浦和レッズレポート『横浜Fマリノスvs浦和レッズJ1リーグ1stステージ6』

2016 明治安田生命J1リーグ1stステージ6‎

2016年4月10日(日)13:05

日産スタジアム

横浜Fマリノス 0-0 浦和レッズ

38,382人

スポンサーリンク


前節のACL広州戦から中4日のリーグ戦、横浜Fマリノス戦になります。

いつもの事ながら、日産スタジアム周辺の駐車場は混雑していましたねー。

9時頃にスタジアム周辺を車で走っていましたが、

天気も良く、13時からのキックオフなので、沿道のサポーターが多く観られました。

そういえば、第三京浜の料金は4月から値上げしていましたね。

まあ、今までかなり安かったのであまり気にはなりませんが・・・(笑)

 

今節の相手の横浜Fマリノスですが、

昨年、この日産スタジアムで4-0という一方的な試合で完敗し、

ここ数シーズンではかなり相性の悪いチームの一つです。

(自分的にはそう感じています・・・笑)

 

お互いにリーグ戦3連勝中と、好結果を出しているチーム同士の対戦なので、

やや選手同士がその事を意識しすぎていたのか?

思い切りの欠ける慎重すぎるプレーが目立ちましたね・・・。

試合後のスタッズを観れば浦和のシュート数やCKが多く、

かなり攻めていた様に感じられますが、

結果と同じく、内容的にも完全なドローゲームでしたね。

浦和の攻め方はいつものスタイルでしたが、柏木、関根の疲労感が感じられ、

前節に観られた、スピード感、キレのある動きはやや欠けていたと思われます。

広州戦からの体力回復、コンディション調整が難しかったのでしょうか・・・。

勿論、本人たちは必死に走って勝負していましたが・・・。

 

これからは気温も上昇し、試合間隔も短くなる為、バックアップメンバーの起用、

同ポジションでの選手入替え、改めて選手層の使い方が課題になると思います。

 

また、横浜のディフェンス陣、その堅守に完璧に止められましたね。

特にGK飯倉 大樹選手、 DF中澤 佑二選手の2人は最後の砦となり、

体をはった集中力の高いプレーでした。

 

ただ、浦和のディフェンス陣も危なげなく、

横浜に決定的な場面もつくらせず、また、危ない位置でのファールもせずに、

我慢強い守りをしていましたね。

・・・森脇、中途半端なファールはせずに、我慢してましたね(笑)

 

今回の試合は、

浦和得意の攻めるボールコントロールがやり切れなかった事、

選手の疲労感も感じられた事、

横浜の堅守を破れなかった事、

浦和のディフェンス陣が集中していた事、

リーグ戦前半の上位対決では妥当な結果だったと思います。

見方によっては、

負けない試合がやれたと評価したいと思います。

 

次節はホームゲーム、仙台戦です。

浦和は1週間のコンディション回復と調整が出来ます。

古巣仙台の武藤のゴールと、

勝ち点3に期待しましょう!!

コメントを残す