浦和レッズレポート『浦和レッズvsFCソウルACL2016ラウンド16第1戦』

2016年5月18日(水)19:30

埼玉スタジアム2002

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2016 ラウンド16 第1戦

浦和レッズ 1-0 FCソウル

21,182人

スポンサーリンク


いよいよACL2016 ラウンド16 第1戦!

埼玉スタジアム2002のホームゲーム、FCソウル戦になります。

FCソウルはACL常連チームの強豪です!

 

GSでは抜群の攻撃力(得点力)で難なく1位突破してきたイメージがありますね。

結果は・・・

1-0で浦和レッズの勝利!

宇賀神のラッキーなカタチ!?のゴールでしたが、

いつもの攻撃スタイルがあって生まれたゴールなので、素直に喜びましょう!

 

ACLの場では、意外なカタチで得点が入る事が多いですよね。

浦和は過去のACLにおいて、まさかの位置からミドルシュートを打たれ、

ゴールを決められた痛い記憶もありますから・・・。

 

試合全体では、本当に緊張感と集中力のある絞まったゲームでした。

互いにレベルが高いチーム同士なので、

得意な部分を消し合いながらの警戒感と共に、

せめぎ合い、ぶつかり合いに見ごたえありましたね。

代表監督ハリルさんも観ていましたが、・・・デュエルの感じられる試合でしたね!

 

FCソウルはチェ・ヨンス監督の指示の基、規律のあるいいチーム。

(あのジェフ市原時代の韓国代表FWチェ・ヨンスです・・懐かしいですね~笑)

またアドリアーノ選手ですが、

ACLのGSでは10得点している怖いFW。

スピード力はすごかったですね~。スペースを与えてしまうとかなり危険です。

体は小さいですが、ふり幅が短くて早い、そしてパンチ力のあるシュートを打ちますね。

懐かしい話✕2回目(笑)ですが、

エメルソンを彷彿させる様な俊敏な動きでした。

 

高萩選手ですが、ソウルのゲームメーカーとして役割をしっかりこなしていました。

以前は気性の荒いイメージがありましたが、程よく揉まれてきたのか!?

なかなかの良い選手になりました。

 

最後の40分過ぎぐらいからの浦和の守りには見ごたえありましたねー

ここ数シーズンではみられない光景でした・・・(笑)

前線からズラタンがいなくなり、何処にいるのかと思いきや・・・

ディフェンスラインに入ってる!?センターバック!?

いやいや・・・、

シム・ウヨン選手の高さ警戒のため、完全なマンマークしてました。

かなり競り勝ってましたら、今後も使えそうな感じがします。

 

引かされてしまって守るしかない・・・と言うより、

しっかりと引いて守るスタイルに変貌しましたね。

ペトロヴィッチ監督、こんなカタチも指揮出来るのですね・・・。

選手も混乱せずに守りきりました(笑)

観ている時はドキドキものでしたが、振り返れば面白いモノを見せてもらいましたね。

 

さあ、来週の水曜日はアウェイのソウルです。

冷静に、そして熱く、浦和のスタイルをみせて欲しいですね!

本当に楽しみです!

ではでは。

スポンサーリンク


コメントを残す