浦和レッズレポート『湘南ベルマーレvs浦和レッズJ1リーグ1stステージ4』

2016 明治安田生命J1リーグ1stステージ4‎

2016年3月20日(日)16:04

Shonan BMW スタジアム平塚

湘南ベルマーレ 0-2 浦和レッズ

スポンサーリンク


今日はアウェイ、湘南ベルマーレ戦です。

とにかく走る攻撃サッカーのベルマーレ。

浦和としては、ACLから中3日明けのゲームとなる為、連続出場のメンバーは疲労感との戦いになりますね。

この試合を終えると、ワールドカップ・アジア2次予選の日本代表戦がある為、

浦和としては、11日間リーグ戦及びACLの試合がありません。

試合内容ですが、危なげない勝利を収めました。

李と興梠の2得点。

特に興梠の決めた2点目の得点・・・本当に素晴らしかったですね~

ゴールの形はACL広州戦とは異なりますが、自ら柏木にパスを出し、回り込みながらスルーパスを受け

シュートコースも完璧なゴールでしたね。

リーグ戦前試合のアビスパ戦、ACLの広州戦と、3試合連続で素晴らしいカタチでゴールを決めています。

まだシーズン序盤なのですが、かなり体もキレている感じがします。

ペナルティーエリア内でのポジショニング、パスを受けるカタチ、シュートコースなど、

これぞストライカーの動きです!

誰かに影響されたのか? なにか覚醒していますね!(笑)

やや心配していたACLの疲労感はほとんど感じられず、

ディフェンス陣は、阿部、遠藤航を中心に安定していましたね。

関根は良く走りましたねー。

バーレーン遠征U-19代表メンバーに選ばれた事も高いモチベーションに繋がっているのでしょうか。

スピード力で相手をえぐる動き、素早いセンタリング、ドリブル勝負で抜く、

常に崩そうとする動きは、いつになく迫力がありました。

今日は浦和の動きが本当に良かったですね。

安心して観ていられました(笑)

次回は4月1日(金)ヴァンフォーレ甲府戦。翌週にACL広州戦がある為、やや変則的な日程になりますね。

楽しみに約10日間待ちましょう。

コメントを残す