浦和レッズレポート『浦和レッズvsアビスパ福岡J1リーグ1stステージ3』

2016 明治安田生命J1リーグ1stステージ3‎

2016年3月12日(土)14:04

埼玉スタジアム

浦和レッズ 2-0 アビスパ福岡

スポンサーリンク


浦和はJリーグホームゲーム埼玉スタジアムの2戦目、今季J1昇格組のアビスパ福岡戦になります。

井原監督、相変わらず体系はスマートでしたね。監督業になって貫禄が出てきました。

日本代表監督のハリル氏も浦和戦3戦続けて視察。選手を観に来てるのか?

代表戦のある埼玉スタジアムの芝コンディションを観に来てるのか?

どちらかでしょうね・・・(笑)

オリンピック代表監督の手倉森さんもいましたね。

試合内容ですが、今回は完勝と言っていいでしょう。

興梠の2得点。特に2点目は完璧でした!

腹でボールを納め、軽く足元へ落とし素早くコースを狙ったゴール。 典型的なストライカーのカタチでした。

前半は浦和の5トップ?

トップ&トップ下の興梠、李、武藤、サイドの梅崎、関根が前線に5人が幅広く並んだシーンでは、

前に抜け出そうとする動きと、長いボールが入りディフェンスラインを崩す様は、観ていて面白かったですね。

ピッチを広く使いながら、強い長めの縦パスやサイドからの崩しがそれぞれ効いていました。

後半はそのパスコースを切ろうと、福岡のプレッシャーが激しくなりましたが、

今度は短めパスと個の走力でポゼッションサッカーを展開。

前試合のジュビロ戦では感じられなかった、泥臭い動きや裏へ抜け出すスピード力が観られましたね。

福岡ウェリントン選手の個人技、体の強さによる危険な場面はややありましたが、

ディフェンス陣の守りが崩されるシーンはほとんど観られなかったと思います。

遠藤航の守備バランスはいいですね・・・意外と体も大きい。

体も強く走力もあるので、阿部が2枚縦に並んでいる感じで安心して観ていられます。

もっと試合をこなせば堅いセンターラインになりそうな・・・。

今の浦和の守りには高さが不足しているので、頭上のボールの対応がやや欠点ですね。

新外国人のイリッチは高さがあるので期待はしていますが、フィットしていないのでしょうか?

早く観てみたいですが・・・。

次回の水曜日はACL広州戦です。 メンバーは相変わらず豪華です。

引き分け以上で、恐れずに勝負してほしいですね!

楽しみに数日待ちましょう。

レッドピース!良く読まれている人気の投稿!


コメントを残す