浦和レッズレポート『浦項スティーラーズvs浦和レッズACL2016グループステージMD2』


2016年3月2日(水)19:30

浦項スティールヤード

AFC CHAMPIONS LEAGUE 2016 グループステージMD2  

浦項スティーラーズ 1-0 浦和レッズ

スポンサーリンク


ACLグループステージMD2

韓国アウェイの 浦項スティーラーズ戦です。

いやぁ~、浦和のスタメン及びベンチメンバーを確認した時は正直驚きました。

前試合のJリーグ柏レイソル戦から9人が入れ替わりました。

主力メンバーとされる武藤、李、柏木、関根、宇賀神はメンバーリストには入れず、阿部、興梠、遠藤航、森脇はベンチスタートで挑みました。

最終的には、阿部、遠藤航は試合にも出場しませんでした。

試合内容の詳細は省かせていただきますが、浦項スティーラーズは走巧守の揃った統率力の高い良いチームでした。 鹿島アントラーズの様なチームですね。 ユニフォームも似ていますが(笑)

・・・結果は残念ながら負けてしまいました。 惜敗です!

ただ、アウェイで1失点のみで終えた事、同グループ内のシドニーFCが広州に勝利した事で、まだ2戦目ではありますが、勝ち点&得失点差に差がなく、充分上位を狙える好位置に付けています。

今回はチームが前進した感じがしたのですが・・なんでしょうか? なんとなくですが、先を見据えた戦い方が感じられたのは、自分だけではないかと思いますが・・・。

去年までは基本スタメン固定。

ケガや警告累積、代表戦によるメンバー入れ替え以外ではスタメンをいじらなかった事を踏まえれば、今回の試合内容をみる限りベンチ及びバックアップメンバーを主体にしても戦える事が見えた事、かなりのプラスの材料に繋がったと感じます。

Jリーグ柏レイソル戦からもやや感じられましたが、今年は選手全員に活躍チャンスが生まれる様な気がします。

もちろん、勝利する事が後にも先にも一番なのですが、その時々の選手のコンディションや相手チームに勝つ為のメンバーで、どんな布陣で戦うのか? そしてバックアップメンバーは誰が入るのか? 誰を休ませるのか? 様々な見方で楽しみが増えました。

まだまだ序盤戦です!

次回のACL・浦項スティーラーズ戦は埼玉スタジアムになります。

今回の浦項スティールヤードスタジアムは7000人の観客数でしたが、その5倍を超える?ぐらいのサポーターで迎え、しっかりと借りを返したいですね。

今週の6日(日曜)は埼玉スタジアムの初戦、Jリーグのジュビロ戦です!

名波さんも気持を入れてくるでしょう!

楽しみに数日待ちましょう。。

コメントを残す