略で挑んできますね。

 

ACL敗戦からの精神的、体力的な疲労が大きく影響している状況で、

選手のケア&マネージメントが出来ていない事が、プレーの質に現れています。

人の動きとパスの連携が噛合わない状況が、かなり多く観られる様になりました。

ミスから得点を与えてしまう、そして、得点がとれない・・・。

ここにきて最も厳しいチーム状態になっていると感じます。

 

今節は、後半からレギュラー陣の興梠、武藤を投入しましたが、

今の不調に至る要因と考えれる事は、やはり固定メンバーに偏り過ぎること。

今節も厳しい結果となってしまいましたが、

次節以降もバックアップメンバーの先発起用は貫いてほしいと思います。

 

次節は6月18日(土)、サンフレッチェ広島戦アウェイです!

前回もその前もレポートしていますが、1stステージ順位の云々ではなく、

2016年シーズンの目標達成に向け、

現状から抜け出せる様、浦和レッズの必死な勝負に期待したいと思います!

sponsored links


レッドピース!良く読まれている人気の投稿!